‘製品の完成から販売’ カテゴリーのアーカイブ

珈琲焙煎機の部品加工~組み立て、販売再開に向けて。

製品の完成から販売 | by 管理者
1月 19日 2014 年

板金部品の入荷が1月22日予定なので、それまでに自分で出来る部品の加工を行っています。

これは珈琲焙煎機の回転ドラムを回すシャフトです。

珈琲焙煎機のシャフト

 

 

今回はシャフトの加工で価格の高いコバルトドリルの刃を2本もダメにしてしまいました。

普段はこんなことないのですが、「切れ味が悪い?」って思ったらいつの間にか刃が欠けていました。

本当はシャフトの加工を全て業者にお願いしたいところですが、この部品を全て業者に加工してもらうと価格が高くなり過ぎるため、少しでも価格を抑えるために自分で出来るところは自分で追加工しています。

昔、某メーカーで開発の仕事をしているときも価格が折り合わない時は、自社で追加工していましたが、考え方は一緒ですね。

刃物の損失代金を考慮しても自分で追加工した方が安いというのもなんだかな~と思いますが、設計~加工、組み立てまでやっていると、いろいろ苦労が有ります。

刃が欠けたドリル

 

 

そして珈琲焙煎機のスイッチ周りもこのとおり、今の内にやれるところをやっています。

スイッチ関連の部品

 

 

モーターやその他部品も少しづつに揃ってきています。

モーターとその他部品

 

 

あと手元に無いのは、珈琲焙煎機の板金部品だけ。

冒頭に書いた通り、1月22日に届く予定なので、1月25日前後には販売再開したいですね。

 

ただいま珈琲焙煎機のマニュアルを修正中です。

製品の完成から販売 | by 管理者
3月 31日 2013 年

ブログやホームページで最新の情報を見ていただいている方には不要かもしれませんが、1年ぶりにマニュアルを修正しています。

修正が完了したら、サーバーにアップロードします。

マニュアル

 

 

変更点は、昨年確立した「蒸らし焙煎」に関する記述。

今、思い起こせばこの焙煎方法を調査するために半年近く試行錯誤したのかな?

この焙煎方法と火力と温度管理の方法を確立出来たので、今の私の味覚のレベルであれば、ほとんど不満はありません。

それでも不満点を挙げるとしたら、気温でガスボンベのガス圧が変わり火力に影響することと、カセットコンロなので完璧な火力調整ができないこと。

これらの欠点は気温の低い冬はガスボンベを暖めてから焙煎したり、コンロのメモリ盤に数字を刻んだりして、完璧じゃないけど創意工夫で実用できるものになっております。

そして、おおよそ予想したとおりに珈琲が焙煎出来ますが、時々「こんなハズじゃないのに?」って仕上がるときがあって、これはこのような条件の違いが積み重なって、焙煎したときの珈琲の出来上がりをブレさせる原因になっているのだろうと思っています。

 

前回焙煎したときのお話ですが、「あれ、今回は1ハゼが長かったな、それなら少し長めに焙煎しようか。出来上がった珈琲豆の色はいつもと変わらないんだけど、飲んでみると、ちょっと酸味が強いな。」

このようなことも新しい発見だと思っているし、こんな複雑な味も良いんじゃない?なんて思ったりして、それが自家焙煎の楽しみなんだろうと思っています。

 

さて、今回マニュアルを書いていて、物事を正しく書いて伝えるってことは本当に難しいと思いました。

動画を見てもらえばすぐに理解できることを、文章にすると複雑な言い回しになってしまい、書いている自分の方が混乱してしまいます。

使用方法や注意点を正確に伝えることがマニュアルの目的なので、初めはシンプルな文章でも言葉を補っていくと複雑怪奇な文章になってしまい、動画見た方が分かり易いから読んでもらえないな?なんて思いながら、本当に伝えたい事はこのブログに書いてきたような珈琲を自家焙煎する面白さだったりします。

焙煎中

間もなくコーヒーロースターの販売を再開できます。ついでに少し大変だったけど熱電対も交換しました。

温度計やコンロや小道具, 製品の完成から販売 | by 管理者
3月 29日 2013 年

部品が揃ったのでコーヒーロースターを作成中です。

間もなく、販売を再開できます。

作成1

 

モーター関連のユニットです。

作成2

 

 

熱電対の交換

温度計の熱電対が傷んでいたので、交換しました。

下の写真は古い熱電対のコネクタの形状です。

古い熱電対のコネクタ

 

今回購入したK型熱電対ですが、コネクタの形状が違います。

購入した新品の熱電対

 

左のコネクタがこの温度計に付属する汎用コネクタのMS3203なので、このコネクタに熱電対を取り付け直します。

コネクタの形状が違う

 

この汎用コネクタの中に熱電対の線端を挟む小さな部品がありましたが、この部品は使い難いので取り除いてネジ止めして固定しました。

また、結び玉を作って簡単に抜けないようにしてあります。

取り付けた熱電対

 

コネクタを外すときにカバーだけが外れるので、インシュロックでコネクタを固定しました。(ちょっと不恰好)

結束バンドで固定

 

 

*** 2013年10月19日 追加 ここから ***

実はこんな大がかりな改造をしなくても熱電対を汎用コネクタのMS3203に取り付け出来ることが分かりました。

このMS3203には穴が開いており、黄色の端子をそのまま差し込むことが出来ます。

コーヒーロースターをご購入して頂いたお客様から指摘されて、初めて気が付きました。

そのまま取り付け可能なMS3203

 

もう少し深く考えていれば、こんな無駄な改造をする必要は無かったのですが・・・

ということで、より簡単な方法で熱電対の交換が出来ます。

是非、お試しください。

私は・・・、今更もとに戻すのが面倒なので、改造したままの状態で使います。

*** ここまで ***

 

 

取扱い説明書の改訂

今日、製品出荷の準備をしているときに、取扱い説明書を見ると、以前のロースト方法しか掲載していないのが気になりました。

現在ホームページやブログでは「蒸らしのロースト」を紹介していますが、取扱い説明書に掲載したロースト方法はそれ以前のものなので、火力も火力調整するタイミングも全然違います。

早急に取扱説明書を改訂しようと思います。

それまではホームページやブログでロースト方法を確認していただくようにお願いします。

 

*** 2013年3月31日 追加 ***

コーヒーロースターの販売を再開しました。部品が揃ったのでコーヒーロースターを作成中です。

間もなく、販売を再開できます。

作成1

 

モーター関連のユニットです。

作成2

 

 

熱電対の交換

温度計の熱電対が傷んでいたので、交換しました。

下の写真は古い熱電対のコネクタの形状です。

古い熱電対のコネクタ

 

今回購入したK型熱電対ですが、コネクタの形状が違います。

購入した新品の熱電対

 

左のコネクタがこの温度計に付属する汎用コネクタのMS3203なので、このコネクタに熱電対を取り付け直します。

コネクタの形状が違う

 

この汎用コネクタの中に熱電対の線端を挟む小さな部品がありましたが、この部品は使い難いので取り除いてネジ止めして固定しました。

また、結び玉を作って簡単に抜けないようにしてあります。

取り付けた熱電対

 

コネクタを外すときにカバーだけが外れるので、インシュロックでコネクタを固定しました。(ちょっと不恰好)

結束バンドで固定

 

 

*** 2013年10月19日 追加 ここから ***

実はこんな大がかりな改造をしなくても熱電対を汎用コネクタのMS3203に取り付け出来ることが分かりました。

このMS3203には穴が開いており、黄色の端子をそのまま差し込むことが出来ます。

コーヒーロースターをご購入して頂いたお客様から指摘されて、初めて気が付きました。

そのまま取り付け可能なMS3203

 

もう少し深く考えていれば、こんな無駄な改造をする必要は無かったのですが・・・

ということで、より簡単な方法で熱電対の交換が出来ます。

是非、お試しください。

私は・・・、今更もとに戻すのが面倒なので、改造したままの状態で使います。

*** ここまで ***

 

 

取扱い説明書の改訂

今日、製品出荷の準備をしているときに、取扱い説明書を見ると、以前のロースト方法しか掲載していないのが気になりました。

現在ホームページやブログでは「蒸らしのロースト」を紹介していますが、取扱い説明書に掲載したロースト方法はそれ以前のものなので、火力も火力調整するタイミングも全然違います。

早急に取扱説明書を改訂しようと思います。

それまではホームページやブログでロースト方法を確認していただくようにお願いします。

 

*** 2013年3月31日 追加 ***

コーヒーロースターの販売を再開しました。

珈琲焙煎機の販売再開のお知らせ

製品の完成から販売 | by 管理者
9月 10日 2012 年

一時的に欠品していた珈琲焙煎機ですが、9月12日に販売を再開いたします。

よろしくお願いいたします。

 

今回、加工してもらった板金部分に一部不良があったため、加工業者に連絡して良品を再送してもらっています。

届いた板金部

 

 

それでも再送中の不良品を除いて全ての部品が揃ったので、出来るところから組み立てています。

組み立て前の駆動系の部品

 

 

モーター、スイッチ周り

駆動系の部品

 

動作テストをして「注意ラベル」を貼り付けて・・・

梱包前の製品

 

 

ACアダプターと一緒に発送用の箱に梱包します。

発送用の箱に梱包

 

 

*** 2012/09/11 追加 ***

再送してもらった板金部品が今日届きました。

加工業者の迅速な対応に感謝してますが、不良品が届いた原因が運送中の事故とはいえ、すごい過剰包装でした。

ここまでやれば運送中の事故は無くなるでしょうが、ちょっとやり過ぎな気もします。

過剰包装

珈琲焙煎機の販売に纏わるうれしいお知らせ

製品の完成から販売 | by 管理者
7月 22日 2012 年

珈琲焙煎機を購入して頂いた方から、お礼のお手紙を頂くことがございます。

本当にありがたい事です。

今後も焙煎のノウハウ等の情報を発信していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

メール

-----------------------------

昨日、届きましたが、不在だったため本日、受け取りました。

素晴らしい出来に大満足です。

とりあえず屑豆を煎ってドラムを慣らし、

明日、ワクワクしながら焙煎したいと思います。

本当に有難う御座いました。

-----------------------------

※ ご本人に掲載の了解を頂いた上でお名前を伏せて掲載しました。

取扱い説明書の変換、PDFファイルの不思議

製品の完成から販売 | by 管理者
4月 13日 2012 年

販売に向けて梱包作業はほぼ完了し、珈琲焙煎機の取扱い説明書の見直しをしています。

焙煎機の取扱い説明書

 

取扱説明書はマイクロソフトのワードで作成しましたが、その容量は約15MBほどあり、このファイルをフリーのPDF変換ツールで変換すると37MBになってしまいました。

ファイルの容量が2倍以上の大きさになったので、こんなものなのか?なんて思っていましたが、今日出先のPCに偶然PDFに変換する製品が入っており、試しに変換してみたら、たった1MBになってしまいました。

おそらく有料のツールだろうと思いますが、フリーのものとは違うなと感心しました。

 

今日は自宅に戻ることができないので、明日お昼ごろまでに修正した取扱い説明書をアップします。

この大きさ程度なら、ZIPにしないでPDFのままファイルを置いても良いかもしれないですね。

コーヒーロースターがようやく完成しました。そして発売日について

製品の完成から販売 | by 管理者
4月 10日 2012 年

全ての部品が手に入ったので、ようやく組み立てを行いました。

組み立てたロースター

 

箱の中にコーヒーロースターを入れて、どうやって梱包するのか思案中です。

右上の白い箱はACアダプターです。

ロースターの梱包

 

長い間お待たせしましたが、4月14日(土) 午後8:00から販売します。

※ 同梱する取り扱い説明書は試作品の写真を使っていますがご了承ください。

コーヒーロースターの販売ページはこちらになります。

フレームが納品されました。

製品の完成から販売 | by 管理者
4月 03日 2012 年

ようやくフレーム(板金部品)が納品されたので、全てを新規部品で組み立てました。

※ スイッチ関連部品のみ取り付けていません。

※ ステンレス部品が青色をしているのは、保護用のビニールを剥がさないで、そのまま組み立てたからです。

新規部品で組み立てた焙煎機

 

これが回転ドラムを一番上に上げた「最上段」の状態

「最上段」の状態の焙煎機

※ 何故かフロントの支柱は保護用のビニールが付いていませんでした。

 

これが回転ドラムを一番下に下げた「最下段」の状態

「最下段」の状態の焙煎機

 

スイッチとモーターを試作品から移植して動かして見ましたが良い感じでした。

完成品の焙煎機

 

フレームの確認が終わったので、残りの部品を発注しましたが、せいぜい納期は一週間程度みたいです。

あと、もう少しです。

フレームの試作

製品の完成から販売 | by 管理者
3月 27日 2012 年

業者からフレームと支柱部品の試作が出来たとの連絡が入り、写真を送ってもらいました。

それが、これです。

フレームと支柱部品の試作品

 

製品ではフレームと支柱は任意の2穴を使って固定してもらうため、今回はフレームに開ける穴を増やしていますが、画像の黄色の穴が開いていなかったのでこの部分も開けてもらうようにお願いしました。

※ 色が青いのはステンレス板の保護用のビニールです。

回転ドラムとモーターが納品されました。

製品の完成から販売 | by 管理者
3月 24日 2012 年

少量だけですが、ようやく回転ドラムとモーターが納品されました。

2個だけ新聞紙を取除いて中身を確認!

納品された回転ドラム

 

こちらはモーターです。

納品されたモーター

 

少し時間が掛かっているのがフレームです。

足の高さの件でストップを掛けたのが原因ですが、それでも今月末までに製作すると加工業者が言っていたので、来週頭に確認してみようと思います。