‘グアテマラ’ カテゴリーのアーカイブ

エチオピアはハイロースト、ガテマラとコロンビアは シティ~フルシティでローストしました。

コロンビア ピコクリストバルSP, グアテマラ, エチオピア シダモ G-1 ハビーシャ | by 管理者
11月 10日 2015 年

今回ローストしたコーヒーは、エチオピア シダモ G-1 ハビーシャ 200g、グァテマラ スイート ナチュラル 100g、コロンビア ピコクリストバル SP 100gの3種類。
最近深煎りすることが多いので、エチオピアはハイロースト、ガテマラとコロンビアは シティ~フルシティとしました。
そのときの好みと思いつきで自由にロースト度合いを変えられるのは自家ローストの強みですね。

ロースト後にそれぞれ並べた写真がコレになります。
これらの写真はコンパクトデジカメで撮影しましたが、画像の色合いはカメラが自動補正するので、若干違っています。

エチオピア シダモ G-1 ハビーシャ

エチオピア

エチオピアは1ハゼが14分40秒 226度で始まり16分20秒で終了、その後18分20秒 224度でロースト終了です。
2ハゼを待たず、コーヒー豆の色づきの状態を見て終了判断しています。

グァテマラ スイート ナチュラル

ガテマラ

ガテマラは13分17秒に1ハゼが13分17秒 230度で始まり15分15秒で終了、2ハゼが17分40秒 224度で始まり、18分31秒ではかなり激しく音を立てています。
そして19分35秒 224度でロースト終了です。

コロンビア ピコクリストバル SP

コロンビア

コロンビアは13分06秒に1ハゼが14分20秒 231度で始まり16分12秒で終了、2ハゼが19分06秒 224度に始まりました。
そして21分19秒 222度でロースト終了です。

実はエチオピアをローストしているとき、前回より明らかに温度の上昇スピードが遅いことに気づきました。
そこで、夏の間取り外していたヒートパネルをコンロに取り付けています。
そのため、グァテマラ とコロンビアはヒートパネルを取り付けてからローストしています。

もう一つ、自作したロースターの蓋が小さかったときのちょっとしたノウハウをご紹介します。
ロースターが汚れているのは、見なかったことに!
爪楊枝を短く切ってロースターの蓋と回転ドラムの入り口の隙間に差し込めば、自作した蓋の径が多少小さくても外れることはありません。
他にアルミホイルを小さく折りたたんで隙間に差込しむ方法もありますが、爪楊枝を挟み込む方法が一番簡単です。
注意点は蓋を外したときに落ちた爪楊枝を足で踏まないことです。

蓋が小さいとき

今回は少し簡単に表抜きで概要を説明しましたが、いかがでしょうか?

コロンビアとグアテマラを混ぜて焙煎、ちょっと焼きムラ有り。

コロンビア ピコクリストバルSP, グアテマラ | by 管理者
11月 29日 2012 年

グアテマラとコロンビア・ピコクリストバルSPが少量ずつ余っていたので一緒に焼きました。

余っていた量はグアテマラが54g、コロンビア・ピコクリストバルSPが82g、合わせて136gです。

※ コロンビア・ピコクリストバルSPはこれで終了です。

 

 

コロンビア・ピコクリストバルSPとグアテマラの比較

下の写真は左がグアテマラで右がコロンビア・ピコクリストバルSP、グアテマラは豆の大きさが小さ目で不揃いなのに対してコロンビアは大きくて揃っているため、一緒に焼くと火の通り方が違って焼きムラが発生することはこの段階から想像できます。

そのため一緒に混ぜて焼くことを躊躇しましたが、勢いで焼いてしました。

コロンビアとグアテマラの生豆

 

 

焙煎方法はいつものとおり、蒸らしの焙煎

コロンビア・ピコクリストバルSPは、以前焼いたときの結果から19分かけて焼くと酸味が全く無く、17分かけて焼くと酸味が強かったので、今回はその中間の18分で終了するつもりで焙煎開始。

下の写真はコーヒー焙煎機にフードを付けて焼いているところです。

コーヒー焙煎機

 

2種類の豆を混ぜて焼いているので、予想どおり多少焼きムラが有りますが、こんなものでしょうか!?

焼いた珈琲豆

 

これをアップで撮影しました。

アップで撮影

 

コーヒーが焼き上がった直後に飲んでみると、味は狙いどおり、ほんのちょっと酸味が残る程度でした。

2~3日経過してから味や匂いがどのように変わるか楽しみです。

******** 2日後の感想 ここから ********

酸味は変わらず、苦味が少なくなって飲みやすくなった感じです。

匂いは2日前より強くなっています。

4割弱のグアテマラが入っていたので、どうなるかと思いましたが、悪くないです。

 

・ちょっとドジな話

いつも1階のキッチンで珈琲を作っていますが、珈琲ミルで挽くとあたり一面良い匂いがします。

それが、最近2階の廊下にも珈琲の良い匂いが充満していて、「コレは良いかも、凄い!」なんて思っていたのですが、暫く前から寒くなって24時間換気を止めたので、これが原因かもしれないって気が付きました。

でも何で、2階の廊下だけこんなに匂うの?ちょっと不思議。

2階の部屋で作業していて廊下に出ると、「至極の珈琲の良い香り」が漂っています。

逆にいうと、珈琲を焙煎するときのキツイ臭いは充満して欲しくないので、24時間換気を止めるのは諸刃の剣!

そのときは、窓でも開けて換気するかな。

*********** ここまで ***********

このやり方で何度も焼いていますが、味も匂いも良いのでお勧めです。

是非、トライしてください。

 
焼いた珈琲豆はグアテマラは54g、コロンビア・ピコクリストバルSPは82g、合わせて136gです。

室温が17.7度と低かったこと、そして珈琲豆の量が少し多いため、温度の上昇スピードが若干遅いようでした。

そのため、焙煎開始から7分後に火力を強くしました。

また、普段10分後に火力を強くするのですが、今回は温度の上昇スピードが遅かったため、11分後に強くしました。

焙煎終了は当初の予定どおり開始から18分後です。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 21 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 44
2分 67
3分 82
4分 97
5分 111
6分 125
7分 141 1.8 温度の上昇スピードが遅いので火力を1.8に上げた。
8分 137
9分 168
10分 181
11分 194 2.4 ここから焼きの工程
※ 普段10分後だが、11分後に火力を上げた。
12分 212
13分 225 225度で火力を1.5に下げた。13分58秒で1ハゼが来た。
14分 233 0.1 50% 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更。235度で火力0.1に変更したが、最高温度240度まで上昇した。
15分 233 15分40秒で1ハゼ終了
16分 207
17分 198
18分 201 18分で焙煎終了