‘コロンビア・Sweet Flowers’ カテゴリーのアーカイブ

余ったブラジル・ハニーとコロンビア・Sweet Flowersをローストしました。

コロンビア・Sweet Flowers, ブラジル・ハニー | by 管理者
4月 22日 2015 年

中途半端に余ったていたコーヒー豆、ブラジル・ハニーとコロンビア・Sweet Flowersをローストしました。
共に100g弱になります。
そして今回は全体の時間を短縮するため、ロースト方法をいつもと若干変更して1ハゼまでの火力は普段より若干強め、それ以降はいつもと同じとしています。

ロースト中
 
 

ブラジル・ハニーのロースト

これはブラジル・ハニー、かなりきれいに焼けています。
記録し忘れましたが、いつの間にか2ハゼが始まっていました。
コーヒーにして飲んでもへんなエグミは無いし、このコーヒーの特徴である甘みも有るし悪くないです。
ロースターの開発当初に火力が強すぎてコーヒーにすると刺激のあるエグミが残って理由が分からず悪戦苦闘していた頃が懐かしいです。

ブラジル・ハニー

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 2.0 0% 豆は初めから投入
1分 52
2分 92
3分 125
4分 145
5分 163
6分 178
7分 190
8分 201 2.0→2.5 8分ジャストに火力を2.5に上げた。
9分 217 2.5→1.2 9分24秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
10分 229 40% 10分29秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ(225度狙い)、フタを外してダンパーを40%に変更した。
11分 230
12分 229 12分35秒で1ハゼ終了
13分 226
14分 224 14分28秒で終了

 
 

コロンビア・Sweet Flowersのロースト

こちらは、コロンビア sweet flowers。
ブラジルに比べると、若干艶が無い。
そして1ハゼを過ぎてからロースト終了のタイミングを見ていますが、色が付きにくく、それゆえロースト時間を長くすると苦味が強目に出てきます。
そう言えば前回と違って今回はコーヒーにしたときの柑橘系の香りは無かったですね。
温度が高かったことが原因かな?
今回のローストで手持ちのコロンビア sweet flowersは終了です。
ブラジルと同じように焼いていますが、いろいろな面で性格が違っていて面白いですね。

コロンビア sweet flowers

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 49 3.0 0% 豆は初めから投入,間違えて火力を最大にしていた。
1分 136 1.9 火力を1.9に戻した。
2分 134
3分 137
4分 142
5分 147
6分 153
7分 164
8分 184
9分 196 2.0→2.5 9分ジャストに火力を2.5に上げた。
10分 212 2.5→1.2 50% 10分45秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
11分 未記録 11分35秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ(225度狙い)、フタを外してダンパーを50%に変更した。
12分 232
13分 222 13分31秒で1ハゼ終了
14分 223
15分 223 15分17秒で終了

 

ダンパー開度と火力の調整

コロンビア・Sweet Flowers, トラジャ・ママサ | by 管理者
4月 02日 2015 年

ダンパー開度と火力の調整

最近は、2種類の珈琲豆を200gづつ2回焙煎することが多いので、ブログの更新回数が減ってますが、珈琲焙煎におてる私の最近のテーマは温度調整とダンパー開度、焙煎臭(焦げた匂い)です。

珈琲焙煎機

この焙煎機はフルマニュアルなので、火力もダンパー開度も焙煎者の思いのまま自由に変えることが出来ます。
それだけに、適当に操作すればそれなりの味になります。
そして焙煎開始~1ハゼ(235度程度)までは現在の焙煎方法でほぼ確立していると考えていますが、それ以降の操作の違いで味に違いが出てきます。

1ハゼが始まってそれが活発になったら火力を弱くして温度を下げていきますが、その際ダンパーを沢山開けると回転ドラム内の温度が下がり過ぎるので1ハゼを維持するために火力を強めに調整します。
逆にダンパーを少し開いただけであれば温度の下がり具合が少ないので、火力をもっと弱くしても回転ドラム内の温度は維持できます。

では、どっちが良いのか?

何度か焙煎した結果、ダンパーを沢山開けて火力を上げた方が苦味が増すような気がします。
逆にダンパーを閉じると焙煎臭が珈琲豆に付きやすくなるのでは無いか?
私は焙煎臭が多少付きやすくなることを承知でダンパーを閉め気味にし、焙煎直後の珈琲豆を暫く外気に晒して、しばらく時間が経過して焙煎臭いが抜けてから容器に格納すれば良いと考えて実践しています。
もちろんテストした回数が少ないし、同じ珈琲豆でも焙煎時間が違っているので厳密に比較したわけではありませんが、何度か比較して焙煎した私の感想です。
もちろん、珈琲は嗜好品であり、感じ方は千差万別なので、自分が美味しいと思う方法を見つけて焙煎すれば良いと思います。

「珈琲は冷めると不味い?」、「温め直すと不味い?」

次に良く耳にする「珈琲は冷めると不味い?」、「温め直すと不味い?」について、ネットでは「不味くなる」という意見と「不味くならない」というどちらの意見もあり賛否両論です。
例えば昨日焙煎したコロンビア SWEET FLOWERS(ハイロースト)とトラジャ ママサ(シティ~フルシティ)。
私の感想はコロンビアは冷めると不味くて温め直しても不味い、トラジャ ママサはコロンビアほど不味くならない。
つまり珈琲豆の種類や焙煎度合いによるもので、一概に不味くなるとは言えないというのが私の感想。
※ 焙煎度合いが浅いと(この場合はコロンビア)冷めたときに大きく味が落ちるように感じる。
では、コロンビアもトラジャと同様にもっと深煎りすれば良いだろうという意見もあるでしょうが、深煎りするとコロンビア SWEET FLOWERSの独特の柑橘系の匂いが無くなってしまうので、やりたくない。
珈琲豆や焙煎度合いや好みの問題であるため、人によって意見が分かれるのだろうと思います。
珈琲焙煎はやればやるほど新しい発見がある奥が深い世界、まだまだ修行中です。

中煎りしたコロンビア・Sweet Flowersと深煎りしたパナマ ゴールデンビートルのコーヒーロースト

コロンビア・Sweet Flowers, パナマ・ゴールデンビートル | by 管理者
2月 05日 2015 年

前回、前々回とかなり深煎りしたので、今回は普通に~~。

コロンビア・Sweet Flowersは名前からして深煎りしない方が良いのだろうと考えてハイローストに。
そしてパナマ・ゴールデンビートルも普通にローストしようと思っていたらいつの間にか2ハゼが始まっており、 小気味の良いピチピチという2ハゼの音を楽しんでいたら、いつの間にかシティーかフルシティーになってしまう程深煎りしてしまいました。

そのため我が家の冷蔵庫にはかなり深煎りしたトラジャ、深煎りしたパナマ、中煎りしたコロンビアの3種類のコーヒー豆が入っています。
深煎りすると日持ちしないので、早目に消費しないといけないです。

普段は30%程度に開けるダンパーですが、チャフの焼ける匂いを焙煎豆に付けないために今回は50%~70%と大きく開けてみました。
ダンパーを開ければ火力を上げないと温度を維持出来ないでの、コーヒー豆の焦げが心配でしたが、杞憂に終わりました。
コーヒー豆が焦げると喉を刺激する嫌な味がしますが、深煎りしたパナマでもそれは無かったです。

このロースターは火力やダンパーを思いのままに弄ることができるので、ロースト度合に応じて変えてみると良いと思います。
そして自分の好みのロースト方法を見つけられると良いですね。

以下に今回のローストデータを掲載します。

ここで言うのもなんだけど、前回・前々回のトラジャとマンデリンは深煎りし過ぎたと反省。

コロンビアのロースト
 
 

コロンビア・SWEET FLOWERS
コロンビア・SWEET FLOWER
 
 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 21 2.2 0% 豆は初めから投入
1分 62
2分 88
3分 111
4分 128
5分 143
6分 154
7分 168
8分 177
9分 186
10分 195 2.2→3.0 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 213 3.0→1.7 11分52秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 226
13分 232 70% 13分26秒 233度で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため13分50秒で火力に下げ、フタを外してダンパーを70%に変更した。
14分 233
15分 226 15分15秒で1ハゼ終了
16分 217
17分 220
18分 219
19分 221
20分 220 20分で終了

 
 

パナマ・ゴールデンビートル
パナマ・ゴールデンビートル
 
 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 2.2 0% 豆は初めから投入
1分 64
2分 91
3分 110
4分 127
5分 141
6分 151
7分 160
8分 171
9分 181
10分 192 2.2→3.0 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 206 3.0→1.7
12分 219 12分21秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
13分 229 50% 13分ジャスト 229度で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
14分 233
15分 227 15分13秒で1ハゼ終了
16分 224
17分 222
18分 221
19分 222
20分 222
21分 217 21分37秒で終了