‘タンザニア KIBO AA’ カテゴリーのアーカイブ

コロンビア・スプレモとタンザニア KIBOの焙煎

コロンビア・スプレモ, タンザニア KIBO AA | by 管理者
4月 26日 2017 年

今日はコロンビア・スプレモとタンザニア KIBOを焙煎しました。
本当は2日前に焙煎豆が切れてしまったので、もっと早く焙煎したかったのですが、やっている暇がなくて今日になってしまいました。

室温は暑くも無く、寒くも無く丁度良い季節。
コンロにはヒートパネルが付いているため、気温が高いとガスボンベが外れる可能性がありましたが、コロンビア・スプレモの焙煎は何の問題もなく終了しました。

コロンビア・スプレモの焙煎

これは焙煎したコロンビア・スプレモです。コーヒーにして飲んだところ、可も無く不可もなくすっきりした味わいでした。

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 2.2 0% コロンビア スプレモ 200gを投入
1分 64
2分 88
3分 111
4分 129
5分 142
6分 153
7分 166
8分 178
9分 190
10分 202 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 216 3.0→1.7 40% 11分51秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 225 12分12秒 229度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 229
14分 228 1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
14分11秒で1ハゼ終了。
15分 227
16分 226 16分32秒で2ハゼが来た。
17分 226
18分 226 18分25秒で終了

 
 

タンザニア KIBOの焙煎

こちらはコロンビア・スプレモに続いて本日2回目の焙煎ですが、1ハゼが終了した頃にボンベが外れて火が消えてしまいました。
その後、再点火した時はいつの間にか2ハゼが始まっており、2ハゼの連続音の間隔と焙煎豆の色で判断して終了。
本来ならもう少し高めの温度を維持しますが、焙煎が終了したときの温度は222度でした。
多分大丈夫でしょう。


 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 26 2.2 0% タンザニア KIBO 200gを投入
1分 72
2分 95
3分 116
4分 131
5分 144
6分 157
7分 168
8分 180
9分 191
10分 203 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 216 3.0→1.7 40% 11分42秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 230 12分15秒 232度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 231
14分 229 1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
14分17秒で1ハゼ終了。
15分 229 2ハゼが発生した時の時間と温度、持続時間も不明
16分
17分 222 17分15秒で終了

 

タンザニア KIBO AAとエチオピア シダモ G-1 ハビーシャの焙煎

エチオピア シダモ G-1 ハビーシャ, タンザニア KIBO AA | by 管理者
12月 07日 2015 年

前回は更新をサボってしまったので、珈琲焙煎の報告は久しぶり。
今回はタンザニア KIBO 200gとエチオピア シダモ G-1 ハビーシャ 100gの焙煎報告です。

今年も残すところひと月切ってしまったし、時間が経つのが速過ぎます。
すっかり涼しく???、寒くなって私のコンロはヒートプレートを取り付け済み。

今回の焙煎の結果を簡単に説明するとタンザニア KIBOは少しローストし過ぎ?、エチオピア シダモ G-1 ハビーシャはこんなもんだろうという及第点の印象。

タンザニア KIBOの焙煎

まだ、冬というほど寒くなく、普通に室温は25度あります。
そんな中、ヒートプレートを取り付けて焙煎したので、10分後には回転ドラム内の温度は約200度近くに達していました。
温度の上昇具合は狙い通り。
今回は強めにローストするつもりだったので、1ハゼ・2ハゼと順調に進み、2ハゼが盛大になってもそのまま放置して開始から約23分で終了です。

タンザニア KIBO AA

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 2.2 0% タンザニア KIBO AA 200gを投入
1分 60
2分 86
3分 104
4分 123
5分 138
6分 153
7分 166
8分 176
9分 186
10分 197 2.2→3.0
11分 210 11分ジャストに火力を3.0に上げた。
12分 222 3.0→1.7 12分56秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
13分 228 40% 12分12秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
14分 230 14分27秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
15分 229
16分 225 1ハゼ終了まで225度狙いで温度調整実施。
17分 225
18分 225
19分 224 19分56秒で2ハゼが来た。

 
 

エチオピア シダモ G-1 ハビーシャの焙煎

こちらは浅めにローストする予定だったので、1ハゼが終了して珈琲豆の色付き具合いを見て終了です。
結果、2ハゼまで引っ張っていません。

エチオピア シダモ G-1 ハビーシャ

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 30 2.0 0% エチオピア シダモ G-1 ハビーシャ 200gを投入
1分 58
2分 81
3分 101
4分 116
5分 130
6分 142
7分 153
8分 161
9分 172
10分 185
11分 207 2.0→2.7 11分ジャストに火力を2.7に上げた。
12分 217 2.7→1.5 12分30秒で225度になったため、火力を1.5に下げた。12分51秒で1ハゼが来た。
13分 229 40% 1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
14分 231 1ハゼ終了まで225度狙いで温度調整実施。
14分54秒で1ハゼ終了。
15分 225
16分 222 16分18秒で終了

 
 

タンザニアKIBOとグアテマラ スイートナチュラルのコーヒーロースト

グアテマラ・スイートナチュアル, タンザニア KIBO AA | by 管理者
7月 29日 2015 年

暑い!厚い!暑い!

本当に暑い日が続きます。

こんなに暑い日はコーヒーのローストなんてやりたくないですが、冷蔵庫にストックしてあった焙煎豆は全て無くなってしまったし、涙を呑んで!じゃなくて汗を拭いてローストしました。

今日ローストしたコーヒー豆は今回購入した以下の中からタンザニアKIBOとグアテマラ スイートナチュラルです。
今回購入したコーヒー豆

ローストした時間は室温が33度のお昼の一番暑いときです。
ちなみにロースト開始から10分経過して回転ドラム内の温度が200度に達したとき、ガスボンベに触れて温度を確認すると少し熱い程度でした。
おそらく40度程度かな?
ガスボンベの温度

この温度を考慮すると、気温の高い夏場はコンロ付属のヒートパネルを外した方が良いです。
ヒートパネルを外さないと、ガスボンベの温度が高くなりすぎて安全装置が働いて外れる可能性があります。
もし、ロースト中にボンベが外れると、ローストの再開がやや大変です。
何度もこの失敗をやったことがあるので、その場合のローストの再開手順(私が使っているイワタニの炙り屋の場合)を書くと・・・

    1.外れたボンベを水で冷やす。
    2.ボンベをコンロに取り付ける。
    3.点火する。

 

の手順なんだけど、コンロのU字バーナーが熱くなっているから、U字バーナーの片側しか燃えないことがあって、その場合はチャッカマンで点火します。

タンザニアKIBOのロースト

今回のローストでは前回より深め。
前回というのは、タンザニア KIBOは昨年購入したことがある豆で今回で2回目の購入になります。
という意味で昨年ローストした時より深めです。
具体的には2ハゼのピチピチと弾ける音が一番激しくなってから30秒位経過してからローストを終了しています。

そして、これがローストしたコーヒー豆ですが、綺麗に焼けています。
タンザニアKIBO

比較のため、昨年ローストしたタンザニアKIBOはコレです。
ロースト完了後のタンザニア KIBO AA

明らかに焙煎豆の色が違います。
昨年とは嗜好が違うというか、深煎りしたコーヒー豆が好みになってしまって!
このようにロースト度合いを自由に変えることが出来るのも、自家ローストだから出来る楽しみですね。

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパーVer2 メモ
0分 32 2.2 0% タンザニアKIBO AA 200gを投入
1分 83
2分 96
3分 119
4分 139
5分 153
6分 166
7分 176
8分 184
9分 193
10分 202 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 212 3.0→1.7 11分51秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 227
13分 229 40% 13分31秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
14分 226
15分 227 1ハゼ終了まで225度狙いで温度調整実施。
15分12秒で1ハゼ終了。
16分 225
17分 224
18分 222 18分7秒で2ハゼが来た。
19分 221
20分 220 20分(2ハゼが一番は激しいとき)で終了

 

グアテマラ スイートナチュラルのロースト

続いてグアテマラ スイートナチュラルをローストしました。
これがローストしたコーヒー豆ですが、先にローストしたタンザニア KIBOと見分けが付かない程似ています。
強いて違いを挙げれば、コーヒー豆の大きさがグアテマラの方が小さめってことくらい。
この豆もタンザニアと同じく、2ハゼのピチピチと弾ける音が一番激しくなってから30秒位経過してからローストを終了しています。
グアテマラ スイートチュアラル

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 44 2.2 0% グアテマラ スイートナチュラル 200gを投入
1分 72
2分 100
3分 119
4分 135
5分 151
6分 161
7分 168
8分 181
9分 192
10分 203 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 215 3.0→1.7 11分46秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 227
13分 232 40% 13分08秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
14分 228
15分 227 1ハゼ終了まで225度狙いで温度調整実施。
15分35秒で1ハゼ終了。
16分 226
17分 224
18分 222 18分17秒で2ハゼが来た。
19分 224
20分 224 20分で終了

 

中途半端に余ったていたコーヒー豆、ブラジル・ハニーとコロンビア・Sweet Flowersをローストしました。
共に100g弱になります。
そして今回は全体の時間を短縮するため、ロースト方法をいつもと若干変更して1ハゼまでの火力は普段より若干強め、それ以降はいつもと同じとしています。

ロースト中
 
 

ブラジル・ハニーのロースト

これはブラジル・ハニー、かなりきれいに焼けています。
記録し忘れましたが、いつの間にか2ハゼが始まっていました。
コーヒーにして飲んでもへんなエグミは無いし、このコーヒーの特徴である甘みも有るし悪くないです。
ロースターの開発当初に火力が強すぎてコーヒーにすると刺激のあるエグミが残って理由が分からず悪戦苦闘していた頃が懐かしいです。

ブラジル・ハニー

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 2.0 0% 豆は初めから投入
1分 52
2分 92
3分 125
4分 145
5分 163
6分 178
7分 190
8分 201 2.0→2.5 8分ジャストに火力を2.5に上げた。
9分 217 2.5→1.2 9分24秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
10分 229 40% 10分29秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ(225度狙い)、フタを外してダンパーを40%に変更した。
11分 230
12分 229 12分35秒で1ハゼ終了
13分 226
14分 224 14分28秒で終了

 
 

コロンビア・Sweet Flowersのロースト

こちらは、コロンビア sweet flowers。
ブラジルに比べると、若干艶が無い。
そして1ハゼを過ぎてからロースト終了のタイミングを見ていますが、色が付きにくく、それゆえロースト時間を長くすると苦味が強目に出てきます。
そう言えば前回と違って今回はコーヒーにしたときの柑橘系の香りは無かったですね。
温度が高かったことが原因かな?
今回のローストで手持ちのコロンビア sweet flowersは終了です。
ブラジルと同じように焼いていますが、いろいろな面で性格が違っていて面白いですね。

コロンビア sweet flowers

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 49 3.0 0% 豆は初めから投入,間違えて火力を最大にしていた。
1分 136 1.9 火力を1.9に戻した。
2分 134
3分 137
4分 142
5分 147
6分 153
7分 164
8分 184
9分 196 2.0→2.5 9分ジャストに火力を2.5に上げた。
10分 212 2.5→1.2 50% 10分45秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
11分 未記録 11分35秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ(225度狙い)、フタを外してダンパーを50%に変更した。
12分 232
13分 222 13分31秒で1ハゼ終了
14分 223
15分 223 15分17秒で終了

 

上手く焙煎できた「タンザニア KIBO AA」、タンザニア産のコーヒー豆は焙煎しにくいはずでは?

タンザニア KIBO AA | by 管理者
9月 20日 2014 年

前回のブログでコロンビア ナリーニョ ノーブルSPより「東チモールの方が好みだ」なんて書きましたが、コロンビア ナリーニョ ノーブルSPも前回ローストしたものを飲んでいるうち良いなって思うようになってしまいました。
コーヒーはローストの仕方で出来が違ってくるので、1回目にローストしたときより前回の方が上手くロースト出来たということでしょうね。
同じようにローストしているのに微妙な違いが有って面白いです。
味は普通の喫茶店で出されるコーヒーに似ていますが、コクや甘さや香りは自分でローストしたコロンビア ナリーニョ ノーブルSPの方が断然良いです。

タンザニア KIBO AAのロースト

タンザニアは苦手なはずのコーヒー豆なのに、今回は予想に反して上手く焼けました。

ロースト完了後のタンザニア KIBO AA
 

拡大撮影 タンザニア KIBO AA
 

何故?

上手に焼けて「何故?」っておかしな表現ですが、頭が理系の人間なので予想したとおりにならないと、上手にロースト出来ても悩んでしまいます。

今から2年前に「タンザニア オルディアニ」のシワが伸びなくて焼きムラが酷く、その原因をショップに問い合わせたことが有りましたが、そのときの回答が「タンザニア産のコーヒー豆は実が固いのでシワが伸びにくい」という内容でした。

この回答をショップから貰ったとき、「上手く焼けないのはロースターが原因ではない」という安心感と「全てのタンザニア産のコーヒー豆は焼きにくいのか?」という落胆が一緒になって複雑な思いがありましたが、どうやら違ったみたいです。
今回タンザニア KIBO AAをローストして、タンザニア産のコーヒー豆がローストしにくいというより、「タンザニア オルディアニ」という種類のコーヒー豆がローストにしにくいと理解した方が良さそうです。

まだまだ経験値が足りなくて日々研究していますが、ウン十万円もする業務用のロースターと違って簡易ロースターに出来ることは限られているので、いろいろなコーヒー豆を焼いて美味しく焼ける方法を探して行きたいですね。

 

ここからはタンザニア KIBO AAをローストしたときのデータです。
ローストした日は3日前の9月17日になります。

ロースト直後
 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 34 2.2 0% 豆は初めから投入
1分 62
2分 82
3分 100
4分 118
5分 131
6分 144
7分 155
8分 166
9分 179
10分 189
11分 200 2.2→3.0 11分ジャストに火力を3.0に上げた。
12分 213 3.0→1.7 12分54秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
13分 227 13分45秒 231度で1ハゼが来た。
14分 231 40% 14分31秒で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
15分 228
16分 221 16分11秒で1ハゼ終了
17分 219
18分 220 18分40秒で終了

 

ヒートパネルを外したロースト

今年の6月頃からコンロのヒートパネルを外して200gのローストを何度かやっていますが、ヒートパネルを外していない100gと同じくらいにロースト時間が短くなっています。
※ 例外もあります。
時間が短くなっているので火力が上がっているはずですが、下の写真のように焦げていないし一様に綺麗に焼けており、良い方向に結果が出ています。

割ったタンザニア KIBO AA

しかしこれから気温が下がってカセットガスが気化しにくくなってくると、いつかヒートパネルを取り付けることになりますが、どのくらいの気温が下がったらヒートパネルを取りつけるのか、そしてヒートパネルを取り付けたときにロースト開始時の火力も同時に強くすると良い結果に繋がると思いますが、どの程度の火力にしたら良いのか?
まだしばらく先ですが、今後の楽しみです。

喫茶店の味?コロンビア ナリーニョ ノーブル SP

コロンビア ナリーニョ ノーブル SP, タンザニア KIBO AA, 蒸らし焙煎 | by 管理者
7月 06日 2014 年

注文していたコーヒー豆が届きました。
購入したコーヒー豆

全部で500gづつ計6種類。
私は毎回違った種類のコーヒー豆を購入するようにしていますが、販売サイトに記載された内容を参考にしながら商品を選ぶ時と届いた商品の箱を開ける瞬間が楽しいですね。
今回注文したコーヒー豆の中でエチオピア イリガチャフ G-1はリピート購入ですが、前回のナチュラルと違ってウォッシュドを選んでみました。
どのように味が違うのか、ちょっと楽しみ。

そして今回はタンザニアも1種類購入しました。
以前購入した「タンザニア・オルディアニ」が上手くローストできななかったので、他の種類のタンザニアだったらどうなるのか、こちらは興味本位での購入です。

はじめからローストしてあるコーヒー豆と違って自家ローストのやり方でコーヒーの味が全く違ってくるので、今度のコーヒーは自分好みのコーヒー豆なのか、楽しみです。

また、今回から回転ドラムの攪拌羽を1枚から2枚に増やし、製品版と同じフレームに交換してコーヒーロースターをリニューアルしています。/p>
回転ドラム
 
 

コロンビア ナリーニョ ノーブル SPのロースト

今日の天気は曇り。雨は降っていないけどジメジメした不快指数の高い室内でのコーヒーローストになりました。
コロンビアのロースト

こちらはローストデータです。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 30 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 60
2分 82
3分 99
4分 116
5分 126
6分 137
7分 147
8分 157
9分 166
10分 175
11分 185
12分 193 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 209
14分 225 2.4→1.2 14分00秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。14分43秒 231度で1ハゼが来た。
15分 231 40% 15分15秒 1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
16分 223 16分13秒で1ハゼ終了
17分 216
18分 218 18分20秒で終了

 
 

これはローストを完了したコロンビア ナリーニョ ノーブル SPです。
ローストを完了したコロンビア ナリーニョ ノーブル SP

 
 

タンザニア KIBO AAのロースト

タンザニアのロースト

コロンビアに引き続き・・・って訳じゃなく、台風が近づいているので庭の雨水枡の掃除を先にやることになってしまい、タンザニアのローストは2時間後になってしまいました。

こちらはローストデータです。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 30 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 56
2分 81
3分 99
4分 115
5分 127
6分 140
7分 150
8分 160
9分 170
10分 179
11分 188
12分 196 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 211 2.4→1.2 13分49秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 226 14分40秒 231度で1ハゼが来た。
15分 232 40% 1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
16分 221 16分24秒で1ハゼ終了
17分 216
18分 217 18分00秒で終了

 
 

若干焼きムラがありますがシワは伸びており、昨年苦労したタンザニア・オルディアニより幾分マシに見えます。コーヒー豆の大きさが若干小さいのでそれが原因かも知れませんね。
まだ試飲していませんが、コーヒー豆を見る限り悪くないように思えます。
ローストを完了したタンザニア KIBO AA

遠めに撮影した写真だと焼きムラが良く分からないのでアップで撮影しました。
タンザニアをアップで撮影