‘ブラジル トミオ・フクダ ブルボン’ カテゴリーのアーカイブ

パプアニューギアニアとブラジルをブレンドしてコーヒーロースト

パプアニューギニア シグリAA, ブラジル トミオ・フクダ ブルボン | by 管理者
4月 26日 2014 年

2種類のコーヒー豆をブレンドしてロースト

中途半端に余っていたパプアニューギニア シグリAAとブラジル トミオ・フクダ ブルボンを混ぜてローストしました。
合計で183グラム
室温は下の温度計を見てのとおり21.5度と表示されていますがベストを着ていると暑い程だったので、隣の熱電対の温度計の方が正しい室温を表しているのでは!?

ロースト開始前の様子

これは出来上がった焙煎豆です。
今回は室温が高かったことやコーヒー豆の量が普段より多かったことから、1ハゼ後の温度が意外な程下がらなくて、「あれっ・・・不思議」なんて思っているうちに段々と色づいてきて、いつの間にか終了してしまいました。

パプアニューギニアとブラジルのブレンド

ピントが甘くて眠たい感じの写真ですが、近くに寄って撮影した写真も掲載します。
温度計の最低温度はいつもより10度近く高かったのですが、意外にもコーヒー豆は焦げてなくて不思議。
コンロの火力調整つまみを回して火力をしっかりり落としたにも関わらず、温度計の表示が高いままだったので、温度計の調子が悪かったのだろうか?
飲んでみても、へんなエグミとか喉にひり付く感じも無いので、失敗じゃないです。
コーヒー豆の色を見ても綺麗に焼けているし、おそらく温度計の表示がおかしかっただけだと思います。

アップで撮影

パプアニューギアニアとブラジルのブレンドとそれぞれ単独で飲んだときとの違いを比較すると、似たような個性のコーヒー豆なので、足して2で割ったような感じ。それぞれ単独のコーヒーと比較すると若干違いがあるものの想像したとおりです。
プロの評論家じゃないので、上手く表現できないですが、このような個性の似たものどうしのコーヒー豆をブレンドしてみると、大きく味が崩れることはないので失敗がなくて良いと思います。
今回は偶然余っていたパプアニューギアニアとブラジルをブレンドしてローストしてみましたが、創意工夫でいろいろなコーヒー豆をブレンドしてローストしてみると、今までと違った発見があって面白いと思います。このようなことも自家ローストの楽しさかな!?

今回は温度計の表示がおかしく!?何の参考にもならないので、ローストデータの公開は有りません。

おかしなデータでも参考になるかもしれないと思い直して、公開することにしました。
19分~21分まで火力を絞っているにも関わらず227度以下に下がらないので、温度計の調子がおかしかった!?

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 24 1.9 0% 豆は初めから投入
1分 60
2分 82
3分 100
4分 114
5分 125
6分 135
7分 143
8分 153
9分 161
10分 171
11分 180
12分 188
13分 195 13分42秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 202 1.9→2.7 14分ジャストに火力を2.7に上げた。
15分 218 2.7→1.5
16分 227
17分 231 50% 17分9秒 232度で1ハゼが来た。
17分42秒で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
18分 234
19分 227 19分20秒で1ハゼ終了
20分 227
21分 227 21分30秒で終了

今回のコーヒーローストはトミオ フクダ ブルボンとパプアニューギニア シグリAAの2種類

パプアニューギニア シグリAA, ブラジル トミオ・フクダ ブルボン | by 管理者
3月 10日 2014 年

最近ドタバタといろいろなことがあって、コーヒーをローストしたときのデータの公開が出来ていなかったのですが、今日ひと月ぶりに公開します。

 

こちらがトミオ フクダ ブルボン ロースト時間は19分ジャスト。

ブラジル トミオフクダ ブルボン

見ても判るとおり凄く綺麗に焼けています。

 

トミオ フクダ ブルボンをデジカメのクローズアップレンズを外して遠めに撮影したところ。

ブラジル 遠めに撮影

 

 

実はこのコーヒー豆のローストした日は下の写真の時計が示すとおり2日前の3月8日。

やることが山済みで纏める時間が無くてちょっと遅くなってしまいました。

ブラジルをロースト中

 

 

こちらは同日ローストしたパプアニューギニア シグリAA ロースト時間は18分50秒。

パプアニューギニア

 

 

ブラジル トミオ フクダ ブルボン 100g 2014年3月8日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 19 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 46
2分 77
3分 97
4分 110
5分 122
6分 135
7分 146
8分 158
9分 170
10分 180
11分 189
12分 198 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 213 2.4→1.2 13分42秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 228 40% 14分38秒 233度で1ハゼが来た。
15分 235 15分00秒 235度で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
16分 226 16分00秒で1ハゼ終了
17分 220
18分 217
19分 216 19分で終了

 
 
 

パプアニューギアニア シグリAA 100g 2014年3月8日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 21 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 54
2分 82
3分 99
4分 115
5分 132
6分 144
7分 157
8分 168
9分 178
10分 187
11分 196
12分 204 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 221 2.4→1.2 13分15秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 228 40% 14分31秒 231度で1ハゼが来た。
15分 233 15分38秒で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
16分 225 16分22秒で1ハゼ終了
17分 219
18分 217 18分50秒で終了

 

 

3月に入って少し暖かくなったと思った矢先に寒くなった日のローストだったので、部屋の中も気温も低く、ダンパーをいつもより閉め気味(50%→40%)にしてみました。

これで何か変わったの?って聞かれると、ブラジルしか飲んでいませんが19分もローストしたのにコクや苦味が普段より少なくスッキリし過ぎた?って感じですが、環境のブレの方が大きいと思うので、ダンパーの影響かどうかは何度か繰り返してテストしないと確実なことは言えないです。

自己満足の世界ですが、いろいろな焙煎方法を試して自分だけのオリジナルの味を探すのも楽しいですよ。

 

 

珈琲焙煎機の販売再開のお知らせとブラジルとキューバの焙煎

キューバ クリスタルマウンテン, ブラジル トミオ・フクダ ブルボン, 製品の完成から販売 | by 管理者
1月 23日 2014 年

足りなかった板金部品がようやく届いたので、珈琲焙煎機を組み立てました。

届いた板金部品

 

 

配送用のダンボールにACアダプターや取扱説明書と一緒に入れて出荷準備中です。

焙煎機を梱包

 

 

 

珈琲豆の焙煎

今日は午後からキューバ・クリスタルマウンテンとブラジルを焙煎しました。

キューバ・クリスタルマウンテンの焙煎度合は浅め、ブラジルは深めです。

 

キューバ・クリスタルマウンテン

以前、キューバを17分30秒で焙煎した時にすっきりした味で気に入ったので、今回も17分30秒です。

今年に入ってからどんな珈琲豆でも深めに焙煎していましたが、この豆は前回と一緒。

キューバ・クリスタルマウンテン(遠目で撮影)

キューバ・クリスタルマウンテン(遠目で撮影)

 

キューバ・クリスタルマウンテン(拡大撮影)

キューバ・クリスタルマウンテン(拡大撮影)

 

 

キューバ・クリスタルマウンテン 100g 2014年1月23日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 20 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 50
2分 78
3分 97
4分 114
5分 128
6分 141
7分 153
8分 165
9分 176
10分 185
11分 194
12分 202 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 220 2.4→1.2 13分20秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 229 50% 14分19秒で1ハゼが来た。
14分47秒 232度で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
15分 227
16分 217 16分20秒で1ハゼ終了
17分 218 17分30秒で終了

 

 

 

 

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン

こちらはブラジルですが、深めに焙煎しようと(予定では19分)思っていましたが、18分ごろからスプーンで珈琲豆を取り出して色を見ると意外に黒く色づいており、さらにブラジルは珈琲豆の真ん中の渋皮(薄皮?)が焦げやすいので、これ以上焙煎を続けると思った結果にならないと考えて18分30秒で終了。

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン(遠目で撮影)

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン(遠目で撮影)

 

 

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン(拡大撮影)

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン(拡大撮影)

 

 

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン 100g 2014年1月23日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 27 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 52
2分 78
3分 97
4分 113
5分 127
6分 140
7分 152
8分 164
9分 174
10分 183
11分 192
12分 201 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 217 2.4→1.2 13分25秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 229 50% 14分31秒で1ハゼが来た。
14分56秒で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
15分 232
16分 218 16分41秒で1ハゼ終了
17分 217
18分 217 18分30秒で終了

 

 

珈琲豆の色の比較

色の比較

左: ブラジル トミオ・フクダ ブルボン

右: キューバ・クリスタルマウンテン

 

今回焙煎した2種類の珈琲豆を一緒に並べて比較すると色の違いが良く分かりますね。

自分の好みに応じて焙煎度合を調整する楽しさが自家焙煎にはあります。

 

 

*** 2014年1月25日 追加 ***

珈琲豆の写真が実際の色より赤っぽかったので撮り直して入れ替えました。

ついつい面倒臭くてコンパクトデジカメ(RICOH CX4)で撮ってしまいましたが、デジタル一眼(Pextax K-01)でないと本当の色に近づかないかな~。

左がCX4、右がK-01

 

 

デジタル一眼で撮ってもホワイトバランスをマニュアルで設定して、さらに弄ってようやくこんな感じです。

同じ珈琲豆の写真を2枚並べると、わずかな色の違いがはっきりと出てくるので、写真の専門サイトに行って「ブツ撮り」のコツを聞いてみようと思います。

まだまだ修行が足りないです。

ここ1ヶ月に焙煎した4種類の珈琲豆の焙煎結果

エチオピア イリガチャフ G-1, パプアニューギニア シグリAA, ブラジル トミオ・フクダ ブルボン, マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール | by 管理者
12月 06日 2013 年

今日は「パプアニューギニア シグリAA」と「マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール」の2種類を焙煎しましたが、11月16日に「ブラジル トミオ・フクダ ブルボン」、11月28日に「エチオピア イリガチャフ G-1」を焙煎しているので、それも一緒に焙煎した時の結果を掲載しています。

電動珈琲焙煎機

 

 

焙煎した「パプアニューギニア シグリAA」と「マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール」を保存ビンに入れて撮影。

100円均一で買った保存ビンですが、カスタードクリームやジャムを保存するためにストックしてあるので割と沢山有ります。

「パプアニューギニア シグリAA」と「マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール」

 

 

焙煎する時はいつも経過時間と温度を記録していますが、マンデリン・スーパーグレード・プロアドミールの焙煎中に突然買ったばかりのシャープペンシルの芯が出てこないハプニングが発生。

しかもが発生した時刻は焙煎開始から14分経った後なので、調度1ハゼが来るタイミング。

慌てて代わりの筆記具を探したけど見つからず、仕方なく近くにあった油性マジックで記録再開。

そのため、マンデリン・スーパーグレード・プロアドミールの1ハゼの始まりと終わりの時刻が分かりませんでした。

・・・いつの間にか始まって、終わっていた。

メモ出来ないハプニング

 

そして珈琲の焙煎が終わってからシャープの芯が出ない原因を探ったら、買ってきたシャープペンシルが0.3mmの製品だったという笑えない話。

0.3mmのシャープに0.5mmの芯を入れたら、いくらノックしても芯は出ないよね。

これ余談だけど、夕方になってから0.3mmのシャープの芯をホームセンターで見たら、たった15本しか入ってないのにビックリする程高かった。

しかも0.3mmのシャープペンシルを2本も買ってしまったので、アマゾンでシャープペンシルの芯3個入りをポチりました。

 

 

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン 100g 2013年11月16日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 24 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 54
2分 80
3分 96
4分 112
5分 125
6分 139
7分 151
8分 164
9分 176
10分 186
11分 197
12分 206 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 222 2.4→1.2 13分10秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 230 50% 14分6秒で1ハゼが来た。
1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
15分 223 15分38秒で1ハゼ終了
16分 213
17分 214 17分30秒で終了

 

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン

 

 

 

エチオピア イリガチャフ G-1 100g 2013年11月28日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 21 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 53
2分 78
3分 96
4分 113
5分 127
6分 140
7分 152
8分 164
9分 174
10分 183
11分 192
12分 200 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 217 2.4→1.2 13分31秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 227
15分 231 50% 15分9秒で1ハゼが来た。
1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
16分 229
17分 221 17分17秒で1ハゼ終了
18分 215 18分で終了

 

エチオピア イリガチャフ G-1

 

 

 

マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール 100g 2013年12月6日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 23 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 53
2分 76
3分 94
4分 107
5分 121
6分 134
7分 146
8分 158
9分 171
10分 181
11分 191
12分 201 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 221 2.4→1.2 13分11秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 211
15分 233
16分 219
17分 211
18分 215 18分で23秒で終了

 

焙煎完了した珈琲豆を保存ビンに入れてから撮影。

マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール

 

 

 

パプアニューギニア シグリAA 100g 2013年12月6日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 39 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 58
2分 79
3分 98
4分 114
5分 127
6分 142
7分 154
8分 166
9分 177
10分 186
11分 196
12分 206 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 223 2.4→1.2 13分8秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 232 50% 14分8秒で1ハゼが来た。
1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
15分 223 15分56秒で1ハゼ終了
16分 214
17分 216 17分で30秒で終了

 

焙煎完了した珈琲豆を保存ビンに入れてから撮影。

パプアニューギニア シグリAAA

 

ブラジル トミオ・フクダ ブルボンを珈琲焙煎機でローストしました。

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン, 蒸らし焙煎 | by 管理者
10月 22日 2013 年

今日ローストした珈琲豆はブラジル トミオ・フクダ ブルボンです。

珈琲焙煎機の開発でテスト用に大量購入した豆がブラジル サントス 17/18でしたが、今回ローストしたブラジル トミオ・フクダ ブルボンと焙煎した時の色や味がかなり似ていました。

もっともテストで購入した珈琲豆の品質は価格だけで選んだので2~3割は欠点豆でしたが、今回の豆は価格が高いだけあって欠点豆が非常に少なかったです。

 

こちらが今回の珈琲豆、ブラジル トミオ・フクダ ブルボンをローストした小型、家庭用の珈琲焙煎機です。

珈琲焙煎機

 

 

ローストしたブラジル トミオ・フクダ ブルボンですが、出来上がった豆の色や艶も見ても綺麗に焼けているのが分かります。

火が強すぎると珈琲豆の真ん中の割れ目の部分にあるチャフが焦げますが、見てのとおりほとんど焦げていません。

焙煎したブラジル トミオ・フクダ ブルボン

 

 

こちらは今回の焙煎データです。

いつもより低めの228度で1ハゼが来ましたが、それ以降で1ハゼが活発になるのに少し時間がかかりました。

活発になるのを待っている間230度~235度と少し温度が高い状態だったことを考えると、もう少し早めにダンパーを開いた方が良かったかもしれません。

初めての珈琲豆なので、こんなものでしょうか?

 

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン 100g 2013年10月22日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 27 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 57
2分 78
3分 94
4分 108
5分 121
6分 134
7分 147
8分 158
9分 168
10分 179
11分 187
12分 196 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 211 2.4→1.2 13分47秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 227 50% 14分07秒 228度で1ハゼが来た。
15分 235 235度で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
16分 219 16分13秒で1ハゼ終了
17分 210 17分00秒で終了