‘普通の焙煎’ カテゴリーのアーカイブ

エクアドル グレートマウンテンの焙煎をしました。

エクアドル グレートマウンテン | by 管理者
8月 05日 2012 年

今日は、この珈琲豆(エクアドル グレートマウンテン)を焼きました。

珈琲豆(エクアドル グレートマウンテン)

いつも使っているデジカメを修理に出しているので、娘にあげた古いデジカメを持ち出して撮影しております。

 

撮影してからこのブログをまとめているときに気が付いたのですが、カメラの日付と時間がメチャクチャでした。

女の子ってこういうことを気にしないのかな?

娘にカメラの日付と時間が違っているって言ったら、「日付や時間を入れて写真にしないから、それに日付や時間の変え方を知らないから」・・・って、聞けよ、そんなこと。

こういう大雑把な性格は嫁に似たんだって思いました。

 

珈琲焙煎機

 

レンズが暗いからなのか、ちょっと手振れが・・・

焙煎した珈琲豆

 

2ハゼが始まると同時に終了、焙煎時間は15分33秒でした。

ちなみにホット珈琲用です。

 

実はこれ、今日2回目の焙煎です。

1回目は火力が強過ぎて炭焼き珈琲みたいになってしまって、これはこれで飲めなくは無いけど、納得いかなかったので、やり直しました。

やはり1回目と2回目では、焙煎直後の珈琲豆の香りから違います。

 

ところで、焼いた珈琲豆をビンにつめて冷蔵庫で保管しているのですが、部屋の温度と湿度が高いので冷蔵庫から外に出した途端にビンが曇り始めます。

フタを開ければ当然ビンの内側も曇るので、この季節に冷蔵庫保管っていうのも難しいものがあります。

 

少量焼いて室内に保管、そして早く使い切る方が良いのかもしれないですね。

とはいえ、今日は暑かった。

コーヒー豆を新規購入、暑いけどブラジルをローストしました。

ブラジル | by 管理者
7月 25日 2012 年

このコーヒー豆を注文したときは、もっと涼しかったのですが、ここ数日はメチャクチャ暑い日が続いています。

それでも昨年のこの時期はエアコンをガンガンかけていたことを考えると、今年は扇風機で我慢できるので、幾分マシなのかな?・・・、単に老化して温度変化に鈍くなったなんて言わないでくださいね。

 

今日ローストしたコーヒー豆はブラジルサンマリノサンドライという銘柄です。

購入したコーヒー豆

 

 

以前購入したブラジルはテストのため価格最優先で購入したので、品質は?でしたが、それを反省してちょっとだけ高価なブラジルを購入しました。

ブラジルサンマリノサンドライ

 

いつものようにコーヒーロースト開始。

ロースター

 

 

何回かローストすると、(自分の腕が未熟なので)どうやっても駄目なものは駄目というコーヒー豆が有る反面、ブラジルは失敗が少ないと思います。

焦げた豆が少しあるのでロースト後にハンドピックして取り除きます。

ローストしたブラジルサンマリノサンドライ

 

 

近接撮影するとシワも良く伸びて、良い感じなのが分ります。

拡大撮影したブラジルサンマリノサンドライ

 

今回はホットコーヒー用に2ハゼが来たところでローストを終了しましたが、ブラジルを飲むと、飲みなれた「いつもコーヒーの味だ」ってホッとするような気がします。

暑いから駄洒落で「ホッ」となんて言っていませんよ。 \(^^;) バキ

 

 

今回の注文ついでにアイスコーヒーに向くコーヒー豆を聞いたので、参考にしてください。

いつもお世話になっております。
先日はご注文ありがとうございました。

アイスコーヒーに向くものとしまして、
以下の豆をおすすめさせていただきます。

・ブラジル アロマショコラ
・ブラジル アマレロブルボン
・パナマ ゴールデンビートル
・パプアニューギニア シグリ
・東ティモール
・マンデリン トバコ
・マンデリンSGレイクタワール
・タンザニア オルディアニ
・ケニア レッドマウンテン

よろしくお願い申し上げます。

ワールドビーンズショップ

 

タンザニアを200gアイス珈琲用に焙煎しました。

タンザニア・オルディアニ | by 管理者
6月 30日 2012 年

ようやく夏らしくなってきた感じですね。

2~3日前だったら、ホット珈琲の方が良いかな?なんて思っていましたが、さすがに今日みたいに暑いとアイス珈琲の方が良いです。

 

そこで、いつものようにタンザニアを200gほどアイス珈琲用にフルシティーでローストしました。

珈琲焙煎機

気温が高いと、ボンベのガス圧が高くなって火力が強くなるため、普段より注意してガス圧を調整しています。

※ ガス圧調整つまみが敏感なので微妙にを調整しています。

 

アイス珈琲用に深炒りにすると焙煎時間が長くなるので、温度が上がり過ぎないように注意しています。

そのため、2ハゼが起きるときは回転ドラム内の温度を218度~200度くらいに調整しています。

・・以前は225度くらいでしたが、このくらいに調整した方が良さそうです。

焙煎した珈琲豆

これがフルシティに焙煎した珈琲です。以前より、良い感じでに仕上がりました。

日々、これ修行ですね。

ブラジルをシティローストに焙煎しました。

ブラジル | by 管理者
6月 14日 2012 年

ほんの少しだけブラジルが残っていたので、久しぶりに焙煎しました。

アッ、これ昨日の話です。

実は焙煎した珈琲した後、Windows8のセットアップを始めて没頭してしまったため、この件をブログに書くのが今日になってしまいました。

 

最近は2回ともアイス珈琲用に深煎りで焙煎したので、今回はホットで飲むために浅めにシティローストにしました。

そのため、2ハゼが始まったところで止めております。

 

珈琲焙煎機

 

焙煎した珈琲豆

 

ところで今年は例年に比べると涼しいですよね。

この季節でありながら、アイス珈琲よりホット珈琲を恋しく思うことがまだまだあります。

 

 

珈琲焙煎機の販売再開について

ただいま、珈琲焙煎機の部品が欠品してしまい、販売再開は 7月初旬になりそうです。

販売を再開するときはホームページで報告しますので、どうぞよろしくお願い致します。

タンザニアをアイスコーヒー用にフレンチで焙煎しました。

タンザニア・オルディアニ | by 管理者
6月 05日 2012 年

前回お話したとおり、、「コパカバーナ農園」をアイスコーヒー用に焙煎して数日置いてから飲んでみましたが、苦味が強くて甘みが少なくて、やっぱりこの珈琲豆は私の口には合わないです。

まだ、生豆が1Kg以上残っているんだけど・・・

 

アイスコーヒーに向く珈琲豆を探して何気に「WORLD BEANS SHOP」を見たら、アイスコーヒーに向く珈琲豆の一覧が掲載されており、その中に手持ちのタンザニアがあったので早速書いてあるとおりフレンチで焙煎してみました。

アイスコーヒーに向く珈琲豆の一覧

 

 

こちらが焙煎したタンザニアですが、コパカバーナ農園と違って甘みがあって美味しかったです。

タンザニア

 

焙煎方法は基本的に「 ダンパーを実装した時のビデオ」のとおりですが、焙煎時間が長くなる傾向があるので、当初の火力を若干強め、2ハゼ以降の火力を若干弱めに調整しています。

1ハゼ開始が13分53秒(251度)、  2ハゼ開始が18分20秒(230度) 2ハゼ終了時の温度が218度  トータル23分でした。

アイスコーヒー用に珈琲豆を焙煎しました。

コパカバーナ農園 | by 管理者
5月 30日 2012 年

昨日は暑かったですね。

例年だとゴールデンウィークがこんな感じの暑さだったと思うので、1ヶ月くらい季節が遅れているような気がします。

 

ここまで暑くなってくると冷たいものが欲しくなるわけでして、昨日初めてアイスコーヒー用に珈琲豆を焼いてみました。

と言っても特別に珈琲用の生豆を用意しているわけではないので、手持ちの珈琲豆での焙煎です。

 

 

当サイトからリンクしている「豆工房」様では「ホット用の豆で深煎りの苦味とコクがあり、尚且つ酸味の少ない物は、アイスコーヒーにしても充分美味しく出来上がります。実際に、ホットで美味しいコーヒーは冷えても美味しいように、それと同じ事がいえると思います。」

との事なので、コクがあるかどうかは?(あまり無いような気が・・・)ですが、酸味が少なくて苦味が強い「コパカバーナ農園」を焼いてみました。

 

 

珈琲焙煎機

 

 

焙煎した珈琲豆

 

焙煎方法はいつもと一緒(ダンパーを実装した時のビデオ 参照)、焙煎度合いはフルシティです。

※ 2ハゼ開始から約2分経過するとハゼの勢いが弱くなってきたので、火を止めました。

 

すぐに試飲しましたが、苦味がしっかりしている割に香りが強くないのは焙煎直後だからでしょうか?

時間が経過すると香りが変化するはずなので、数日後の試飲でどのように変化するのか楽しみです。

 

アイス珈琲用に焼いたのは今回が初めてですが、火を止める瞬間がいつもと違ってシビアではないので、大きな失敗も無いだろうと思います。

今回の焙煎度合いは少し浅かった気がするので、次回はもっと深くしてみようと思います。

久しぶりのコーヒーロースト、タンザニアとグアテマラをローストしました。

グアテマラ, タンザニア・オルディアニ | by 管理者
4月 24日 2012 年

最近は、サイトの移行に伴ってパソコンネタが多いのですが、3月にガンガン焼いた珈琲焙煎豆が無くなってしまったため、おそらく3週間ぶりくらいに珈琲焙煎豆をローストしました。

ローストはホームページで紹介している以下方法で行いました。

http://www.trend-ai.com/coffee/howtousehp3.html#danparroastvideo

使用した珈琲焙煎豆はタンザニアとグアテマラをそれぞれ100gづつ、ちなみにどちらもハンドピックしていないです。

 

こちらはタンザニア

1ハゼが248度で14分29秒に開始し、2ハゼが233度で18分28秒に開始すると同時に終了

タンザニア

 

こちらはグアテマラ

1ハゼが239度で13分18秒に開始し、2ハゼが226度で19分に開始すると同時に終了

グアテマラ

グアテマラはいい感じですが、タンザニアはちょっと火力が強すぎたかも。

ローストにかかった時間も長かったかな!?

でも、私はタンザニアの方が味が好みです。

見た目と味は両立しないみたいですね。