‘エクアドル グレートマウンテン’ カテゴリーのアーカイブ

えらい目にあった。とりあえずコーヒー豆のロースト完了。

エクアドル グレートマウンテン | by 管理者
4月 30日 2016 年

散々な目に合ったスクーターの電球交換

タイトルだけ見たら、何のこっちゃ?ですが、今日は天気もいいしコーヒーをローストする前にスクーターの電球の交換をしようと思ってスクーターを弄り始めたの運のツキ。
15分くらいで終わるつもりが1時間以上掛かってしまい、コーヒー豆をローストできたのは午後5時を過ぎてから。
そのため夕食の支度が出来ないと嫁には怒られるし散々でした。

我が家のスクーターはスズキのレッツⅡ。

RIMG2548
 

ネットで下調べしてから買ってきた電球は小糸製作所のK5056というスクーター用のバルブですが、古い玉を取り外して両者を比較すると電球の形が違うだけでなく、取り付ける爪の形が違う。

RIMG2532
 

しかしネットで参考にしたブログにこのバルブを交換したと書いてあったので、何かの間違いだと思い直してパッケージを開封して取り付けてみると、電極ソケットが固定出来ない。
「あ~やっちゃった、どうしよう」。
そこで考えたのが古いバルブから固定する爪の部分だけを取り外して、新しいバルブに嵌め込んで無理やり取り付けるという荒っぽい作戦。
ペンチとプライヤーを駆使して古いバルブから無理やり取り外した爪の部分がこれ。

RIMG2541
 

その爪がついた部品をバルブに嵌めることが出来るように金ノコで余計な部分を切り落とします。

RIMG2542
 

次に新品のバルブに加工した爪を嵌めてみる。

RIMG2543
 

しかし微妙に大きくてバルブがスクーターのソケットに入らないので、ヤスリでソケットに干渉する部分を削って大きさを整える。

RIMG2545
 

これでスクーターのソケットにバルブを嵌め込むことが出来ました。

RIMG2547
 

ココまで要した時間は1時間時半くらい?
私はこのようなトラブルがあっても出来る限り何とかしますが、得意じゃない方は素直に買い直した方が楽です。

エクアドル グレートマウンテンのロースト

こんなトラブルがあったため、コーヒーのローストができたのは午後5時を回ってから。
しかもいくら良い天気とはいえ、肌寒い夕方になってからローストを始めたため、前回を教訓にして温めた手ぬぐいをボンベに掛けてロースト開始。

RIMG2550
 

10分後に回転ドラムの温度が192度まで上がったので温度の上昇スピードはほぼ予定通り。
手ぬぐいでボンベを温めた成果でしょうね。
下の写真は1ハゼが来てダンパーを開いた直後の様子です。

RIMG2552
 

今回は何処までローストするのか考えていなかったので、ここまでずーと惰性でローストしています。
やっぱりスクーターの電球交換がボディーブローのように効いてるみたい。
そのため何も考えないまま前回と同じフルシティーでのローストになってしまいました。
そして出来上がりはこれ。

RIMG2567
 

もう一つおまけにアップで撮影。

RIMG2562
 

今回も前回と同じ200gのコーヒー豆をローストしましたが、200gのコーヒー豆をローストすると種類によりますが、この程度のチャフが落ちます。
紙のように激しく燃えるものでは有りませんが、条件が整えば火事の原因になるため、水が近くにある台所でローストする等、十分に安全に注意してくださいね。

RIMG2556
 

今回のエクアドルグレートマウンテンのローストデータです。

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 2.2 0% エクアドルグレートマウンテン 200gを投入
1分 72
2分 86
3分 103
4分 119
5分 134
6分 146
7分 158
8分 170
9分 182
10分 192 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 204 3.0→1.7
12分 218 12分29秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
13分 231 40% 13分00秒 231度で1ハゼが来た。暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
14分 232 1ハゼ終了まで227狙いで温度調整実施。
15分 227 15分18秒で1ハゼ終了。
1ハゼが終了してから223度狙いで温度調整実施。
16分 226
17分 224
18分 224
19分 224 19分25秒に2ハゼが来た。
20分 223
21分 223 21分23秒で終了

バームクーヘン焼き機の作成とエクアドル グレートマウンテンのロースト

バームクーヘン, エクアドル グレートマウンテン | by 管理者
3月 30日 2016 年

エクアドルグレートマウンテンのロースト

最近、浅めにローストすることが多いですが、エクアドル グレートマウンテンの浅めのローストは好みではありません。
前回浅めにローストして失敗したので、今回はフルシティーまでローストしました。
ロースト時間は20分30秒、2ハゼが始まってから2分30秒で終了です。
そして、これが焼きあがった焙煎豆です。

RIMG2397

こちらはアップでもう一枚!
見てのとおり、シワが伸びてキレイに焼けており、満足な出来です。

RIMG2399

最近ホームページを掲載しているサーバをスペックに余裕があるサーバに変更しました。そのため今までは画像を掲載する時にどの画像にするのか迷っていましたが、この2枚の写真のようにそんなことを気にせずにどんどんと画像を掲載出来ます。

 

以下の表は本日ローストしたエクアドル グレートマウンテンのローストデータです。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 1.8 0% エクアドル グレートマウンテン 100gを投入
1分 63
2分 88
3分 109
4分 148
5分 148
6分 161
7分 170
8分 180
9分 193
10分 202 1.8→2.5 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 217 2.5→1.2 11分32秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
12分 229 40% 12分37秒 233度で1ハゼが来た。暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 233 1ハゼ終了まで227狙いで温度調整実施。
14分 229 14分8秒で1ハゼ終了。
1ハゼが終了してから223度狙いで温度調整実施。
15分 226
16分 223
17分 229
18分 226 18分00秒に2ハゼが来た。
19分 223
20分 223 20分30秒で終了

 
 

バームクーヘン焼き機の開発

こちらは前回の続きです。
前回テストしたときの課題の1つがバームクーヘンを焼き重ねて重くなると、バームクーヘンがシャフトから滑ってしまうことだったので、滑り止め機能のあるフランジナットを買ってきました。

RIMG2391
 

このナットで木のローラーを締め付けてシャフトと木のローラーを固定します。
しかし、結論から言うとバームクーヘンを焼いているときにフランジナットが緩んでしまいました。
締め付け時に指で締めただけなので、簡単に緩んでしまったようです。
次回は工具を使って、もっと固く締めて付けてみます。

RIMG2394
 

この画像は焼き始めたばかりのバームクーヘンですが、実際にお店で販売されているバームクーヘンの方が前回焼いたバームクーヘンより年輪がはっきりと見えているので、今回は濃く焼き色を付けています。

RIMG2411
 

両サイドの盛り上がりが気になるところですが、これで出来上がりです。

RIMG2419
 

荒熱を取ってから早速切り分けました。

RIMG2420
 

年輪がはっきりしており、よく目にするバームクーヘンです。
お味の方は・・・まだ食べていません。
前回と同じくケーキ用マーガリンを使っているため、風味は推して知るべしですが、明日の朝食のお楽しみです。

RIMG2421
 

今日はCDを聞きながらコーヒーを焼きました。

エクアドル グレートマウンテン | by 管理者
3月 13日 2016 年

前回コーヒーを焼いたときは、窓から差し込む日差しの強さがまるで春の陽気だったので、このまま暖かくなってしまうのか?なんて本気で思っていましたが、今日は朝から寒い一日でした。
そのため、ずっとエアコンを入れていたら嫁から怒られた。
自分は昼まで寝てたくせに・・・凸(・`ε・´o从ムキッ

さて、最近はクラシックのCDを買い集めており、このベートーベン6枚組とマーラー10枚組のCDボックスは約1週間前にアマゾンから届いたものです。

RIMG2351

というのは数十年前のCDやレコードの価格は1枚3000円位していたのですが、今回購入したCDの1枚あたりの価格は300円程度とかなりリーズナブル。
今までクラシックを真剣に聞いたことは無かったので、この年にして今更ながら視野が広がるかも?と考えて購入してみることにしました。
少し古い録音ですが、高音質で気持ちよく聞かしてくれます。

そこで今日はこのCDを聞きながらコーヒーを焼きました。
もちろん200度を越えたあたりからボリュームを絞ってハゼの音が聞こえるようにしています。

本日焼いたコーヒー豆はエクアドル・グレートマウンテンを100g。
最近は早めに切り上げており、丁度2ハゼが始まったタイミングで終了しましたが、もう少し長めに焼いた方が良かったな。
試飲してちょっと後悔。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 1.8 0% エクアドル グレート マウンテン 100gを投入
1分 69
2分 88
3分 106
4分 123
5分 141
6分 151
7分 164
8分 177
9分 189
10分 200 1.8→2.5 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 215 2.5→1.2 11分52秒 224度で1ハゼが来た。11分52秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
12分 231 40% 12分14秒で1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 227 1ハゼ終了まで225度~227狙いで温度調整実施。
14分 224
15分 224 15分20秒で終了

 

本日焼いたコーヒーです。

RIMG2349

こちらはアップで撮影。

RIMG2343
 

今回ローストしたコーヒー豆は変わり種、ガテマラ アンティグア ビーベリーです。※エクアドル グレートマウンテンのオマケ付き。

グアテマラ・アンティグア ピーベリー, エクアドル グレートマウンテン | by 管理者
1月 17日 2013 年

ガテマラ アンティグア ビーベリーをローストしました。

年末に購入した3種類のコーヒー豆でも異色の変わり種です。

ガテマラ アンティグア ビーベリー

 

左が普通のコーヒー豆(フラットビーン)、右がビーベリーです。

形も大きさも違います。

収穫量が少ないので値段が少し高め、そして意外なことに欠点豆が少ないのはラッキーでした。

ビーベリーと普通のコーヒー豆との比較

ビーベリーとは:

普通、ひとつのコーヒーの実の中にはコーヒー豆(正確にはコーヒーの種)が2つ入っています。
ところが、まれにコーヒー豆が1つしか入っていないものがあり、その豆のことをビーベリーと呼んでいます。ひとつの実に1つの豆が入っているため、ビーベリーは普通のコーヒー豆と違い丸みを帯びていてフットボールのような形をしています。そのため、丸豆(まるまめ)とも呼ばれています。
反対に、通常の豆はフラットビーンと呼ばれています。

 

ビーベリーの特性を良く知らずに購入したので(ローストじたい今回が初めて)、豆が小さいのだからいつも通りの火力だと焦げてしまうかな?なんて思いながらローストしましたが、結果は全然違っていました。

いつものようにローストすると、他の種類のコーヒー豆と同じように335度くらいで1ハゼが始まりますが、1ハゼが活発に(盛大に)ならない・・・いつまでもダラダラとパチパチと音がする感じ。

火力を上げればいつもと同じように活発になってくると思いますが、これ以上火力を上げると焦げるのが目に見えているので、このままダラダラといつものように・・・・・

 

下の写真がローストを完了したガテマラ アンティグア ビーベリーです。

このコーヒー豆は、こちらのページで紹介しているコーヒーロースターでローストしましした。

ロースト後のビーベリー

 

ビーベリーをローストしたのは今回が初めてなので、ロースト前とロースト後を無作為に10粒だけ取り分けて両者を比較してみました。

固いコーヒー豆(ローストしてからネットで調べて判明した)の割に良く膨らんでいます。

その割に1ハゼが活発じゃないのは、こういう特性の豆なんでしょうね。

ビーベリーのロースト前とロースト後

 

憶測ですが、ビーベリーはロースターを覆って(保温して)十分な熱量を与えてやらないと、上手にローストできないコーヒー豆だと思います。

というのは豆が固いので、火力が必要になるけどロースターを保温しないで火力を上げるとコーヒー豆の表面が焦げて、中まで十分に火が通らないから。

あくまで憶測です。

 

 

ガテマラ アンティグア ビーベリー 100g 2013年1月16日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 66
2分 91
3分 108
4分 123
5分 136
6分 147
7分 157
8分 168
9分 177
10分 189 2.4 ここから焼きの工程
11分 209
12分 225 225度で火力を2.4→1.2に下げた。
13分 230 1.2→0.1 50% 235度で火力を1.2→0.1に下げた。
13分40秒で1ハゼが来た。
14分 236 1ハゼがいつものように活発にならないので適当な頃合いでフタを外してダンパーを50%に変更
15分 225 1ハゼの終了時刻不明
16分 220
17分 211 17分30秒でロースト終了

 

試飲した結果、ビーベリーだから美味しいとか不味いとかそんなことはなく、普通のガテマラです。

ローストの難易度が上がる?のと、値段が若干高いので、普通にフラットビーンのガテマラを買った方が良かったかも。

 

 

第2部 エクアドル グレートマウンテンのロースト

もう全部使って無くなったと思っていたエクアドル グレートマウンテン・・・新たにコーヒー豆を買ったので”いつの間にか自分の中で終了フラグが立っていた”を思い出してローストしました。

量は中途半端に170gだけ。

これで本当にエクアドル グレートマウンテンは終了です。

 

このとおり焼きムラ無くきれいに焼けています。

温度も火力を同じようにしてローストしても、形や大きさが揃っていた方が焼きムラがあったりすることもあるので不思議です。

エクアドル グレートマウンテン

 

 

エクアドル グレートマウンテン 100g 2013年1月18日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 19 1.8 0% 豆は初めから投入
1分 34
2分 49
3分 67
4分 86
5分 113
6分 127
7分 139
8分 152
9分 162
10分 173
11分 183 2.5 ここから焼きの工程
12分 198
13分 210
14分 222 1.3→0.1 50% 225度で火力を2.5→1.3に下げた。
14分40秒で1ハゼが来た。
1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
火力を1.3→0.1に下げた。
15分 228
16分 218 16分37秒で1ハゼ終了
17分 208
18分 201
19分 199
20分 200 20分でロースト終了

※ 100gのときより、若干火力が高めです。

 

100gのときは235度前後で1ハゼが来るのですが、今回(170g)は226度で1ハゼが来ました。

そして量が多いだけあってかなり派手にハゼていましたが、100gのときと違って230度を一度も超えませんでした。

温度が若干低いのは、豆の量が増えて燃焼ガスの通りが悪くなったから!?

業務用のロースターと違って豆温度ではなく、燃焼ガスの温度を測っているので、このような結果になったのだと思います。