‘バームクーヘン’ カテゴリーのアーカイブ

バームクーヘン焼き機の高さの見直し

バームクーヘン | by 管理者
5月 04日 2016 年

バームクーヘン焼き機の改良

今まで高さ調整のために長いネジを使っていましたが、これの長さを見直しました。
設計当初は径の大きなバームクーヘンを作ることを想定していましたが、熱量の問題でなかなか難しい。
手のひらサイズのものは大丈夫なので、それに合わせてネジの長さを変更します。

RIMG2577

1本だけネジを取り替えたところですが、他の3本とかなり長さが違うことが分かると思います。

RIMG2578

全部のネジを取り替えたところです。

RIMG2579

バームクーヘン焼き機を高さ調整台に載せるとこんな感じ。
1cm刻みで2cm程度上がれば大丈夫だろうと考えています。

RIMG2580

他に蝶ナットをローレットナットに変えたかったのですが、しばらく前の部品注文のときにすっかり忘れていて、今日ホームセンターに行った時にローレットナットを探しましたが有りませんでした。
これは次回の部品注文時に合わせて注文予定です

何度もバームクーヘンを焼いていますが、生地を初めて付けて焼いたときに生地が垂れる問題は解決方法が分かりました。
生地が垂れると網に付いた生地が燃えるので、バームクーヘンが黒く焦げてしまいます。
しかし今回も生地が垂れて落下することは無かったので解決しただろうと考えています。

RIMG2581

しかし一番やっかいな問題は生地を平らに均すためにヘラで生地の表面を撫でるとさらにデコボコになるのですが、これはまだ解決していません。
生地とヘラの間で表面張力が働き、ヘラを離すときに最後まで生地と接している部分が膨らんでしまうのですが、生地を付けて速やかに焼けば、表面が酷いでこぼこになることはないので、平らに均す行為そのものが必要なのか疑問が沸いてきました。

バームクーヘンの出来上がりですが、右側に凹んでいるところがあるのは高さ調整台の足の位置が低すぎてバームクーヘンが網に接触してしまったからです。これは自分の不注意ですが、生地を付けて焼けば誤魔化しが可能です。

RIMG2584

両スミの焦げた部分を切り落とし、バームクーヘンを切り分けて1個づつラップで包んで出来上がりです。

RIMG2586

初心に戻ってホットケーキの素でバームクーヘンの作成

バームクーヘン | by 管理者
4月 18日 2016 年

ホットケーキの素でバームクーヘン

最近はオリジナルのレシピでバームクーヘンを作っていましたが、今回は初心に戻って森永のホットケーキの素で作ってみました。
今回特に知りたかったのは、ホットケーキの素とオリジナルのレシピとの味の違い、そしてヘラを使って生地の表面をならしたときのならし易さの違いの2点。
ホットケーキはケーキシロップを付けて丁度良い甘さになるので、そのまま食べるバームクーヘンでは甘みが足りないのではず。
そこで生地に20gの砂糖を入れて焼いてみました。

RIMG2465
 

これが焼き上がりです。
作り始めてから気が付いたのですが、いつもと比較すると全然量が少ない。
そのため焼きあがったバームクーヘンの大きさや焼き時間はいつもの半分程度になってしまいました。

RIMG2469
 

このとおり、切り分けるとミニサイズのバームクーヘンの出来上がり。

RIMG2470

毎回バームクーヘンを焼くと、生地を入れたトレーにこの程度の生地の余りが出ますが、バームクーヘンの生地として使い切ることが出来ません。
こればかりがどうしようもないので、最後に余った生地をフライパンで焼いてホットケーキにします。
捨ててしまうのは勿体無いですからね。

RIMG2468
 

4日前に焼いたばかりのグアテマラと今回焼いたバームクーヘンと余った生地で作ったホットケーキのコラボレーションです。

RIMG2485
 

今後の改良点・・・予定

味はオリジナルレシピのバームクーヘンの方がフワフワして断然美味しいです。
やはりホットケーキの素はホットケーキとしてフライパンで焼いた方が美味しくいただけますね。
しかし、今回は味の比較だけでなくヘラで表面を平らにならしたときの状態を調べることも目的の一つ。
このとおり手製のヘラ(T字の木の棒)で余分な生地を落とすと、ホットケーキの素の方がキレイにが平らに出来ます(若干だけど)。
これは生地の固さの違いが原因だと思うので次回はオリジナルの生地をもっと固めに改良して作ってみる予定です。

RIMG2464
 

この機械を使って何度もバームクーヘンを焼いていますが、幾つか使い難い点も見えてきました。
中でも工具を使わなくても簡単にシャフトが脱着できるように配慮した蝶ナットが使い難い。
蝶ナットを外すときは問題ないですが、取り付けるときに一発で取り付けることが出来なくて何度もやり直すもあるので、折を見てローレットナットに変更したいですね。

バームクーヘン焼き機の作成とエクアドル グレートマウンテンのロースト

バームクーヘン, エクアドル グレートマウンテン | by 管理者
3月 30日 2016 年

エクアドルグレートマウンテンのロースト

最近、浅めにローストすることが多いですが、エクアドル グレートマウンテンの浅めのローストは好みではありません。
前回浅めにローストして失敗したので、今回はフルシティーまでローストしました。
ロースト時間は20分30秒、2ハゼが始まってから2分30秒で終了です。
そして、これが焼きあがった焙煎豆です。

RIMG2397

こちらはアップでもう一枚!
見てのとおり、シワが伸びてキレイに焼けており、満足な出来です。

RIMG2399

最近ホームページを掲載しているサーバをスペックに余裕があるサーバに変更しました。そのため今までは画像を掲載する時にどの画像にするのか迷っていましたが、この2枚の写真のようにそんなことを気にせずにどんどんと画像を掲載出来ます。

 

以下の表は本日ローストしたエクアドル グレートマウンテンのローストデータです。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 1.8 0% エクアドル グレートマウンテン 100gを投入
1分 63
2分 88
3分 109
4分 148
5分 148
6分 161
7分 170
8分 180
9分 193
10分 202 1.8→2.5 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 217 2.5→1.2 11分32秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
12分 229 40% 12分37秒 233度で1ハゼが来た。暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 233 1ハゼ終了まで227狙いで温度調整実施。
14分 229 14分8秒で1ハゼ終了。
1ハゼが終了してから223度狙いで温度調整実施。
15分 226
16分 223
17分 229
18分 226 18分00秒に2ハゼが来た。
19分 223
20分 223 20分30秒で終了

 
 

バームクーヘン焼き機の開発

こちらは前回の続きです。
前回テストしたときの課題の1つがバームクーヘンを焼き重ねて重くなると、バームクーヘンがシャフトから滑ってしまうことだったので、滑り止め機能のあるフランジナットを買ってきました。

RIMG2391
 

このナットで木のローラーを締め付けてシャフトと木のローラーを固定します。
しかし、結論から言うとバームクーヘンを焼いているときにフランジナットが緩んでしまいました。
締め付け時に指で締めただけなので、簡単に緩んでしまったようです。
次回は工具を使って、もっと固く締めて付けてみます。

RIMG2394
 

この画像は焼き始めたばかりのバームクーヘンですが、実際にお店で販売されているバームクーヘンの方が前回焼いたバームクーヘンより年輪がはっきりと見えているので、今回は濃く焼き色を付けています。

RIMG2411
 

両サイドの盛り上がりが気になるところですが、これで出来上がりです。

RIMG2419
 

荒熱を取ってから早速切り分けました。

RIMG2420
 

年輪がはっきりしており、よく目にするバームクーヘンです。
お味の方は・・・まだ食べていません。
前回と同じくケーキ用マーガリンを使っているため、風味は推して知るべしですが、明日の朝食のお楽しみです。

RIMG2421
 

バームクーヘン作成マシンの製作・・・再開

バームクーヘン, その他の記事 | by 管理者
3月 25日 2016 年

1年前ですが、「珈琲焙煎機を使ってバームクーヘンが焼けるか?」なんてやっていましたが、専用の機械を作ってみました。
本当は昨年の年末には手元にあったのですが、ベアリング付きの支柱の開発でそれどころでは無くなってしまって、今やっと再開です。
今までと違ってバームクーヘン専用の機械なので、台に安定して置けるし何より軽いことが一番うれしい。
右側の緑色のボタンがスイッチになっており、単三乾電池2本でモーターを駆動します。
そしてコンロは珈琲を焼くときに使っている「炉端大将 炙り屋」をそのまま流用しています。

RIMG2376
 

バームクーヘンを焼くときに被せる蓋(カバー?)は専用のものを作っていません。
レンジパネルで作成したボロボロの蓋で十分に役割を果たしていますが、見てのとおりボロなのでいつまで持つことやら。
この企画そのものが努力の甲斐なく没になるかもしれないし、優先順位が高いものから順に作成しています。

RIMG2377
 

焼成中のバームクーヘンの形が歪(いびつ)なのは2つ理由があって、1つはクッキングペーパーを逆に巻いてしまったこと。
もう一つはヘラを使って盛り上がったところを落としますが、それをやらなかったこと。
前者は全ての準備をし終わってから気が付いたのですが、やり直す気力がなかったため気合で乗り越えました。・・・乗り越えてない!?
後はなし崩し的に最後まで。

RIMG2378
 

バームクーヘンは焼いて・生地を付けて・焼いての繰り返し。
だから焦げたところが黒くなって年輪が付く訳ですね。
今回は指が届く押しやすい位置にモーターのスイッチを付けたので、生地が付き難いところはボタンを押して回転を止めて生地の中にドボッと付けて回転させて・・・
こんな感じで生地を付けました。

RIMG2379
 

第一回目の試運転だし、価格の高いバターじゃなくてケーキ用マーガリンを使って材料費をケチっているし、まあ良いかというノリで気軽に作業しています。
そして焼きあがったばかりのバームクーヘンがこれです。

RIMG2385
 

ハムのような形をしていますが、下の写真のように切り分けるとバームクーヘンに見えるでしょう。
切る前はデコボコしていますが、輪切りにすると多少のデコボコは目立たなくなります。
そして年輪がキレイに出ています。

RIMG2386
 

自家焙煎した珈琲と焼きたてのバームクーヘンです。
お皿に乗せるとお店で買ってきたバームクーヘンに見えますね。

RIMG2390
 

味は・・・バターを使っていないので、バターの風味がありません。
しかし卵白を泡立てて作っているのでフワフワ食感のバームクーヘンです。
とまあ、さらっと書いてきましたが、途中で生地が入ったボールに片栗粉の入った容器を落としたり、コンロを落として蓋を変形させたり、ツキに見放されたような試運転でした。
他にも問題がありましたが、結果はまあまあ。

今回のテストで一番驚いたのは、開始20分後の写真ですが、手で触れることができるくらい熱くない。
布巾まで用意していたのですが、最後まで不要でした。

RIMG2384

ちょっと硬めだけどまあまあの出来!自家製バームクーヘン。

バームクーヘン | by 管理者
5月 09日 2015 年

どうせ焼くなら、納得できるものを目指せ!

比較のため、ユーハイムのバームクーヘンを買ってきて試食すると、自分が作ったバームクーヘンは食感や味や匂いが全然ダメ。
材料は良いもの使っているはずなんだけど、ホットケーキのように粘りがあってバームクーヘンとは違う。固めのホットケーキみたい。

そこで、焼き方や温度、材料を研究して何度かテストしたところ、まあまあの出来になってきました。
それがコレ。

焼き上がり

このくらいの年輪だと生地を付けた回数が18回、約40分かけて焼いています。

自家製バームクーヘン

現段階でユーハイムのバームクーヘンと比較するのは無理があるけど、逢えて比較するとバターの香りが足りない。
これはテストでバターを沢山使ったらもったいないので、少な目にしています。だから当然の結果。
そして甘みが足りないけど、砂糖の量を増やせば良いだけなので大した問題じゃない。

問題は食感。

少しパサついて硬い。そしてしっとりしていない。
コーンスターチの量が多かったか、若しくは焼く温度が高過ぎたか、卵の量が多くて生地が緩かったか、これらに原因があるかも。
以前のようなネチャネチャと粘る感覚がなかったので、これは大きな前進。

ユーハイムのバームクーヘンに目標変更

ユーハイムのバームクーヘンを食べたら、フワフワ生地のクラブハリエのバームクーヘンより好みだとあらためて気づきました。
そこで目標をユーハイムのバームクーヘンに変更です。

何度か自分でバームクーヘンを焼いてテストを重ねるごとに、自分が焼いたバームクーヘンの方がスーパーで安売りしているバームクーヘンより美味いと思えるようになって来ました。
まあ、材料が違うから当然の結果だよね。

コーヒー焙煎機でバームクーヘンを作る。3度目の挑戦

バームクーヘン | by 管理者
4月 17日 2015 年

次回は、バターを増量してアーモンドプードルを入れてバームクーヘンを作ると宣言しましたが、近くのスーパーにアーモンドプードルを買いにいったら、結構なお値段でした。
そこでレシピを見直してバターは使うけど、ホットケーキミックスやアーモンドプードルを使わないでバームクーヘンを作る方向に方針変更。
そこで参考にしたレシピはコレ。
http://mamachanryouri.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-64b7.html
パンケーキのレシピなんだけど、食感がフワフワして軽いことが特徴です。・・・結構美味しくて時々このレシピでパンケーキを作ります。
そこでこのレシピに砂糖を増やしたりバターやラム酒を入れれば、食感が軽いバウムクーヘンが出来るのではないか?なんて考えて作って見ました。

そして完成品はコレ。
年輪がはっきりしなのは、焦げ目が黒くはっきり付く前に新しい生地を付けたから。
というのは昨日クラブハリエのバームクーヘン(バームクーヘンminiという小さいやつ)を貰って食べたところ、年輪がはっきりしていなかったので、これと同様の焼き色になるように焼いてみました。
バームクーヘン

そして焼きあがったバームクーヘンを食べたところ、ラム酒の匂いがして高級感のあるお味、かなり美味い。
しかし唯一気に入らないのは重たい食感。
クラブハリエのバームクーヘンのように軽い食感のバームクーヘンを作るつもりでパンケーキのレシピを引っ張り出して来ましたが、予想に反して重くてもちもちしている。
ネットで調べると小麦粉のグルテンがもちもち感を出しているらしく、グルテンの少ないコーンスターチを入れると軽い食感になるとのことなので、次回はコーンスターチを入れて作ってみようと思います。

ところで、このバームクーヘンを作るために生地を付けた回数が16回。
オーブンに入れて焼きあがるまで待ってるだけの他の焼き菓子と違って、何度も生地を付けて焼くため、バームクーヘンは手間が掛かります。
この1本を焼き上げるだけ50分近く掛かり、かなり疲れました。

コーヒー焙煎機でバームクーヘンは作れるのか?2度目の挑戦

バームクーヘン | by 管理者
4月 12日 2015 年

コーヒー焙煎機でバームクーヘンを作成。2度目の挑戦。

まだまだ工夫の余地はあるけど、前回に比べるとはるかにマシ。

コーヒー焙煎機で焼いたバームクーヘン

レシピはいつものようにクックパッドから「つくれぽ」の多い人気レシピを参考にしたけど、失敗を見越してバターを30g→10gに、卵を2個→1個に変更。

http://cookpad.com/recipe/830864

味はまあまあだったけど、バームクーヘンの年輪の幅が狭かったのはフライパンで焼くことを前提にしたレシピだから生地の粘度が低かったかもしれないです。
そして食感が少しモチモチしていたのはバターをケチったことが原因かな?他のバームクーヘンのレシピを調べるとこの程度の粉の量に対して50g~100gのバターを入れるレシピが多いみたい。

コーヒー焙煎機を使ったバームクーヘンの焼き方。

前回の大失敗を踏まえて、コーヒー焙煎機の天地を逆にして火力をアップ。当然そのままでは傾いてしまうのでコーヒー焙煎機を少し弄っています。
そして、木の棒の芯に生地を張り付かせないため、クッキングシートを巻いてその上に生地を付けました。
バームクーヘンを焼く

また、モーターの回転数を落とすために電圧の低いACアダプターを探したら、Buffaloのハブに付いていた3.3VのACアダプタを見つけたので、このACアダプタを使用しました。

BuffaloのACアダプター

バームクーヘンの出来上がり。

完成品

切り分けました。

バームクーヘンを切り分けました。

120gのホットケーキの粉を使ってこのくらいの大きさですが、粉の量を2~3倍に増量すれば、直径の太い立派なバームクーヘンになると思います。しかし粉を増量して大量に作っても食べきれないので、長さを短くして直径を太くするように調整して行きたいですね。
次回はバターの増量とアーモンドプードルを入れてバターの香りを際立たせ、かつしっとりした食感のバームクーヘンになるようにレシピを変更する予定です。

コーヒー焙煎機でバームクーヘンは作れるのか?

バームクーヘン | by 管理者
4月 12日 2015 年

コーヒー焙煎機でバームクーヘンを作ってみた。

皆さんご存知のバームクーヘン、木の年輪のようになっているあのお菓子です。

バームクーヘン

どのように作るのか、ご存知ですか。
Youtubeにバームクーヘンの作成動画が掲載されているので調べればすぐに分かりますが、回転させた棒にバームクーヘンの生地を付けてオーブンの中で焼いて、さらに生地を付けて焼く。
それを何度も繰り返しすとバームクーヘンが出来上がります。

バームクーヘンの作成方法

当然、特殊な機械が必要なので普通の家庭が専門店と同じ作り方でバームクーヘンを作るのはちょっと無理。せいぜい卵焼き用のフライパンで生地を焼いて丸めるくらいしか方法が有りません。
しかし、珈琲焙煎機なら専門店と同じやり方でバームクーヘンが作れるのではないか?

結論から言ってしまいますが、「無理!!!」

専門店と同じ方法で作ったら、干からびて固くなったホットケーキが出来ます。・・・いや、出来てしまいました。

コーヒー焙煎機でバームクーヘン

理由は、炎の位置が遠くて火力が弱すぎるから。
この写真を見ても分かるとおり、回転ドラムの中心の位置にバームクーヘンの生地があるため火力が全然足りない。
もっと炎に生地を近づけないと。
それともう一つ、回転速度が速すぎて回転している間に生地が滴のように特定箇所に集まって山のように盛り上がってしまう。
回転速度が速い分には生地が落ちないので良いだろうと思っていましたが、そんなに単純じゃないようです。

そして出来上がったバームクーヘン(バームクーヘンと呼んで良いのか?)に包丁を入れると表面が乾いて硬いので亀裂が入り、さらに木の芯から外すときに芯に引っ付いてボロボロ。
いろいろと問題があって珈琲焙煎機を「そのまま」使った初めてのバームクーヘンの作成は大失敗に終わりました。