‘ケニア・レッドマウンテン’ カテゴリーのアーカイブ

ケニアレッドマウンテンとマンデリン トバコG-1の焙煎

ケニア・レッドマウンテン, マンデリン・トバコ G-1 | by 管理者
2月 17日 2017 年

ケニアレッドマウンテンの焙煎

既に2月7日に焙煎した結果を本日更新しました。
写真の時計を見ても分かるとおり、夜10時になってからの焙煎です。


 

冬とはいえ昼間なら窓を開けて焙煎しますが、夜は冷えるので窓を開けて焙煎する訳にもいかず換気扇を回しても臭いが部屋の中に篭るので家族からは良い顔されません。
しかし手持ちの焙煎豆は全て無くなってしまったので、家族に怒られることを承知で仕方なくこの時間に焙煎です。

今回も1ハゼが始まって、激しくなったころに終了しています。
最近は特に意識しない限り、この程度の焙煎度合いで終了することが多いです。

クローズアップレンズを付けてアップで撮影しましたが、若干油が浮いているのは10日後に撮影したからです。


 

こちらはいつもの焙煎データです。
おおよそ思ったとおりに焙煎できました。
焙煎に失敗したときの方が、「温度が・・・時間が・・・」と失敗した原因を書くことが多いのですが、上手く出来ると書くことが少なくて・・・。
でも、良いことなんですよね。

評論家が評価するような歯が浮くような言い回しは出来ませんが、珈琲にしたときの香り・味ともに満足なものになりました。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 19 2.2 0% ケニアレッドマウンテン 200gを投入
1分 61
2分 85
3分 114
4分 130
5分 146
6分 158
7分 173
8分 187
9分 200 2.2→3.0 9分ジャストに火力を3.0に上げた。
10分 214 3.0→1.7 10分42秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
11分 230 40% 11分19秒 232度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
12分 224
13分 228 13分11秒で1ハゼ終了。
14分 227
15分 226 15分38秒で2ハゼが来た。
16分 228 16分22秒で終了

 

マンデリン トバコ G1の焙煎

マンデリン トバコ G1をクローズアップレンズを付けて撮影しましたが、若干油が浮いているのは10日後に撮影したからです。
こちらもおおよそ思ったとおりに焙煎できました。

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 27 2.2 0% マンデリン トバコ G1 200gを投入
1分 59
2分 90
3分 106
4分 122
5分 138
6分 151
7分 163
8分 177
9分 189
10分 200 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 213 3.0→1.7 40% 11分48秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 227 12分36秒 232度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
13分 232
14分 229 14分12秒で1ハゼ終了。
15分 226
16分 226 16分48秒で2ハゼが来た。
17分 228
18分 226 18分49秒で終了

 

 

ケニア・レッドマウンテンとコロンビア・ハニーの焙煎

ケニア・レッドマウンテン, コロンビア・ハニー | by 管理者
1月 05日 2017 年

あけまして、おめでとうございます。
お正月の間に手持ちの珈琲豆が終わってしまったので、ケニア・レッドマウンテンとコロンビア・ハニーを早速焙煎しました。
これが今年最初の珈琲焙煎になりますが、浅すぎず・深すぎず、2ハゼが活発になったところで終了するつもりで焙煎を始めたところ、結局始終トラブル無く思ったとおりの焙煎が出来、幸先の良いスタートになりました。

ケニア・レッドマウンテンの焙煎

ケニア・レッドマウンテンを200g焙煎しました。
以前は焙煎の開始から10分 200度を目安に火力調整した後で火力アップしていましたが、現在は9分 200度を目安としており、今回は9分 188度と温度が10度程度低かったものの、時間通り9分後に火力をアップしています。
また、1ハゼ発生温度が228度と数度低めでしたが、それが原因なのか単発の1ハゼが少し長めに続きました。
1ハゼ終了後から227度維持で火力調整したところ、約2分後に2ハゼが発生し2ハゼが活発になったところで焙煎を終了しました。

開始直後の様子


 

遠めに撮影


 

アップで撮影

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 2.2 0% ケニアレッドマウンテン 200gを投入
1分 57
2分 84
3分 105
4分 122
5分 137
6分 151
7分 163
8分 175
9分 188 2.2→3.0 9分ジャストに火力を3.0に上げた。
10分 201 3.0→1.7 10分51秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
11分 214
12分 227 40% 12分3秒 228度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
13分 227 13分35秒で1ハゼ終了。
14分 227
15分 227 15分48秒で2ハゼが来た。
16分 227 2ハゼが激しくなった16分36秒で終了

 

コロンビア・ハニーの焙煎

コロンビア・ハニーを200g焙煎しました。
こちらも前回と同様に開始から9分後に火力をアップしています。
1ハゼ発生温度が234度とほぼ規定の温度で発生。
1ハゼ終了後から227度維持で火力調整したところ、約2分後に2ハゼが発生し2ハゼが活発になったところで焙煎を終了しました。
振り返ってみれば、ケニア・レッドマウンテンとコロンビア・ハニーの両方とも似たような焙煎状況になりました。

遠めに撮影


 

アップで撮影


 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 29 2.2 0% コロンビア・ハニー 200gを投入
1分 64
2分 90
3分 109
4分 125
5分 139
6分 151
7分 163
8分 172
9分 184 2.2→3.0 9分ジャストに火力を3.0に上げた。
10分 197 3.0→1.7 10分56秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
11分 212
12分 227
13分 234 40% 13分1秒 234度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
14分 227 14分56秒で1ハゼ終了。
15分 227
16分 227
17分 226 17分23秒で2ハゼが来た。
18分 227 2ハゼが激しくなった18分13秒で終了

 

ケニア レッドマウンテンの焙煎

ケニア・レッドマウンテン | by 管理者
11月 09日 2016 年

ケニア レッドマウンテンの焙煎

前回、火力が強すぎて失敗しちゃった?
ハニーがビターになってしまいましたが、今日は気を取り直してケニア レッドマウンテンを100g焙煎しました。
ここ暫く深煎りすることが多かったので、今回は2ハゼ前に焙煎を止めた中煎り、少し酸味のある珈琲にしてみました。
結果から言うと、「久しぶり。この味・この匂い。」というのが第一印象ですが、若干青臭い?
冷蔵庫にあったプリンと一緒に写真を撮ってみました。

rimg1772
 

そのときの気分で焙煎度合いを調整出来ることが、自家焙煎のメリットであると同時に個性がシビアに出てくる難しさがあります。
もう少し時間を長くした方が良かったかな!?とか、火力を下げた方が良かったかな?とか。
同じ焙煎は絶対に出来ないので、いつも一発勝負。
前回失敗しているので、なんかホットしました。

焙煎データ

焙煎を開始する前に濡れたティッシュで回転ドラムとベアリングを清掃します。
スイッチを入れてから数秒で清掃が終わるので、ベアリング仕様にしてから全然楽になりました。

rimg1766
 

こちらが焙煎を開始した直後の様子。
時計に表示された温度を見ても分かるように涼しくなりました。
前回、ヒートパネルを付けたときにちょっと早かったか?と思いましたが、問題なしです。

rimg1768

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 23 1.8 0% ケニア レッドマウンテン 100gを投入
1分 77
2分 92
3分 114
4分 129
5分 144
6分 157
7分 170
8分 182
9分 192 1.8→2.5 9分ジャストに火力を2.5に上げた。
10分 210
11分 222 2.5→1.2 11分6秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
11分25秒で1ハゼが来た。
12分 228 40%
13分 228 13分12秒で1ハゼ終了。
14分 228 14分36秒で終了

 

余ったケニアレッドマウンテンとマンデリンを続けてコーヒーロースト。

ケニア・レッドマウンテン, マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール | by 管理者
5月 11日 2014 年

タイトルを見たら「なんのこっちゃ」という感じですが、中途半端に余っているコーヒー(生)豆を続けてローストしました。

手持ちのケニアレッドマウンテンが残り194g、マンデリンが残り300g程度ありましたが、さすがに一度に全部ローストしたら飲みきれないので、ケニアレッドマウンテンを全て、マンデリンは半分だけです。
全ての焙煎豆の量を考えると4月25日にローストした豆が冷蔵庫の中に100g程度残っており、これもいれるとかなりの量。いくらコーヒー好きでも一人で飲むには多すぎる!?

家族が飲んでくれれば嬉しいですが、嫁も娘もコーヒーは苦いから嫌いって・・・子供か!?
高校生になった娘は摂取カロリーや体重を気にしているので、コーヒーが痩身や美容に効果があれば飲んでくれるかも?

さて、普段は続けて2種類のコーヒー豆をローストすることはありませんが、それでも止む無く2種類のコーヒー豆を続けてローストするときは、2回目のローストを始める前に十分に回転ドラムを冷ましてからやっていました。
これはコーヒーをローストすること以外にローストデータを取ることも目的の一つなので、スタート時点の温度が違うと前回や前々回とのコーヒーの出来の違いを直接比較し難い。
そのため「焙煎時間という物差しを普遍にするため、少なくともスタート時の温度は一定にしないと。」と考えて2種類のコーヒー豆を続けてローストすることは有りませんでした。
しかしこのブログを書き始めてから3年経過し、今の形態のロースターでのデータ収集も2年以上行っており、データ収集は十分だろうと考えて今回は回転ドラムが冷めるのを待たずに続けてローストしました。
そのため2回目のローストは52度からスタートしています。
なんだそんなことか?と思うかもしれないですが、私にしてみれば今まで頑なに守ってきたルールなので大きな違いなんです。

ケニアレッドマウンテンのロースト

前回は、1ハゼ後の温度が落ちなくて高めに推移してしまったので、今回はそこを意識して火力を落としたところ、温度もストンと落ちました。そして最低温度を218度でキープ。

ケニアレッドマウンテン

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 26 1.9 0% 豆は初めから投入
1分 57
2分 81
3分 102
4分 114
5分 126
6分 137
7分 147
8分 156
9分 166
10分 174
11分 183
12分 191
13分 198
14分 205 1.9→2.5 14分ジャストに火力を2.5に上げた。
15分 219 2.7→1.5 15分20秒で225度になったため、火力を1.5に下げた。
16分 228
17分 233 40% 17分ジャスト 233度で1ハゼが来た。
17分30秒で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
18分 226 18分32秒で1ハゼ終了
19分 217
20分 218
21分 217 21分で終了

 

 

マンデリンのロースト

ケニアレッドマウンテンのより緩やかに1ハゼ後からの温度を落としています。
おそらくこちらの温度の落ち方の方が理想的かな?
というのは、急激に温度を下げてしまうと1ハゼが続かないので、ある程度の温度をキープした上で温度を落とすことだと考えています。

マンデリン

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 52 1.8 0% 豆は初めから投入
1分 59
2分 87
3分 102
4分 114
5分 124
6分 135
7分 146
8分 154
9分 164
10分 172
11分 180
12分 190
13分 198 1.8→2.3 13分ジャストに火力を2.3に上げた。
14分 217
15分 225 2.3→1.5 15分32秒で225度になったため、火力を1.5に下げた。
16分 230 40% 16分11秒 232度で1ハゼが来た。
1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
17分 235
18分 227 18分で1ハゼ終了
19分 220
20分 218
21分 218 21分30秒で終了

 

半年前に購入したコーヒー豆が未だに終わらないので、自分でローストすると高級なコーヒー豆を使っても本当に安上がりです。
そして何度もローストすると大きな失敗は無くなりますが、いつもコーヒーの出来が同じになるわけではなく、毎回微妙に違っています。
これは完全な火力コントロールができるわけではないので、そのブレが原因の一つだと思いますが、その違いが新鮮でローストするごとに面白い発見になっています。

ケニア・レッドマウンテンの自家焙煎、今回も普段より深煎りです。

ケニア・レッドマウンテン | by 管理者
1月 15日 2014 年

今回のコーヒー豆はケニア・レッドマウンテンですが、今年に入ってから深めのロースト度合いにハマっています。

一昔前ならマイブーム、今では死語ですかね?

 

普段は17分程度でローストを終わらせていますが、今回は2分長めに19分30秒行いました。

出来上がった焙煎豆の色は下の写真のようにキレイなチョコレート色です。

ケニアレッドマウンテン

 

 

今回のローストは下の写真の時計に表示されている温度計を見ても分かる通り、14.5度の寒い室内で行ないました。

そのため使用したガスボンベがかなり冷えており、点火直後の火力が弱くて温度の上昇スピードが普段より遅かったです。

コーヒーロースター

 

 

簡単にガスボンベの特性についてお話すると、ガスボンベが冷えている時は液化しているガスが気化し難いので火力が弱いだけではなく、ガスが気化する時に気化熱を奪うため、さらにガスボンベが冷えて火力が弱くなります。

つまり悪循環。

そのため最近のカセットコンロは炎の熱を金属板を使ってガスボンベに伝導させてガスボンベを温める機能を持っており、点火してから時間が経過するに従ってカセットボンベが温められて火力が強くなっていきます。

これが原因でローストを開始してからしばらくの間は火力が弱くて温度の上昇スピードが遅かったです。

そんなこと判っているなら、「火力調整つまみで調整すれば!」という意見もありますが、私はコーヒー豆の色を見てロースト時間で調整しています。

 

 

次にドリップ中の写真。

私はいつも20gだけ秤で分量してからハンドドリップしています。

20gドリップ中

 

 

そしてケニア・レッドマウンテンコーヒーの出来上がり。

コーヒーの出来上がり

実は昨日、ロースト直後にコーヒーを作ったのですが、今日の方が微妙に美味い。

コーヒーの淹れ方の違い?それとも1日置いたから?

同じようにコーヒーを淹れているのに、微妙に味が違うので面白いですね。

コーヒーを飲んでから息を吐き出すときに鼻を通るコーヒーの香りが昨日より強く感じられます。

 

今回も深煎りしていますが、温度をきちんと管理しているので、喉を刺激する変なエグミは有りません。

前回はマンデリンを21分間ローストしましたが、19分位が微妙に良いなか~。

もちろんコーヒー豆の種類によってロースト時間は違ってくると思いますが、自家ローストには自分だけの美味しいロースト方法を見つける楽しさが有りますね。

 

 

ケニア・レッドマウンテン 100g 2014年1月14日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 20 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 45
2分 65
3分 84
4分 99
5分 113
6分 125
7分 139
8分 153
9分 165
10分 176
11分 187
12分 197 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 217 2.4→1.2 13分23秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 228 50% 14分17秒で1ハゼが来た。
14分53秒で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
15分 233 15分49秒で1ハゼ終了
16分 222
17分 215
18分 216
19分 217 19分30秒で終了

 

 

 

 

コーヒー焙煎機でケニア・レッドマウンテンの焙煎しました。

ケニア・レッドマウンテン | by 管理者
11月 05日 2013 年

ケニア・レッドマウンテンを焼きました。

コーヒー焙煎機でケニアを焙煎

 

上の写真を見ると妙に赤かぶりしています。

こちらはコンパクトデジカメのリコーCX4、ホワイトバランスはカメラ任せのマルチパターンオートで撮ったけど、なんでかな?

今回は時計も一緒に撮りました。

この時計にはカレンダーや温度計も付いているし、記録として残すにかこの方が良いかもね。

 

 

今回も前回に引き続き初めて焼いた珈琲豆です。

この珈琲豆は、1ハゼの1発目こそ音が小さくて分かり難かったですが、それ以降は音が大きくて分かり易く、焙煎し易い珈琲豆だったと思います。

焼き上がったケニア・レッドマウンテン

 

 

コチラは上の写真と違って、ペンタックスの一眼レフK-01で焼いたばかりのケニア・レッドマウンテンです。

いつも焼いた珈琲豆が少し赤っぽく写るので、何故だろうと思いながら現像パラメータを弄ったら、実際の珈琲豆と同じような色合いになりました。

彩度を1.00→0.70に下げただけですが、一般的な撮影素材の場合は少し赤っぽくした方が綺麗に見えるのかな?

デフォルトのパラメータが赤っぽく写るようになっているのかしれないです。

ちなみに下の写真の変更前の色が右下、彩度を1.00→0.70に変更した写真が左上です。

両者を比較すると微妙に色合いが違うのが分かりますね。

彩度の変更
 

 

こちらは今回の焙煎データです。

ケニア・レッドマウンテン 100g 2013年11月4日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 26 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 58
2分 80
3分 102
4分 117
5分 130
6分 140
7分 150
8分 162
9分 172
10分 182
11分 191
12分 200 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 221 2.4→1.2 13分04秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 227 50% 14分34秒 232度で1ハゼが来た。
15分 235 235度で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
16分 216 16分17秒で1ハゼ終了
17分 210 17分30秒で終了