‘パナマ・ゴールデンビートル’ カテゴリーのアーカイブ

トラジャ・ママサとパナマ・ゴールデンビートルを焼きました。

トラジャ・ママサ, パナマ・ゴールデンビートル | by 管理者
6月 24日 2015 年

トラジャ・ママサとパナマ・ゴールデンビートルを焼きました。
今回も両方とも深めに焙煎しています。

毎回同じ写真ではつまらないので、白い煙がゆらゆらと昇っていく写真を撮ってみました。
・・・で、撮ったつもりなんだけど (;^_^A アセアセ・・・
煙がもくもくと立ち昇る写真を撮ったつもりなんだけど、静止画だと良く分からないな~。

煙の立ち上る写真
 

人の好みは移ろい易く、かな!?
半年くらい前からですが、深煎りした珈琲が好みになってきました。
そして深めに焙煎したトラジャのコクと甘みが気に入ったので、パナマもついでに深煎りです。

このように何度も深めに煎ると、焙煎時の温度が重要だと再認識します。
おそらく温度調整なしに強火で焼いたら、香ばしい香りと供に最初の一口は美味しいと思うかもしれないですが、序所に喉にひりつく様な嫌な味がしてくるかも。
そのようなときは、火力を弱くすると解消します。

ところで、最近の焙煎では1ハゼが活発になったときのタイミングでダンパーを開けて火力を絞りますが、その絞る火力の目安を1ハゼが持続しやすい225度としています。
そして1ハゼが終了してから焙煎の終了まで220度を目安として温度を下げています。

パナマ・ゴールデンビートルの焙煎

これはパナマ・ゴールデンビートル 100g。
2ハゼが始まって活発になったころに終了。

パナマ・ゴルデンビートル

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 28 1.8 0% 豆は初めから投入
1分 62
2分 93
3分 114
4分 129
5分 143
6分 156
7分 168
8分 178
9分 188
10分 196 1.8→2.5 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 218 2.5→1.2 11分37秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
12分  ?
13分 232 40% 13分10秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
14分 225 1ハゼ終了まで225度狙いで温度調整実施。
14分46秒で1ハゼ終了。
15分 225
16分 222
17分 223
18分 222 18分34秒で2ハゼが来た。
19分 223
20分 223
21分 223 21分で終了

 
 

トラジャ・ママサの焙煎

これはトラジャ・ママサ 200g。
2ハゼが始まって活発になって、しばらく時間が経ってから終了。

トラジャママサ

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 29 2.2 0% 豆は初めから投入
1分 84
2分 108
3分 126
4分 140
5分 154
6分 166
7分 176
8分 186
9分 196 2.2→3.0 9分ジャストに火力を3.0に上げた。
10分 212
11分 222 3.0→1.7 11分11秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 229
13分 232 40% 13分ジャストで1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
14分 231
15分 225 1ハゼ終了まで225度狙いで温度調整実施。
15分27秒で1ハゼ終了。
16分 223
17分 222
18分 222
19分 223 19分23秒で2ハゼが来た。
20分 221
21分 221
22分 221 22分40秒で終了

 
 

パナマとトラジャで火力が違うのは、パナマが100gに対してトラジャが200gだから。そして焙煎開始時にトラジャの温度上昇が早いのは2回目の焙煎で焙煎機が多少の熱を持っていたからだと思われます。

さて、今回で手持ちの珈琲の生豆が全て終了したので次に何を買うのか思案中ですが、これから夏本番を迎えるのでアイスコーヒー用の豆とか趣向を変えて酸味の強い豆でも買ってみようかと珈琲豆屋さんを覗いたら、円安のためにずいぶん価格が上がっていました。
それでも珈琲の生豆は焙煎豆に比べると価格が全然安いので、安くて高級な珈琲が飲めるのは自家焙煎する人の特権ですね。

室温25度、暑くなってきたのでコンロのヒートパネルを外した方が良さそう!?

パナマ・ゴールデンビートル, マンデリン・シナール | by 管理者
5月 14日 2015 年

パナマ・ゴールデンビートルとマンデリン・シナールの焙煎

今日はパナマ・ゴールデンビートルとマンデリン・シナールを200gづつ焼きましたが、パナマはなんともなかったもののマンデリンは1ハゼが終わって暫くたった時にいつの間にかカセットボンベが外れていました。

本日の室温は25度。
ヒートパネルを伝導したバーナーの熱だけでなく、高くなった室温との相乗効果でカセットボンベを温めすぎたことが原因ですが、そろそろコンロのヒートパネルを外した方が良さそうです。

焙煎中

パナマ・ゴールデンビートルは、2ハゼまで引っ張ろうと思いましたが、良い感じで色づいてきたので20分で終了しました。

パナマ・ゴールデンビートル

マンデリンは19分39秒から2ハゼが始まりまりましたが、今回はその約2分後に焙煎を完了しています。
毎回どのタイミングで珈琲焙煎を止めようか迷うところですが、今回は前回マンデリンを焼いたときより若干早めに切り上げたつもり。
どんな出来上がりになったか楽しみですね。

マンデリン・シナール

マンデリンを焼いている最中にコンロの炎を撮影してみました。
1ハゼ前の最も火力が強いときに撮影したものですが、かなり強火力で焼いていることが良く分かります。
もちろん始終こんな強火力で焼くと焦げて悲惨な結果になるので、途中で火力調整しています。

火力

 

パナマ・ゴールデンビートルの焙煎データです。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 28 2.2 0% 豆は初めから投入
1分 62
2分 89
3分 110
4分 127
5分 143
6分 155
7分 168
8分 179
9分 189
10分 198 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 213 3.0→1.7 11分56秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 225
13分 231 40% 13分14秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
14分 227
15分 224 15分16秒で1ハゼ終了
16分 221
17分 222
18分 221
19分 221
20分 222 20分で終了

 

マンデリン・シナールの焙煎データです。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 35 2.2 0% 豆は初めから投入
1分 75
2分 107
3分 124
4分 141
5分 158
6分 167
7分 179
8分 187
9分 198 2.2→3.0 9分ジャストに火力を3.0に上げた。
10分 209 3.0→1.7
11分 221
12分 224 12分5秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
13分 230 40% 13分33秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
14分 233
15分 231 15分27秒で1ハゼ終了
16分 228
17分 223
18分 223
19分 225 19分39秒で2ハゼが来た。
20分 223
21分 221 21分で終了

 

中煎りしたコロンビア・Sweet Flowersと深煎りしたパナマ ゴールデンビートルのコーヒーロースト

コロンビア・Sweet Flowers, パナマ・ゴールデンビートル | by 管理者
2月 05日 2015 年

前回、前々回とかなり深煎りしたので、今回は普通に~~。

コロンビア・Sweet Flowersは名前からして深煎りしない方が良いのだろうと考えてハイローストに。
そしてパナマ・ゴールデンビートルも普通にローストしようと思っていたらいつの間にか2ハゼが始まっており、 小気味の良いピチピチという2ハゼの音を楽しんでいたら、いつの間にかシティーかフルシティーになってしまう程深煎りしてしまいました。

そのため我が家の冷蔵庫にはかなり深煎りしたトラジャ、深煎りしたパナマ、中煎りしたコロンビアの3種類のコーヒー豆が入っています。
深煎りすると日持ちしないので、早目に消費しないといけないです。

普段は30%程度に開けるダンパーですが、チャフの焼ける匂いを焙煎豆に付けないために今回は50%~70%と大きく開けてみました。
ダンパーを開ければ火力を上げないと温度を維持出来ないでの、コーヒー豆の焦げが心配でしたが、杞憂に終わりました。
コーヒー豆が焦げると喉を刺激する嫌な味がしますが、深煎りしたパナマでもそれは無かったです。

このロースターは火力やダンパーを思いのままに弄ることができるので、ロースト度合に応じて変えてみると良いと思います。
そして自分の好みのロースト方法を見つけられると良いですね。

以下に今回のローストデータを掲載します。

ここで言うのもなんだけど、前回・前々回のトラジャとマンデリンは深煎りし過ぎたと反省。

コロンビアのロースト
 
 

コロンビア・SWEET FLOWERS
コロンビア・SWEET FLOWER
 
 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 21 2.2 0% 豆は初めから投入
1分 62
2分 88
3分 111
4分 128
5分 143
6分 154
7分 168
8分 177
9分 186
10分 195 2.2→3.0 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 213 3.0→1.7 11分52秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 226
13分 232 70% 13分26秒 233度で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため13分50秒で火力に下げ、フタを外してダンパーを70%に変更した。
14分 233
15分 226 15分15秒で1ハゼ終了
16分 217
17分 220
18分 219
19分 221
20分 220 20分で終了

 
 

パナマ・ゴールデンビートル
パナマ・ゴールデンビートル
 
 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 2.2 0% 豆は初めから投入
1分 64
2分 91
3分 110
4分 127
5分 141
6分 151
7分 160
8分 171
9分 181
10分 192 2.2→3.0 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 206 3.0→1.7
12分 219 12分21秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
13分 229 50% 13分ジャスト 229度で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
14分 233
15分 227 15分13秒で1ハゼ終了
16分 224
17分 222
18分 221
19分 222
20分 222
21分 217 21分37秒で終了