‘タンザニア・オルディアニ’ カテゴリーのアーカイブ

コーヒー豆200gの蒸らし焙煎です。火力と時間の数値を掲載したので参考にしてください。

タンザニア・オルディアニ, コパカバーナ農園 | by 管理者
5月 29日 2013 年

ウェブサイトの再構築に没頭している間、コーヒーをローストしている時間が取れなくて、ローストしてあったコーヒー豆が全く無くなってしまいました。

そのため普段は100gでローストしていますが、今日は大目にいつもの倍量の200gをコーヒーロースターでローストしました。

焼いたコーヒー豆はコパカバーナ農園とタンザニアの2種類です。

 

コーヒーロースター

 

 

今回焼いたコパカバーナ農園200g

コパカバーナ農園200g

 

 

今回焼いたタンザニア200g

タンザニア200g

 

ローストデータ

今回のコパカバーナ農園のローストデータです。

  • 100gの時は火力1.7でスタートしているので、今回は1.9でスタートしています。
  • 100gの時は開始から12分後に火力2.4にアップしますが、今回は14分後に2.5にしています。
  • 100gの時は225度で火力1.2に火力ダウンしていますが、今回は1.5にしています。
  • 19分~20分の間で最低温度210度を維持するように火力を微妙に調整しています。

 

コパカバーナ農園 200g 2013年5月29日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 28 1.9 0% 豆は初めから投入
1分 58
2分 80
3分 96
4分 111
5分 123
6分 133
7分 143
8分 153
9分 162
10分 172
11分 181
12分 189
13分 197
14分 204 1.9→2.5 14分ジャストに火力を2.5に上げた。
15分 219 2.5→1.5 15分35秒で225度になったため、火力を1.5に下げた。
16分 227 16分47秒 230度で1ハゼが来た。
17分 231 1.5→0.1 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更、この時点で最低火力に調整
18分 229 18分40秒で1ハゼ終了
19分 216
20分 212 20分20秒で終了(この時点で213度)

 

ダンザニアではコパカバーナ農園より若干火力をアップしています。

  • スタート火力をコパカバーナ農園より+0.1して2.0としています。
  • 225度からの火力コパカバーナ農園より+0.1して1.6としています。

 

タンザニア・オルディアニ 200g 2013年5月29日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 30 2.0 0% 豆は初めから投入
1分 65
2分 88
3分 106
4分 123
5分 133
6分 141
7分 152
8分 161
9分 171
10分 180
11分 190
12分 199
13分 207
14分 215 1.9→2.5
2.5→1.6
14分ジャストに火力を2.5に上げた。
14分45秒で225度になったため、火力を1.6に下げた。
15分 226
16分 228 16分10秒 232度で1ハゼが来た。
17分 234 1.6→0.1 50% 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
235度で火力を1.6→0.1に下げた。
18分 222 18分32秒で1ハゼ終了
19分 215
20分 212 20分00秒で終了

 

 

総評

コーヒー豆の種類が違うので、上記のロースト方法のどちらが良いのか比較するのは難しいですね。

いつもコーヒーをローストした時に注意しているのは、火力が強くて喉にひりつくようなエグミが有るかどうかですが、上のコーヒーのどちらの場合も無かったです。

出来上がりは100gのコーヒーをローストした時と変わらず、特に問題ないです。

200gの時は、上記の火力を基本にして好みに応じて調整してみて下さい。

タンザニア・オルディアニのコーヒーロースト、今日は暖かかったので温度が少し高めに推移!?

タンザニア・オルディアニ | by 管理者
5月 16日 2013 年

今日焼いたコーヒー豆はタンザニアです。

昨年の同じ時期も同じコーヒー豆であるタンザニアを焼いていたことを考えると、半分テスト目的で購入したとはいえ、3Kgは買い過ぎでした。

今日は、ロースト時の気温が24.5度、暖かいというよりは少し暑かったです。

 

開始直後のコーヒーロースターのロースト風景ですが、これはロースト開始から3分経過した頃の写真です。

ここで使用しているコーヒーロースターは、こちらで紹介しています。

コーヒーロースター

 

 

これはローストし終わったコーヒー豆を冷却した直後の写真です。

コーヒー豆の周りの白い覆いは冷却中にチャフを飛散させないための洗濯ネットです。

タンザニアは何度もローストしているので、慣れてしまいました。

見てのとおり、悪くない出来です。

冷却直後のコーヒー豆

 

 

ローストデータ

今回のローストデータです。

16分~17分の間で最低温度210度を維持するように火力を微妙に調整しています。

タンザニア・オルディアニ 100g 2013年5月16日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 28 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 66
2分 82
3分 112
4分 125
5分 138
6分 149
7分 160
8分 170
9分 181
10分 190
11分 201
12分 211 1.7→2.4
2.4→1.2
12分ジャストに火力を2.4に上げた
12分45秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
13分 225 13分54秒 233度で1ハゼが来た。
14分 235 1.2→0.1 50% 235度で火力を1.2→0.1に下げた。
1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
15分 229 15分33秒で1ハゼ終了
16分 218
17分 16分51秒で終了(この時点で212度)

 

今回は少し暖かかったので、温度が若干高めに推移したように感じましたが、出来に問題なかったです。

珈琲豆タンザニア・オルディアニの焙煎とパンケーキとのコラボレーション

タンザニア・オルディアニ | by 管理者
3月 25日 2013 年

今回の焙煎は、1ハゼがいつもより長めで2分47秒続きました(いつもは2分以下)。温度の上がる速度が少し遅かったので、全体的に火力が弱めだったかもしれないです。
試飲すると、いつもと比べて若干酸味が強かったのが気になりました。
少し暖かかったので「春だなー」なんて思いながらガスボンベを湯煎しなかったんだけど、それが原因でしょうか。

 

 

今回焼いたタンザニア・オルディアニで焼きムラやシワが多いのは、この豆の特性で折り込み済みです。

タンザニア

 

 

いつものようにコーヒー焙煎中の撮影。

温度計のMS8221Cとフードを珈琲焙煎機に装着しています。

 

珈琲焙煎機

 

 

タンザニア・オルディアニ 100g 2013年3月24日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 23 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 54
2分 77
3分 96
4分 112
5分 127
6分 141
7分 155
8分 167
9分 178
10分 189
11分 200
12分 211 1.7→2.4
2.4→1.2
12分ジャストに火力を2.4に上げた
12分15秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
13分 226
14分 232 1.2→0.1 50% 14分10秒で1ハゼが来た。1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
235度で火力を1.2→0.1に下げた。
15分 234
16分 223 16分57秒で1ハゼ終了
17分 208 17分44秒で焙煎終了

 

 

パンケーキとのコラボレーション

今日焼いたパンケーキと珈琲のコラボレーションです。

このパンケーキは卵白を泡立ててメレンゲから作った4段積みの手作りパンケーキ、名古屋名物の小倉トーストにヒントを得て小倉パンケーキにしてみました。

ケーキシロップをかけると甘すぎるかと思いましたが、そうでもなく、珈琲とのバランスも良かったです。

参考にしたレシピはこれ。

パンケーキとのコラボ

ちょっと気に入っている、焼きに入るタイミングを遅くした焙煎(確認編)

グアテマラ・アンティグア ピーベリー, タンザニア・オルディアニ | by 管理者
2月 01日 2013 年

前回に引き続き、2種類の珈琲豆で焼きに入るタイミングを遅く(10分→12分)して焼いてみました。

結果、明らかに苦み・刺激?が少なくなって、その分すっきりした感じ。

特に珈琲が冷めたときの後味が違っていました。

匂いが若干弱くなったような感じもしますが、強火力で焼いた時間が少なくなるので、ある意味当然かもしれないですね。

これを個性が弱くなったと言って良いかどうか?・・・前回はこのように書きましたが、何回か焼いてみて私は気に入っています。

ということで、暫くこの方法を続けてみようと思います。

※ 深炒り・コクの有る珈琲の好きな方には少し物足りないかも知れないですが、すっきりした珈琲の方が好きという方にはお勧めです。

ところで、私が思うに好き嫌いに関わらず、実際にやってみると良いと思います。

ほんの少しの変更だけど確実に味が変わるし、「こんな味があったのか?」って発見があって何より楽しい。

こんなところが自家焙煎の面白さですね。

***  2013/2/03 追加  ***

※ 電子レンジで温め直したときも、すっきりして嫌味が少ないのが分かりますね。

 

 

タンザニアとグァテマラ アンティグア ピーベリーの焙煎

下の写真はタンザニアを焼いているときに1ハゼが来てからダンパーやフタをオープンにしたところです。

ここで使用している焙煎機は、小型、家庭で使用できるパーソナルユースの珈琲焙煎機です。

珈琲の焙煎中

 

昨年から時々紹介する2年物の上手に焼けないタンザニアです。

何度も焼いたことのある珈琲豆がこれしかなかったので、比較のために焼いてみました。

タンザニア

 

こちらはグァテマラ アンティグア ピーベリー、今回で2回目の珈琲焙煎です。

蛍光灯の下で撮影したところ、ホワイトバランスを調整しても赤っぽく写ってしまいました。

グアテマラ アンティグア ピーベリー

 

今回は2種類の珈琲豆を並べて焼いたときの表を作成しました。

文頭に書いた通り、火力を強くしたタイミングは今までと違って焙煎開始から12分後です。

タンザニア 100g グァテマラ アンティグア ピーベリー 100g
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 20 1.7 0% 豆は初めから投入 17 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 50 60
2分 74 84
3分 95 105
4分 112 212
5分 131 136
6分 146 145
7分 161 156
8分 174 167
9分 185 178
10分 197 187
11分 207 197
12分 216 2.4
1.2
12分から焼きの工程に入るが、すぐに225度になって火力を1.2に下げることに。 207 2.4
1.2
12分から焼きの工程に入る。
12分50秒で225度になったので火力1.2に下げる。
13分 227 13分40秒で1ハゼが来た。 233 235度で火力を1.2→0.1に下げた。
13分55秒で1ハゼが来た。
14分 232 1.2→
0.1
50% 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更した。
火力を1.2→0.1に下げた。
224 1.2→
0.1
50% ピーベリーなので、1ハゼが単発のまま続き、連続しない。
そのため適当なタイミングでフタを外して、ダンパーを50%に変更
15分 218 15分35秒で1ハゼ終了 215 15分32秒で1ハゼ終了
16分 202 207
17分 196 17分30秒で焙煎終了 200 17分30秒で焙煎終了

コーヒーロースターに被せるフードの耐久性、今年最後のコーヒーロースト?

タンザニア・オルディアニ | by 管理者
12月 27日 2012 年

フードの耐久性

まもなく2012年も終わろうとしていますが、長いものでコーヒーロースターをこの世に送りだろうと動き出してから1年半が経過してしまいました。

このコーヒーロースターで美味しく珈琲をローストするためには保温するためのフードが必要になりますが、ご存知のとおりホームセンターで300円程度で販売している天ぷらガード(レンジパネル)で作っています。

理由は、お金をかけたくないからですが、薄いアルミの箔なので耐久性に難があることはご想像のとおり。

 

そこで、現在使用中のフードをいつ作った物なのか調べたら、今年の1月13日に作った物でした。

あれから約1年使っており、かなりくたびれていますが、決定的に壊れたところが無く、いまだ健在です。

特に傷みの酷いところは、回転ドラムの開口部分と軸の部分の穴です。

この穴が破れて使用に耐えられなくなったときが、フードの寿命なんでしょうね。

使い方によるでしょうが、1年は大丈夫ことが確認されました。

あと、どのくらい使えるのか分からないですが、まずまずの耐久性です。

開口部分

 

軸の部分

 

全体

 

 

今年最後?タンザニア  オルディアニのロースト

タンザニアに始まってタンザニアに終わったような1年でしたが、それほどきれいに焼けなくて悩んだ珈琲豆でした。

結局、ショップに問い合わせてこの珈琲豆の特徴が原因だった訳ですが、いまだ1kg以上残っています。

タンザニア 生豆

 

 

少し焼きムラがありますが、甘みが強くて味はなかなか美味しい珈琲豆です。

ローストしたタンザニア

 

今回もコーヒーロースターを準備している間に30度くらいのぬるいお湯にカセットボンベ漬けておき、予め温めてからローストを始めました。

理由は、温度が低いとガスが気化し難く、火力が弱くなるからです。

ボンベを暖める

 

 

タンザニア オルディアニ100g のローストデータです。

今回は、室温も低く器具を冷えていて、温度が上がり難かったため、100gの珈琲豆であれば10分後に火力を強くして焼きに入りますが、11分後に火力を強くしました。

結果は、上の写真をご覧下さい。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 19 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 29
2分 61
3分 83
4分 102
5分 118
6分 130
7分 145
8分 155
9分 165
10分 175
11分 186 2.4 ここから焼きの工程
※ 普段は10分で火力をアップするが、温度の上がりが悪かったので11分から火力アップした。
12分 206
13分 225 1.2 225度で火力を1.2に下げた。
14分 231 0.1 14分37秒で1ハゼが来た。
235度で火力0.1に変更した。
15分 236 50% 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
16分 218
17分 210
18分 200 18分でロースト終了

 

 

開口部を塞いで珈琲焙煎してみました。

タンザニア・オルディアニ | by 管理者
5月 01日 2012 年

今日は少し変わった焙煎をやってみました。

「蒸らし」という行為です。

ダンパーを閉めてしまえば「蒸らし」になると思うのですが、さらに開口部まで閉じたらどうなるのか?

この写真のようにキッチンペーパーで開口部を塞いでみました。

※ キッチンペーパーに穴を開けて温度計を差し込んでいます。

開口部を塞いで焙煎

ここまで隙間を塞いでしまうと、フード内に水蒸気が充満して逃げ場が無いため、いつもの火力では温度の上がり方が鈍い。

そこで、タンザニア100gの焙煎でしたが、200gの焙煎と同じ程度の火力まで強くすると、いつもと同じような温度上昇(10分で200度くらい)をするようになりました。

そして200度になったところで、開口部のキッチンペーパーを外して、火力をアップして焼きに入ります。(ダンパーは閉じたまま)

1ハゼが来たところで、火力をダウンしましたが、ダンパーを閉じたままだとなかなか温度が下がらなくて、結局ダンパーを開けました。

2ハゼが来たところで焙煎終了。

 

1ハゼ 236度:12分40秒 → 14分50秒

2ハゼ 222度:16分55秒

 

結果、焙煎の出来は普段と変わらず。あれれ・・・

こんなものかな~

面白い結果が出ると思ったのですが。

焙煎した珈琲豆

 

味はどうかな?

まだ飲んでいないので、ちょっと楽しみです。