‘グアテマラ フライハーネス アグアブランカ’ カテゴリーのアーカイブ

室温が高くてガスボンベが外れるときは?

グアテマラ フライハーネス アグアブランカ | by 管理者
5月 25日 2016 年

5月の初めは思った程気温が上がらなくてボンベを蒸しタオルで温めていたのですが、今日の気温はこの時計に表示された温度計を見ると分かるように28.5度とかなり暑い。

RIMG1207
 

そのため、今日1回目に100gのコーヒー豆を焼いたとき、途中でボンベが外れてしまいました。
私が使用しているコンロは暑さ対策のため、一ヶ月前にヒートパネルを外していますが、それでもボンベが外れたので2回目に200gのコーヒー豆を焼いたときは水で濡らした冷たいタオルをボンベの上に乗せました。
前回はコーヒーを焼いたときは温めたタオルをボンベの上に乗せましたが、今の季節は極端ですね。

RIMG1210
 

今回の焙煎データを見ると8分で200度に達しているので温度の上昇速度がかなり早いことが分かります。

気温の上昇に伴ってガス圧が高くなり、火力が強くなったことが原因ですが、コーヒーを焼いてみるとシビアに数字に表れるので面白い。

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 38 2.2 0% グアテマラ フライハーネス アグアブランカ 200gを投入
1分 81
2分 105
3分 123
4分 141
5分 160
6分 176
7分 186
8分 199 2.2→2.5 8分ジャストに火力を2.5に上げた。
9分 215 2.5→1.2 9分51秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
10分 229
11分 232 11分51秒 232度で1ハゼが来た。
12分 232 40% 暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 227
14分 227 1ハゼ終了まで227狙いで温度調整実施。
14分00秒で1ハゼ終了。
15分 226 1ハゼが終了してから223度狙いで温度調整実施。
16分 225 16分18秒に2ハゼが来た。
17分 224
18分 224 18分31秒で終了

 

焼き上がったコーヒーは写真のとおり美味しそうに焼けています。

RIMG1219
 

しかし興味があるのは、いつもように美味しそうに焼けたグアテマラより、途中でボンベが外れて思うように焼けなかったエクアドル グレートマウンテンの方。
途中でボンベが外れたとはいえ1ハゼ・2ハゼともに来ており、おおよそ普段と同じように焼くことが出来ましたが、それでも違うところを抜き出すと温度が低いまま推移したため、ダラダラと焙煎時間が長くなったことくらいかな?
実際にコーヒーにして飲んでみると香が弱く味も平坦。
問題なく焼けたときと比較するとあまり美味しくなかったですね。
過去何度もやった失敗だったので、ほぼ予想通りの結果でした。

グアテマラ フライハーネス アグアブランカの焙煎とヒートパネルの取り外し

グアテマラ フライハーネス アグアブランカ | by 管理者
4月 14日 2016 年

グアテマラ フライハーネス アグアブランカの焙煎

前回焼いたグアテマラが美味しかったので、今回もグアテマラを前回と同じようにフルシティで200g焙煎しました。
100gの珈琲豆を1週間に1回焙煎すればブログの更新回数も増えていいかな?なんて思っていましたが、やはり100gだと1週間持たないですね。
そのため200gと前回の倍量です。

これが今回焙煎したグアテマラです。
見てのとおり、シワが伸びてキレイに焼けています。
グアテマラは1ハゼや2ハゼがはっきりしていて、比較的焙煎しやすい珈琲豆なので焙煎経験の浅い方にもお勧めな珈琲豆です。

RIMG2457
 

こちらはアップで撮影しました。

RIMG2459

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 2.2 0% グアテマラ フライハーネス アグアブランカ 200gを投入
1分 61
2分 88
3分 109
4分 131
5分 142
6分 168
7分 180
8分 194
9分 209 2.2→3.0 9分ジャストに火力を3.0に上げた。
10分 221 3.0→1.7 10分17秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
11分 229
12分 231 40% 12分32秒 232度で1ハゼが来た。暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 231 1ハゼ終了まで227狙いで温度調整実施。
14分 228 14分42秒で1ハゼ終了。
1ハゼが終了してから223度狙いで温度調整実施。
15分 227
16分 225
17分 223
18分 224 18分43秒に2ハゼが来た。
19分 224
20分 225
21分 223 21分10秒で終了

 

ヒートパネルの取り外し

今日の昼間は結構気温が高くて、焙煎終了後にボンベに触れたら意外に熱を持っていました。

RIMG2450
 

私が使っているイワタニの炙り屋というカセットコンロは、炎の熱を伝導させてカセットボンベを温め、ガスの気化を促進するヒートパネルが搭載されていますが、気温が高くなる夏場はボンベが温まり過ぎて外れてしまうことがあるため、不要な機能です。
そこで、焙煎終了後にヒートパネルを外してしまいました。

これがヒートパネルです。

RIMG2452
 

プラスのネジ3本で固定されているので、ネジを外してヒートパネルを取り外します。

RIMG2453

これが外した状態です。

RIMG2454

しかし取り外したプラスのネジは涼しくなった今度の11月~12月頃?に再度ヒートパネルを装着するときに使うので、元のネジ穴に取り付けておきます。
簡単なネジの紛失対策です。

RIMG2455
 

グアテマラ フライハーネス アグアブランカの焙煎

グアテマラ フライハーネス アグアブランカ | by 管理者
4月 06日 2016 年

グアテマラ フライハーネス アグアブランカの焙煎

今日、焙煎した珈琲豆はグアテマラ フライハーネス アグアブランカ?

なんだか舌を噛みそうな珈琲豆ですが、舌噛みついでにお話すると、10日程前に本当に下唇を噛んでしまって、そのときは軽症だったのですが、後の対処が良くなかったので口内炎になってしまいました。
もうしばらく我慢すれば・・・と治り掛けたところで再度同じ場所を噛むという大失態をやってしまい、熱い物や辛いものはダメ、歯ブラシが少し触れただけでも涙が出るほど痛いとうい状態が2日ほど続いています。
折角淹れた珈琲も熱いままだと唇に触れたとたんに痛くて涙が出てきます。
口の中に絆創膏を貼りたいくらいです。

焙煎開始

さて、ここからが珈琲焙煎のお話です。
前回に続いて今回の焙煎度合いもフルシティの深煎り、焙煎時間は19分22秒と2ハゼが始まってから約3分後に終了しました。

そしてこれが今回の出来上がった焙煎豆です。

RIMG2433
 

もう一枚アップで!

RIMG2434
 

季節的に暖かくなってきたからだと思いますが、今までどおりの火力だと温度の上昇スピードが寒かった冬の時期に比べて若干速いです。
開始から10分後の温度が200度になるように火力調整していますが、今日は9分でおおよそ200度なので、もう少し気温が上がったらコンロのヒートパネルを外して火力を調整しようと思います。

こちらは回転ドラム内の温度が221度を表示しているとおり、1ハゼ直前の焙煎の様子です。ここまでは音楽を聴いたりTVを付けながら焙煎していますが、ここからは手が抜けません。

RIMG2432
 

以下の表は本日焙煎したグアテマラ フライハーネス アグアブランカの焙煎データです。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 1.8 0% グアテマラ フライハーネス アグアブランカ 100gを投入
1分 66
2分 94
3分 117
4分 135
5分 156
6分 164
7分 174
8分 184
9分 195 1.8→2.5  9分ジャストに火力を2.5に上げた。
10分 213 2.5→1.2 10分47秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
11分 227 40% 11分46秒 233度で1ハゼが来た。暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
12分 234 1ハゼ終了まで227狙いで温度調整実施。
13分 228
14分 227 14分6秒で1ハゼ終了。
1ハゼが終了してから223度狙いで温度調整実施。
15分 222
16分 224  16分24秒に2ハゼが来た。
17分 223
18分 223
19分 223  19分30秒で終了