‘DIY’ カテゴリーのアーカイブ

東芝レグザ Z9000のリモコンの清掃と壊さずに分解するコツ

DIY | by 管理者
1月 05日 2017 年

上のリモコンは東芝レグザ Z9000のリモコンで型番はCT-90352,下のリモコンは東芝レグザ Z8000のリモコンで型番はCT-90312Bです。
Z8000のリモコンはネジを使っていましたが、Z9000になってリモコンの構造が大きく変わり、完全に嵌め込むだけの構造になりました。


 

今回分解して清掃するのは東芝レグザ Z9000のリモコンです。
下の写真を見てのとおり、非常に汚い。


 

 

分解するコツ

Z9000のリモコンは、完全に嵌め込み構造になっており、ネジを一切使っていません。
Z8000のリモコンはスライドする蓋にネジが隠れていましたが、Z9000ではネジが無いためスライドする蓋を外す必要がありません。
ちなみに下の写真は清掃後に撮影したものなので、キレイです。


 

リモコンのシェルを上下に分解するときは、シェルが合わさっている部分に下の写真のように爪を割り込ませ、そのまま爪をスライドさせると、嵌め込み部分が外れていきます。
まずはリモコンの左右にある長辺の嵌め込み部分をこの方法で外し、次にリモコンの下部の嵌め込みを捻じるようにして外し、最後に上部(発信機側)の爪を外して分解します。
無理に力技で上下に引っ張るとリモコンの爪が欠けるので注意します。


 

分解すると汚れ具合が良く分かりますが、凄く汚い。


 


 

 

洗浄後のパーツ類

洗浄したパーツを並べたところです。
Z8000では細かいパーツが沢山あり、注意して扱わないと折ってしまうものがありましたが、こちらは大丈夫。
プラスチック部品の汚れを歯ブラシで擦って水で洗い流すだけでキレイになりました。

 

清掃完了

元のとおりに組み立てて完了です。

通話ボタンを押すと音声が途切れるパナソニック ドアホンの親機の修理。

DIY | by 管理者
11月 08日 2016 年

パナソニックの少し古いドアホンVL-MW150Kですが、親機側で通話ボタンを押すと音声が途切れて聞き取れなくなったため、親機の修理をしました。

rimg1759

玄関のチャイムが鳴ってから親機で通話ボタンを押すと「ザーッザーッ」という雑音がスピーカーから流れて玄関で何を言っているのか判らないと娘からクレーム。

それ以前でも私自身ドアホンで来客の対応をしたときに音声が途切れて聞き取り難いと感じましたが、親機のモニターボタンを押すと親機のスピーカーから玄関の音がクリアに聞こえたので親機のスピーカーとマイクの間でハウリングを起こしているのだろう、また取扱説明書にもそれを裏付けるように音声が途切れるときにはプレストーク機能を使うように記載があったため問題なしと判断していました。

 

玄関子機の調査

しかし娘から「最近特に酷いよ。昔はそんなことなかったよ。」と言われたため、詳しく調査することにしました。
まず親機のモニターボタンを押すと玄関の音がクリアに親機のスピーカーから聞こえたので、玄関子機のマイクと親機のスピーカーは問題なし。
そして玄関子機でも親機で話した音声がクリアに聞こえたので親機のマイクと玄関子機のスピーカーも問題なし。
ということから「通話ボタンを押したときにマイクとスピーカーの間でハウリングを起こしているのだから、ハンズフリーのドアホンでは仕方ないよ。」と娘に説明しましたが、絶対におかしいと一歩も退かないので、ネットで同じような事例がないか検索すると、玄関子機のコンデンサーマイクのハンダが経年で劣化してブーンというハム音を拾うようになり、その対策としてコンデンサーマイクをハンダし直して修理したとの書き込みを幾つも見つけました。
どうやらこの頃のパナソニック製ドアホンでは定番の持病だったみたいです。
そこでコンデンサーマイクをハンダ付けし直してみましたが我が家のドアホンでは改善しませんでした。

rimg1760

我が家は「ブーン」じゃなくて「ザーッザーッ」という音にかき消されて音声が聞き取り難いんだけど、これもハム音なんだろうか?と考えながら・・・ウーン原因不明。

ちなみに手に持っているのがハンダ付けをやり直した玄関子機のコンデンサーマイクです。

rimg1694
 

親機の調査

次に親機を分解してみると、こちらのコンデンサーマイクとスピーカーのハンダにも玄関子機同様に白っぽいものが浮いていました。

rimg1486-1

玄関子機は外部の劣悪な環境に晒されるのでハンダが劣化するのは仕方ないと思いましたが、室内に取り付けた親機もハンダが劣化するので、使っているハンダの材質に問題があったのかもしれないですね。
玄関子機でコンデンサーマイクのハンダが原因でハム音を拾って聞き取り難いトラブルが何件か挙がっていることを考慮すると親機側でもコンデンサーマイクの劣化したハンダが原因で「ザーッザーッ」という雑音が発生してと考えられます。
そこでコンデンサーマイクのハンダ付けをやり直しましたが、ついでにスピーカーのハンダ付けもやり直しました。

こちらはコンデンサーマイク側のハンダですが、コネクタも入れて計4箇所のハンダ付けをやり直しました。

rimg1747-2

こちらはスピーカー側のハンダですが、スピーカー端子と基盤のハンダの計4箇所のハンダ付けをやり直しました。

rimg1748

これがハンダ付けをやり直したコンデンサーマイクです。

rimg1750

これがハンダ付けをやり直したスピーカーです。

rimg1751

あんまり綺麗でないですが、ドアホンが直れば良いので結果オーライです。
ちなみに使った道具はこれ。

rimg1758

 

修理完了?

テストで玄関子機でチャイムを鳴らした後に親機で通話ボタンを押すと玄関子機で話した音声がクリアに聞こえるようになりました。
嫁と娘にそれぞれ確認してもらいましたが、問題なしとのこと。
このドアホンは現在使用中のパナソニッック製の電話とも連動出来ますが、新品のドアホンを付け直すと周波数帯が違うので連動出来なくなります。
新品のドアホンを買い直すと使い勝ってが悪くなるので、修理が出来て良かったです。

DIYで安く屋根の上にアンテナを設置する方法、但し屋根に登れる人限定です。

DIY | by 管理者
10月 31日 2016 年

屋根に登れるけど、怖くて自由に動き回ることは出来ない。
しかし安くDIYで屋根の上にブースターやBS/CSアンテナを設置したい。
アンテナやブースターの接続方法を理解しているけど、作業方法を工夫して何とかならないか?というジレンマを抱えた人向けの情報です。

rimg1713

斯く言う私も10年前はその中の一人でした。
今でこそ屋根の上に平気で登れるようになりましたが、今だに屋根の上で動ける場所は屋根にはしごを掛けた場所からアンテナが設置してある場所までです。
それ以外の場所、例えばアンテナの支線アンカーがある屋根の端には怖くて1回しか行ったことがありません。
その1回というのは悪質な工事業者に短いアンテナマストを使って工事された為、FMアンテナを取り付けるにはアンテナマストの長さが足りなくて長いアンテナマストに取り替えたのですが、4本のアンテナの支線を外したときに1本だけ誤って屋根から落としてしまい、アンカーから地面に向けて垂れ下がった支線を拾うために怖い思いをしながら屋根の端のアンカーまで取りに行った1回きりです。
何度屋根に登っても怖いものは怖いし、それだけ屋根の上では慎重に作業をしています。
ここでは屋根に登ったことがない人に危険な屋根の上の作業を推奨している訳ではなく、屋根に登ることが出来ても怖くて自由に動き回れない人が作業を限定することで安くブースターやBS/CSアンテナを取り付ける方法をご紹介します。

屋根の上に地デジのUHFアンテナを設置する工事料金を調べるとおおよそ2万円くらいでしょうか?
これはおおよそ最低の金額なので、各部屋に分岐するためのブースターが必要になったり、BS/CS放送を見るために衛星アンテナが必要になると料金が2倍・3倍に膨れ上がります。
「まあ2万円なら良いか?」と思っていても、4万円・6万円、またはそれ以上になると二の足を踏んで迷う人は沢山いると思います。

ぶっちゃけた話、アンテナの設置工事でリスクが高くて大変な作業はウマの設置とアンテナから屋内までのケーブルの敷設です。
アンテナやブースターをアンテナマストに取り付けたり調整する作業は大したことありません。
確かに附近に障害物があって地デジの電波が拾えない場所なら取り付けたアンテナの向きやブースターの利得ボリュームの調整にノウハウが必要でしょうが、そうでない場所なら周りの家のアンテナの向きと同じ方向にアンテナを向ければ、おおよそ映るようになります。
そしてテレビのアンテナレベルが最大になるように2人で携帯電話を使って会話しながら向きを微調整すればほぼ完璧です。

rimg1742

BS/CSアンテナはUHFアンテナよりシビアに向きや角度を合わる必要がありますが、これも基本的にやり方は同じです。
じっくり丁寧にやれば映るようになります。

アンテナの工事料金は適正なのか?

屋根の上での作業は落ちたら大怪我をするため危険手当が含まれています。
だからUHFのアンテナ設置工事に2万円掛かっても当然だし、妥当な価格だと思います。
しかしブースターを付けたら料金が2倍、BS/CSアンテナを付けたら3倍に跳ね上がる料金体系は適正なのか?と言われると、私はかなり疑問に思います。

rimg1712-1

安い2千円のアンテナでも高性能なパラスタックアンテナでも取り付ける手間は一緒です。
そしてUHF帯しか増幅しないブースターもUHF・BS/CS帯を増幅するブースターも取り付ける手間はほとんど一緒です。
上の料金表は10年前に某大手家電量販店でアンテナ工事の見積もりを取ったときにお店から貰った資料ですが、UHFブースターとUHF/BSブースターの取り付け価格の差が約1万7千円もあります。
同軸ケーブルの接続が一本増えるだけの10分掛からない作業に1万7千もするのか?
驚くことにBSアンテナの取り付け料金はこの中に含まれておりません。
やってみれば分かりますが、いくら屋根の上のリスクを伴う作業とはいえBS/CSアンテナをアンテナマストに取り付けるだけでウン万円、同軸ケーブルを剥いてブースターやアンテナに接続するだけでウン万円という価格は相当高いと思います。

丹念に安い工事業者を調べてアンテナを設置をしてもらっても、屋根の上の見えない部分なのでどれだけ手を抜かれても分かりません。
では価格が高ければ手を拭かずに工事してくれるのか?
10年前に8万円以上払ってアンテナ工事をして貰いましたが、おそらくアンテナ部材は全部で2万円程度なので、ざっくり計算して1人で2時間程度の作業に工賃として6万円も払っているのに酷い手抜き工事をされました。
通常アンテナマストはステーリングに支線ワイヤーを通して固定しますが、ステーリングを使わないでアンテナマストに支線ワイヤーがぐるぐる巻きにしてあり、屋根に登って見た瞬間絶句しました。
アンテナ工事の価格を比較したサイトやブログがありますが、地上から見えない部分であり、安ければ安いなりの工事をするだけなので比較しても意味があるとは思えません。
さて、ここからが本題。

どうすれば安くアンテナを取り付けられるのか?

もし屋根の上に登れないのであれば、あきらめて業者に高い金を支払って工事して貰ってください。
個人の電気店の方が地元の信用があるので、大手量販店よりきちんと工事をしてくれるはず。
しかし屋根の上に登って一番高いところまで行けるのであれば、2万円払ってUHFアンテナの工事だけを業者にやって貰い、それ以外の工事は自分で行えば良いでしょう。
ここで重要なことはリスクが大きなウマの設置と屋内まで同軸ケーブルの敷設を業者にやってもらうことです。
作業イメージはこんな感じ。
左のオレンジ枠の部分だけを工事してもらい、自分で右のオレンジ枠のように追加・変更します。

%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

ウマさえ設置してあれば、BS/CSアンテナやブースターは付属の取付金具を使ってアンテナマストに取り付けるだけなので屋根の上を動き回る必要が無く、どかっと腰を下ろして落ち着いて作業すれば良い。

DIYで行う工事の内容

屋内からブースターへの接続は設置済みのUHFアンテナから同軸ケーブルを取り外してF型接栓を取り付け、新たにアンテナマストに取り付けたブースターに接続します。
上記作業によりUHFアンテナに接続する同軸ケーブルが不足するため、別途用意した同軸ケーブルの片方にF型接栓を取り付けてブースターに接続し、もう片方は被覆を剥いてUHFアンテナに接続します。
BS/CSアンテナを付けるのであれば、アンテナマストにBS/CSアンテナを取り付けてから別途用意した同軸ケーブルの片方をBS/CSアンテナのコンバーターに接続し、もう片方にF型接栓を取り付けてブースターに接続します。
宅内への同軸ケーブルの引き込みはUHFアンテナの工事ですでに完了しているので、屋内の同軸ケーブルの端にブースターの電源を接続し、その電源からTVやビデオに接続します。

booster

ここで重要なのはアンテナマストの長さが長すぎないこと。
アンテナマストが長すぎて手の届かないところにUHFアンテナを取り付けるとUHFアンテナから同軸ケーブルを外すことが出来ないので、予め120~130cmのアンテナマストを使って工事して貰うように依頼してください。
マスプロアンテナのサイトに行けば分かりますが、一番短いサイズがこのサイズです。
一番価格が安いので喜んで承諾してくれるはず。
私は120cmのアンテナマストに20素子のUHFアンテナ、BS/CSアンテナ、3素子のFMアンテナを取り付けています。

それとは反対に経費を浮かすため140cm位のアンテナマストを半分に切って短いアンテナマストを使う業者があるので、これも要注意です。
当然ですが半分に切断されたアンテナマストには雨水の進入を防いで錆の発生を抑制する防水キャップがありません。
アンテナマストを交換したときに新品のアンテナマストに付いている防水キャップが古いアンテナマストには無かったため、初めて防水キャップの存在を知りました。
見えないところで手を抜く悪質な業者があるので、UHFアンテナの設置後に工事内容を必ず確認して下さい。

インターネットで安いところを調べて部材を購入するとUHF・BS/CSブースターが7,000円、BS/CSアンテナが5,000円とF型接栓等のもろもろの部材を合わせて15,000円程度の追加で各部屋のテレビで地デジや衛星放送を見れるようになります。
※ 各部屋に分岐配線してある場合です。

もしテレビが1台しかないのでブースターは不要というのであれば、UHFアンテナの同軸ケーブルとBS/CSアンテナの同軸ケーブルを衛星ミキサーで混合して屋内に引き込みます。
この場合はもっと安く工事ができます。

雨水は高いところから低いところに流れる為、同軸ケーブルを伝わった雨水がブースターや混合器への浸入しないように同軸ケーブルには防水キャップを付けて下から上に接続します。
このような一般的な取り付けノウハウは附近のアンテナを見れば分かります。
あとは、あなたのやる気だけ。
Let’s Try.

ロングライフクーラントを希釈するときの濃度の計算方法

DIY | by 管理者
10月 27日 2016 年

今の今まで誤解していました。
車のロングライフクーラント(LLC)の主成分はエチレングリコールですが、この濃度が高いほど低い温度でも凍結しません。
通常30%~60%の範囲でLLCの濃度を調整しますが、ここ愛知県の平野部であれば30%で十分です。

LLCを全量交換する場合、予め必要量のLLCの原液をラジエターに注入してから水を満タンにしますが、原液を基準に計算するのか、それともエチレングリコールの濃度を基準に計算するのか、基準にする対象の違いでLLCの量が違ってきます。

mono35577787-141126-02

例えばこのLLCのエチレングリコールの濃度は90~94%ですが、我が家のエスティマでLLC全量6.4Lを交換した場合、30%にLLCの濃度を調整するためにエチレングリコールの濃度を基準にすると2Lの原液1本では足りず、全量を基準にすると1本で足りることになります。
・エチレングリコールの濃度を92%で計算すると、2.0 × 0.92 ÷ 6.4 × 100 = 28.7%・・・30%未満
・全量で計算すると、2.0 ÷ 6.4 × 100 = 31.2%・・・30%以上

そこでLLCを製造しているメーカーに確認してみました。
——————————————————————————————————————————–
お問合せ頂きました、弊社商品 KYKロングライフクーラント(JIS)の
希釈濃度割合についてですが、製品全量に対して水の量を計算して
頂ければと思います。
2Lの製品を水で希釈して4Lにした場合には50%濃度という事になります。
30%濃度で4Lにしたい場合には、クーラントを1.2L、水を2.8Lで希釈して
頂ければ、4L(30%濃度) のロングライフクーラントという事になります。

補足としまして、JIS品の場合には水分が5%以下という基準がありますので
主成分のエチレングリコールは90~94%ですが、その他の添加剤が入りまして
水分の割合が5%以下となっております。
——————————————————————————————————————————–

実はメーカーに確認する前に2LのLLCを2本購入して3L入れたばかり。
結果、調整後のLLCの濃度は46%ということになってしまいました。

アンテナのカラス対策(リベンジ編)とFMアンテナの取り付け

DIY | by 管理者
10月 19日 2016 年

アンテナのカラス対策

鳥が止まっているアンテナの下がどのようになっているかご存知でしょうか?
糞だらけの屋根の上を見れば、鳥が可愛いなんて幻想に思えるようになります。

rimg1611

そして、これは糞でどろどろのテレビアンテナの給電部分。
触るのもイヤです。

rimg1614

屋根の上はふだん目に入る場所じゃないので、どうでも良いというのであれば問題ないでしょう。
しかし、鳥の糞は屋根の樋(とい)を詰まらせ、屋根の塗装を痛めます。
さらにカラスは拾ったゴミを屋根の上の落とします。
以前屋根に上ったときはミミズの死骸、今回上ったときは落花生を拾いました。
これが嫌で今から数年前に結束バンドを使ってカラス対策しましたが、結束バンドが折れたり垂れ下がったりして失敗しました。
原因は紫外線に弱い材質の結束バンドを使ったため、この写真のように緩んで垂れ下がったからです。

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ae%e5%a4%b1%e6%95%97

外した結束バンドを曲げると柔軟性がなくなっており、指で曲げるとポキッと折れてしまいました。

%e6%8a%98%e3%82%8c%e3%81%9f%e7%b5%90%e6%9d%9f%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89

そこで、今度は紫外線に強い耐候性がある結束バンドを使用し、同じく耐候性があるポリエステルの紐とアンテナの支線ワイヤーを使って対策してみました。
基本的に手持ちの材料を使いましたが、耐候性のある結束バンドとポリエステルの紐は持っていなかったので購入しました。
ポリエステルの紐は3本の紐を撚って1本にしている3mmのものを購入し、それをほどいて使っています。
また、アンテナの支線ワイヤーは過去にアンテナを立てたときの残りです。
アンテナの細工に金属(支線ワイヤー)は使わない方が良いらしいのですが、そんな都合の良い材料が見つからないので、使う量が少なくなるように配慮しました。

rimg1687

今回の対策をするにあたってカラスの糞でベタベタに汚れたアンテナを触りたくなかったので、ローチャンネル側の利得を向上させた地デジアンテナを新たに購入しました。
安いアンテナなら2000円も出せば買えますが、これは3000円くらい。それでも安いですね。

rimg1679

アンテナのどこにカラスが留まっても紐に引っかかる高さで紐を3本並行に張ります。

rimg1675

アンテナの先端では支線ワイヤーをペンチで加工して紐が5cm位の高さに浮くように取り付けます。

rimg1676

リフレクターの上にカラスが留まれないように紐を取り付けます。

rimg1678

アンテナマストに取り付け終わったアンテナです。

rimg1680

家の外に出て道路から撮影しましたが、取り付けたアンテナの支線ワイヤーや紐が目立たないので、パッと見た限りアンテナの細工は分からないですね。
取り敢えずこのまま様子見ですが、暫くしてアンテナ回りが汚れていれば、さらに紐を張って対策します。

rimg1682
 

FMアンテナの取り付け

今回、カラス対策のついでにFMアンテナも取り付けました。
テレビのアナログ放送が終了して地デジ化が進むと同時に、VHF帯(FM含む)をブースト出来る家庭用のブースターが市場から姿を消してしまいました。
いまやどこのメーカーも作っていません。
FMをブースターでブーストして各部屋に配信したい場合、どのようにすれば良いのか?
いろいろな方法がありますが、オークションでVHF帯(FM含む)をブーストできる家庭用のブースターを落札して現在使用しているブースターと取り替えるの方法が一番簡単です。
しかし屋外に設置してあったブースターの耐久性を考えると今後長く使用出来るのか不安があります。
さらに別の方法を検討するとFMを地デジやBS/CSと混合して屋内に引き込み、共同受信用ブースターで増幅する方法もあります。
私の場合、各部屋に配信したいのでハブになっているメディアボックスにFMのケーブルを引き込むだけでなく、屋根裏の配線は既存の1本を使用する必要があるため屋内に引き込む前に地デジやBS/CSと混合する必要がありました。
幸い使用中のブースターはVHF帯(FM含む)をブースト出来ませんが混合することは出来るので、FMを地デジやBS/CSと混合して屋内に引き込み、共同受信用ブースターで増幅することにしました。
共同受信用ブースターは設置場所が屋内なので、家庭用ブースターのような過酷な環境で使われている訳ではなく、しかもオークションで中古を探しても数千円で手に入ります。
接続上ブースターを直列の繋いだ2重ブースターの状態ですが、地デジやBS/CSはアンテナマスト下で利得を最大になるように家庭用ブースターで調整して共同受信用ブースターのアッテネーターで-10dBした上で利得を最低に調整してあり、FMだけを共同受信用ブースターでブーストするように調整しています。

rimg1685

地デジ・BS/CS・FMを増幅できる家庭用のブースターが手に入らない、かつ地デジ・BS/CS・FMを別ケーブルでメディアボックスに引き込めない(新築した場合は多いと思う。)場合、家庭用ブースターに共同受信用ブースターを直列に接続した2重ブースターは理にかなっているような気がします。
というのは共同受信用ブースターだけで増幅すると地デジ・BS/CS・FMをミキサーで混合して減衰した信号を増幅することになり、2重ブースターよりS/Nが悪くなるのではないか?と予想するからです。
今回、大した投資をした訳ではなくFMもばっちり各部屋で受信出来るようになったため、結果には満足しています。
ちなみに家庭用ブースターへの電源は共同受信用ブースターが供給するようにし、家庭用ブースターの電源は外してしまいました。
とはいえ今年で10年目になる家庭用ブースターが壊れたら共同受信用ブースターだけでブーストしするしかないでしょうね。
その場合、FMを考慮した機器が無くなってしまう前に衛星ミキサー FM・VU+BS・CSのMXHCWD-Pだけでも確保しておいた方が良いのかもしれないです。
また、問題が出るとしたらBS/CSだけだと思うので、その時はBS/CSだけ家庭用ブースターでブーストすることになるかな?

 

アンテナのサイドベースでの取り付けの是非

ここからは余談であり、個人的な見解です。
最近サイドベースで家の壁や屋根の端にアンテナを立てるケースを良く見かけますが、あれは止めた方が良いと思います。

具体的には下の写真のようにサイドベースという固定金具を使ってアンテナを屋根の端や壁に取り付ける方法ですが、良く見かけますよね。
軟らかな木の土台に地デジアンテナだけじゃなく衛星アンテナまでサイドベースで取り付けてカラスに乗られた結果、わずかにアンテナマストが傾いたケースです。
えっ!傾いているの?と思う方は2本のアンテナマストを比較して見てください。
カラスに乗られた右のアンテナマストが傾いていることが分かると思いますが、衛星放送はこの程度の傾きで悪天候に弱くなったり映らなくなったりします。
まあ、カラスは余分ですが。

rimg1692

私が住んでいるところは電波の強さが中電界の地域で14~20素子の中型のアンテナを立てることが多く、この写真もそうですが長めのアンテナマストに中型のアンテナが取り付けてあり、サイドベースで取り付けるには余り良い条件とはいえない場所です。
そのため予めアンテナを固定するためにしっかりした補強を入れるか、距離が離れた2個のサイドベースでアンテナマストを固定するなら話は別ですが、そんなことを考えてアンテナを立てている人はほとんどいないと思います。

サイドベースによるアンテナの取り付けを止めた方が良い理由は簡単。
いづれアンテナマストが上の写真のように傾く危険性があるからです。
実際に家の周りを見回すとサイドベースで取り付けられて傾いたアンテナマストがすぐに見つかると思います。

では何故アンテナマストが傾くのか?
傘の金属の棒の部分をアンテナマスト、上部のビニールの部分をアンテナ、傘を持つ手をサイドベースだと仮定してください。
風が吹かない穏やかな日は片手で普通に傘を差すことが出来ます。
しかし強風が吹いているときに片手で傘を真っ直ぐさすことが出来ますか?
全ての人が傘の持ち手と根元の2箇所を両手で持って傘をさすはずです。
もし片手で傘を真っ直ぐさせるのであれば、とんでもない握力の持ち主です。
つまり「傘の持ち手と根元の部分の2箇所を両手で持って傘をさす」とは距離が離れた2個のサイドベースでアンテナマストを固定することであり、逆に一箇所でアンテナマストを支えるならサイドベースの取り付け部分に非常に大きな力がかかるので、しっかりした補強をいれないとダメということです。
つまりこれらの対策を行わないままサイドベースでアンテナを立てた場合、サイドベースの取り付け部分の壁や屋根が壊れてアンテナマストが傾く危険性があります。
もしそれが嫌なら屋根の上にウマを立ててアンテナワイヤーで固定する方法が良いと思います。

価格競争が激しいアンテナ工事において、強風でアンテナが傾く危険性を十分に説明しないまま安く工事が出来るサイドベースでの取り付けを行う業者が沢山いるのだろうと想像します。
増して地デジ放送と違って衛星放送はほんの少しでもアンテナの角度が変わっただけで映らなくなってしまうため、風の影響を受けやすい衛星アンテナをサイドベースで取り付けると今後テレビが映らなくなるリスクが大きい。

サイドベースを取り付ける場所の材質によってアンテナマストが傾くリスクが違ってきますが、比較的柔らかな素材である木は問題外としてサイディング等の硬い素材ならサイドベースで取り付けて良いのか?
サイドベースにかかる負荷は土台からアンテナまでの距離とアンテナの大きさ、風の強さに左右されるため一概にダメとは言えませんが、これなら大丈夫と線引きができない以上、屋根の上にウマを使って立てた方が良いのではないかと思います。

サイドベースで固定したアンテナマストが傾いたらどうするのか?
サイドベースを取り付けた家の壁や屋根の強度が弱くなって同じ部分に取り付けられないので別の場所に取り付けるか、壊れた部分を補修して同じところに取り付けるしかない訳ですが、新築した家なら絶対に嫌ですよね。
新築した家の見栄えを優先してアンテナが目立たないサイドベースで取り付けたというブログを時々目にしますが、良いのかなと疑問に思います。
施主が満足していれば良いとはいえ、壊れるのは数年先なのでその時に気がついても後の祭り。
家の経年劣化を理由に工事業者は補修してくれないでしょう。

家の屋根の上にウマを使ってアンテナを立ててもアンテナマストが傾くことがあるから同じことだろ?と反論があるかもしれませんが、この場合はアンテナワイヤーを張り直して傾きを調整すれば良いだけなので簡単に出来る作業であり、何よりサイドベースと違って壊れた家を補修する必要がありません。
その点でもサイドベースでのアンテナの取り付けは止めた方が良いと思います。
※ 冒頭でも申し上げたとおり、あくまでも個人的な見解です。

***** 2016年11月9日 追加 *****

カラス対策のアンテナを立ててから一ヶ月半経過しましたが、カラスがアンテナに留まっているのを見ていません。
スズメは一度留まっているのを目撃しましたが。
屋根の上に登ってアンテナ周りを確認しましたが、綺麗な状態でした。
ひとまず成功です。

また9月のUHFアンテナを交換したときに屋根瓦や衛星アンテナを含めて一通り清掃したので本来ならその時に気が付くべきでしたが、衛星アンテナのお皿の内部で腐食が始まっているみたいでした。
一見しただけでは判りませんが、塗装の下の金属が腐食して盛り上がってごつごつしています。
鳥の糞が原因なんでしょうね、いろいろと問題を起こしてくれます。
衛星アンテナを外してペーパーで擦って再塗装すれば良いと思いますが面倒なのでそのまま。
コンバーターの寿命もあるので、利得が落ちたり見れなくなったら衛星アンテナごと交換します。

さらにブースターの再調整を行いました。
現在2重ブースターの状態になっており、室内のブースターでUHFとBS/CSのアッテネーターを-10dBした状態でアンテナマスト下のブースターで利得調整していましたが、室内のブースターのアッテネーターを0dBに変更してアンテナマスト下のブースターで利得調整してみました。

rimg1761

ブースターの利得調整前後でテレビのアンテナレベルを見る限り値は変わりません。
東芝レグザ Z8000の説明書には安定して受信出来るアンテナレベルの目安を地デジが43以上、BSが36以上、CSが28以上としているため十分な値でしょう。
今までは利得を下げたくても屋根にらないと下げることが出来なかったのですが、今度は室内のブースターで上げ下げ両方の調整が出来るようになりました。
最も調整することはないと思いますが・・・

こちらは地デジのアンテナレベル。実測64(目安は43以上)

rimg1763

こちらはBSのアンテナレベル。実測60(目安は36以上)

rimg1764

こちらはCSのアンテナレベル。実測61(目安は28以上)

rimg1765

ONKYO D-200Ⅱ Liverpool ボロボロになったスピーカーエッジの修理

DIY | by 管理者
9月 12日 2016 年

ONKYO D-200Ⅱ Liverpool のエッジの修理

しばらく前にダイヤトーンのDS-200ZXをヤフーオークションで落としたばかりですが、今度はウーファーのエッジがボロボロになったONKYOのD-200ⅡLiverpoolを落として自分で修理しました。
これが修理前の写真ですが、修理前に写真を撮り忘れたため、ヤフオクに掲載された写真をそのまま載せています。

d-200

エンクロージャーから取り外したウーファーのエッジはこの通りボロボロ。
ゴム製のラバーエッジは硬くなって指で押すとポロッと折れてしまいます。

rimg1500

コーン紙に張り付いている固くなったラバーエッジは指の腹で折って大雑把に取り除き、細かな部分は15cmの金属製の定規を使って削り落としました。

rimg1512

また、金属フレームに張り付いているボール紙とラバーエッジは彫刻刀を使って削り落としました。

rimg1505

金属フレームに固くこびりついた接着剤はラッカーシンナーを塗布して接着剤を柔らかくしてから彫刻刀で削ったり指で擦ったりして落としました。

rimg1503

固くなったラバーエッジやボール紙等の不要な物を削り落として綺麗にした状態のウーファーです。
ウーファーの裏面にもラバーエッジが接着剤で張り付いていますが、これはそのまま残してあります。
何故ならエッジがウレタンであれば加水分解して粉のようになるのでナイフ等で簡単にこそぎ落とせますが、ラバーエッジは固くなるだけなので、簡単に剥がせないどころか無理に剥がそうとすると最悪ウーファーを壊してしまいます。

rimg1513

購入したウレタン製のスピーカーエッジです。
ウレタンエッジを購入するときにスピーカーの型番を相手に連絡してから購入しましたが、勧められたエッジは汎用品である為、若干外径が大きかったです。
おそらくこのまま使用しても問題かったと思いますが、今回初めての作業であり少しでも不安要素を減らしたかったため、外周を切り取って金属フレームに干渉しないように加工してから作業しました。

speakeredge

ホームセンターで販売されている木工用ボンドでウレタンエッジを貼り付けました。
黄色いパッケージの速乾性タイプと白いパッケージの普通タイプの2種類の木工用ボンドが販売されていますが、速乾性だと早く乾いて接着できない可能性があるので普通タイプの木工用ボンドを選びました。
木工用ボンドは昔から黄色のパッケージでしたが、今は色だけで判断すると失敗します。

rimg1524

ウレタンエッジの外周をカッターナイフで1~2mm切り取った為、エッジの形が歪んでいますが、フレームを固定するプラスチックの枠で隠れるため、問題ありません。
また、筆でウーファーや金属フレームにボンドを塗布して貼り付けるところを撮って紹介したかったのですが、余計なことをやっている間にボンドが乾いてしまうのが嫌なので割愛しました。
そのため、この部分の作業の写真がありません。
悪しからず。

rimg1516

ウーファーとウレタンエッジの境目を拡大するとこんな感じです。

rimg1519

これが完成したスピーカーです。
とてもシロートが修理したとは思えない綺麗な仕上がりです。

rimg1525

エッジを修理した左右のウーファーの拡大写真も掲載します。
少し傾いてしまいましたが、撮り直すのが面倒なのでこのまま・・・

rimg1526

rimg1527

修理した結果に大満足。

完全にボンドが乾くまで12時間経過してから音を出しましたが、修理したスピーカーからは素直で癖のない音がしました。
ONKYO D-200Ⅱ Liverpool の低音はダイヤトーン DS-200ZXほどキレがないけど下まで伸びています。
そしてボーカルは艶があって誇張しないところが良いですね。
逆にDS-200ZXは誇張し過ぎてハスキーに聞こえる。
元値が5万3千円のスピーカーなので、それなりの音がするとは思っていましたが、こんな音の良いスピーカーがわずか数千円で手に入ったので良い買い物をしたと思います。

パナソニック ドアホンのボタンの修理

DIY | by 管理者
9月 01日 2016 年

我が家のドアホンのボタンが壊れたのはこれで2回目。
前回と同じく「室内呼」ボタンが押せたり押せなかったりするようになりました。

RIMG1495

原因は分かっています。
何度もボタンを押していると一番弱い部分に負荷が掛かって疲労が蓄積し、いずれ折れてしまいます。
ボタンと枠の接続部分がこんなに細い部品なのであまり耐久性を考えていないのでしょうね。

RIMG1492

上の写真の部品だけ手に入れば良いのですが、下の写真にある外装パネル一式でないと手に入りません。
そのためちょっと金額が高い。

RIMG1468

ドアホンを分解するにはこのような特殊なドライバーが必要ですが、ネジを外すことさえ出来れば簡単に分解できます。

RIMG1469
 

RIMG1473

外装パネルの交換は難しくないですが、ドアホンの取り付け工事は電気工事士の免許が無いとやってはいけない工事なので、取り外しもそれなりにリスクはあります。
ブレーカーを切ってやれば・・・という話もありますので、私は深く言及しません。
業者に修理してもらうと15,000円はかかるでしょうから、個人の判断でお願いします。

古いINAXコンティスシャワートイレに最新式の温水洗浄便座の取り付け

DIY | by 管理者
8月 20日 2016 年

ウォシュレットのノズルが出てこなくなったので修理して欲しいと実家からの依頼があり、これが悪夢の始まり。
※ ウォシュレットはTOTOの登録商標なので、一般的な名称は温水洗浄便座です。INAXはシャワートイレと呼んでいますが、ここでは温水洗浄便座と呼びます。

実家で故障具合を確認するために温水洗浄便座を上に引っ張って取り外そうとすると、便器の前側から大そうな機械が出て来て、「なんじゃこれ、普通の温水洗浄便座と違う!?」

DC-9511S(AT1)
 

INAXのコンティスシャワートイレは温水洗浄便座と便器を組み合わせた製品でリモコン操作で便器洗浄できる当時としては高機能なトイレでした。
ちなみに実家のトイレの型番はC-9011SD/L12と便器に記されており、ネットで調べたところ便器部がC-9111SD・機能部がDT-9500Sだと分かりました。
温水洗浄便座の取替えなんてポン付けで交換できるから作業時間はたったの30分かな?なんて思っていたら、とんでもない。
使用中の古いトイレの温水洗浄便座の取り付け穴の間隔が240mmに対して現行の温水洗浄便座は140mmと違っており、簡単に交換できないことが発覚。
そのためにINAXは取り付け穴の寸法を現行の140mmに変換するための「便座交換キットCWA-103A」を提供しており、これを入手すれば簡単に取り替えられるはずでした。

しかし、今から3年前の2013年に「便座交換キットCWA-103A」は廃番になっており、どこを探しても無い。
ちなみに廃番になったCWA-103Aとはこんな製品です。

写真 CWA103A
 

「便座交換キットCWA-103A」が無いと温水洗浄便座の取替えが出来ないので、便器の取替えも一緒にやるつもりでトイレを確認すると・・・えっ・えっ・えっ?
便器が壁に埋没している。

R0016051
 

その昔トイレを和式から洋式に変更したときに同時にトイレ周りのリフォームをしたらしく、便器を取り付けてからタンクを覆うように壁を作ったらしい。
つまり便器を取り替えるためには壁を壊す必要があり、温水洗浄便座の交換をしたいだけなのに便器の交換どころか壁の補修まで入る大掛かりなものになることが発覚。
多分30~50万円コースかな?
もう、笑っちゃうしかありません。

「便座交換キットCWA-103A」の製作

そのため「温水洗浄便座の交換は無理。温水は出ないけど暖房便座として使うことは出来るから、あきらめてね!」と親に言ったものの寸法さえ分かれば簡単に作れそうだったので、廃番になった「便座交換キットCWA-103A」を作って温水洗浄便座だけを載せ換えることにしました。
そこでINAXのサポートにCWA-103Aの図面を提供して欲しいとメールでお願いしましたが、提供できないから便器ごと交換しろと冷たい回答。
仕方なく使えそうな情報をネットで探し回ってCWA-103Aモドキ?の図面を作製し、金属加工屋さんに取り付け穴間のサイズを変更するサイズ変換プレートの製作を依頼しました。
ちなみに私が書いた図面はこれです。

サイズ変更プレートの図面 ※ 要 Adbe Acrobat
 

そして金属加工屋さんに作製してもらったサイズ変更プレートがこれです。

R0016042
 

このサイズ変更プレートにスライドプレート(温水洗浄便座の固定部品)を取り付けるための金具がこれ。

R0016047
 

真ん中に穴が開いた四角形の金具は角ワッシャー28×28×t1.6でφ11の穴が空いており、ミスミに注文するときの型番はWSQS-STC-M10。
ミスミで購入できれば汎用の角ワッシャーなので安く手に入ります。
もしミスミと取引が無ければ金属加工屋さんにサイズ変更プレートと一緒に作ってもらえば良いでしょう。
サイズ変更プレートの加工で余った材料を一辺28mmの正方形に切り出して真ん中にφ11の穴を開けるだけですが、怪我をしないように角やバリを落とすように伝えてくださいね。
頭が薄い六角ボルトはステンレス製の六角穴付き極低頭ボルトM10*20。
これもミスミに注文しましたが、ホームセンターでも入手可能です。
ナットも同じくステンレス製でM10ナット、これはどこでも入手可能な普通の部品です。

 

温水洗浄便座の中に同梱されているスライドプレートをこのように固定します。

R0016044
 

INAXの「便座交換キットCWA-103A」にはボールタップ接続部に取り付けるための給水銅管が付属していますが、これは既製品であるカクダイのL型カップリング9086と1/2ネジ取り出しニップル9093で代用します。
ホームセンターに残っていた最後の1個の1/2ネジ取り出しニップル9093のパッケージはボロボロでしたが中身に問題が無いことを確認して買ってきました。

RIMG1394
 

ボールタップ接続部とネジ径が合わないので2つの部品を組み合わせて使います。

RIMG1396
 

リモコンで便器洗浄出来る温水洗浄便座の選定

今から19年前とはいえコンティスシャワートイレはリモコンで便器洗浄できる高機能タイプ。
そのため同等の機能を持ったモデルを現行製品の中から探すと価格の高いモデルしか無く、その中でも一番低価格な平付・隅付タンク用のCW-KA21QBを選定しました。
ちなみにINAXの製品カタログでコンティスシャワートイレのような密結式便器の場合はCW-KA21QAを選択するように記載されていますが、コンティスシャワートイレのタンクはタンク内に仕切りがある現仕様のタンクとは構造が違うため、タンクの外側にハンドルを動かすモーターを取り付けるCW-KA21QBにしないと水がモーターにかかって故障すると考えられます。そのため購入した温水洗浄便座は平付・隅付タンク用のCW-KA21QBです。
 

温水洗浄便座CW-KA21QBの取り付け

分岐水洗の取り付け方法や給水ホースの取り付け方法は製品に同梱の施工説明書や便座交換キットの施工説明書を参考にしてください。
タンクに取り付けるハンドルは多分古いものがそのまま使えますがCW-KA21QBには新しいハンドルが同梱されているのでそれに取り替えます。
「便座交換キットCWA-103A」にはタンク内でサービスタンク(蛇腹の部品)を外したときにタンク内の水が漏れないようにボルトとパッキンが同梱されていますが、入手出来なかったのでサービスタンクを切り取った後、サービスタンクの下部を切り取って元のとおりにタンクに取り付けると同時に穴をコーキング材で埋めて水がタンクの外に漏れないように対策しました。
上図が「便座交換キットCWA-103A」の施工図、下写真が実際の施工内容です。

sekou1

RIMG1381
 

ボールタップ接続部に取り付ける給水銅管(「便座交換キットCWA-103A」に同梱される部品)の代わりにカクダイのL型カップリング9086と1/2ネジ取り出しニップル9093を取り付けています。が、サービスタンクの上部を切り離すと中にストレーナーが入っているのでこれを1/2ネジ取り出しニップル9093に予め挿入してから取り付けます。
上図が「便座交換キットCWA-103A」の施工図、下写真が実際の施工内容です。

給水銅管

R0016067

ここでじっくり見比べると、施工図にはストレーナー挿入の指示が無いことに気が付きました。
ストレーナーとは給水部分からタンク内部に異物が入らないようにする丸い網目のフィルターでサービスタンクの上部に付いています。
コンティスシャワートイレではタンクに給水した水を温水洗浄便座に使っていましたが、施工後は分岐してからタンクと温水洗浄便座に給水するのでこの位置にストレーナーを付ける必要がなくなった訳ですね。
ストレーナーは今度取り付け予定の温水洗浄便座に内蔵しています。

サイズ変換プレートを便器に固定し、温水洗浄便座CW-KA21QBを取り付けます。

R0016057
 

これでコンティスシャワートイレに温水洗浄便座CW-KA21QBの取り付けは完了です。

R0016058

CW-KA21QBに同梱された新しいハンドルですが交換前のハンドルに比べるとタンクとモーターユニット間にあった1cm位の隙間がなくなりました。
ハンドル横の幅3cm位の白い箱の部分にモーターが内蔵されており、リモコンでモーターを動かして便器洗浄します。

rimg1453

INAXのサポートから「便座交換キットCWA-103A」が廃盤になったため、コンティスシャワートイレに最新の温水洗浄便座を取り付けることが出来ない、そして最新の温水洗浄便座を使いたければ便器ごと取り替えるように提案されましたが、廃番になった部品を自作することで取り付けることが出来ました。

取り付けに掛かった費用

温水洗浄便座 CW-KA21QBは楽天の住宅設備専門店で購入し、送料込み・税込みで35,499円。
便座を取り付けるために購入した材料は以下のとおりで10,000円程度、全部で45,000円程度で交換できました。

    ・M10ステンレスナット2個
    ・角ワッシャー28×28×t1.6 φ11穴 ミスミ型番 WSQS-STC-M10 2個
    ・ステンレス六角穴付き極低頭ボルトM10*20 ミスミ型番 SSHS-M10X20-VA 2個
    ・サイズ変更プレート(特注品) 1個
    ・L型カップリング カクダイ 9086 1個
    ・1/2ネジ取り出しニップル カクダイ 9094 1個
    ・シリコーンシーラント(タンク底部のコーキングに使用) 適量
    ・両面テープ 適量

過去に「便座交換キットCWA-103A」が4,000円程度で販売されており、それの同等品を自作して約10,000円かかりましたが、便器本体ごと交換することを考えれば十分に納得できる価格だと思います。

最後に私が書いた図面や独自の施工方法を掲載しましたが、同様の施工をする場合は自己責任でお願いします。
今回、私がサイズ変更プレートの作成を依頼した金属加工屋さんはニイタカアルミニウム製作所さんです。
図面を見せて制作依頼すれば多分作ってもらえると思います。

 

節水型の便器に交換した方が得だったのか?

今回便器交換しなかった理由は冒頭で述べたとおりですが、古いトイレを新型のトイレに交換する場合、節水型の便器に交換して水道料金を節約したいと誰もが思うはず。
私自身トイレのタンクが壁に埋没していることを知るまでは、節水型のトイレに交換することを考えていました。
そして壁を補修して金がかかることを承知で節水型の便器に交換していたら、後悔して多分工事のやり直しになっていたでしょう。
というのは、実家のトイレは下水から15~20m位離れた場所に作ってあって、時々トイレから下水の間の横配管内で詰まるため、詰まった時はその都度ホースをトイレから突っ込んで勢いよく水を流して詰まった物を押し流していました。
実家は古い家屋なので横配管の勾配(傾き)がきちんととれてなかったり、配管が汚れて流れが悪くなっている可能性があります。
コンティスシャワートイレの洗浄水量は9Lですが、これを5Lの節水型に変更したら、押し流す水の量が少なくなるので詰まる頻度が増加するでしょう。
考えただけでもゾッとします。
下水や浄化槽がトイレから近ければ節水型のトイレでも良いと思いますが、離れている場合や横配管で詰まることがある場合は絶対に止めた方が良い。
詰まり解消のために業者を呼んだり、小なのに大側にレバーを回して意図的に水を多く流して対策するので水道料金の節約どころか逆に金がかかることになります。
メーカーは節水型トイレのメリットばかり説明していますが、デメリットも説明するべきだと思います。

4年ぶりに庭のフェンスの修理完了

DIY | by 管理者
7月 11日 2016 年

今から4年前に壊されたフェンスの修理がようやく完了しました。
実は今までに2回もフェンスを壊されており、隣が畑なので2回とも耕運機にフェンスを引っ掛けられたことが原因です。
1回目は在宅中に壊されたのでその場で交渉して弁償させたのですが、2回目は不在だったので追求してもシラを切られて泣き寝入り。
また壊されるかもしれないからと今まで壊れたフェンスを紐で縛って放置していたのですが、さすがに格好が悪いので4年ぶりに修理しました。

業者に依頼したら4万円也。
これは1回目の修理でかかった金額です。
今回は自腹なので安く修理する方法を考え、ホームセンターでアルミの丸棒とインスタントセメントを買って約1000円の出費。

折れたフェンスの支柱にアルミの丸棒を半分だけ突っ込んでインスタントセメントで固定し、半分だけ支柱から突き出したアルミの丸棒をコンクリートブロックの中に突っ込んでこちらもインスタントセメントで固定。
つまり支柱とコンクリートブロックの中にアルミの丸棒が貫通しており、支柱とコンクリートブロックの中はインスタントセメントを充填してアルミの丸棒を固定している訳です。
ちなみにアルミの丸棒は回転防止と強度を考慮して2本入っています。
写真だとこんな感じです。
フェンスの支柱がコンクリートブロックのすぐ上でポキッと折れていたなんて分からないですよね。

R0015906

遠めに見るとこんな感じです。

R0015907

折れた支柱の隣にある支柱はフェンスを掴む金具がグニャリと曲がって外れておりましたが、曲がった金具を万力で固定してペンチで曲げて形を整えました。

broken parts

こちらが補修後です。
1.6mmのアンテナ線を張るステンレスワイヤーの余りがあったのでフェンスが支柱から外れないように補強してありますが、近くに寄らないと分からないです。

R0015908

シロート修理なので、折れた支柱が少しだけグラ付きますが、支柱の中に直径7ミリのアルミの丸棒が2本入っているので強風が吹いても折れたり曲がったりすることはないと思っていますがいかがでしょうか?
キレイに仕上がったので出来上がりには満足です。

玄関のカギの交換、LEDフットライトの交換、網戸の戸車の破損とトラブル続き。今回はDIYネタです。

DIY | by 管理者
7月 02日 2016 年

なんだか急に暑くなりましたね。今日から7月なので暑いのは当たり前ですが、今年の気候はやっぱりおかしい。
ホットコーヒー好きの私には、涼しい方がうれしいのですが、地球規模で気象がおかしくなっているのは心配ですね。
ところで欠品しているコーヒー焙煎機ですが、中核部品である回転ドラムが本日届きました。
しかし板金部品やモーターはまだ届いていません。
おそらくモーターが一番時間が掛かりそうです。
今の内にやれるところはやっておこうと思っていますが、コーヒー焙煎機とは関係ないところでとトラブルが頻発しており、今回のブログのテーマは身の回りで発生しているトラブルのDIYネタです。

家を新築して10年経ちますが、ここ一ヶ月の間にポロポロと太陽熱温水機のタンクから水漏れ、玄関のカギが引っかかって回らない、LEDフットライトのランプ切れ、網戸の戸車の破損と立て続けに壊れました。
たった一ヶ月ですよ。
何かに取り憑かれているのではないか?と思うくらいです。

玄関のカギの交換 ※PRシリンダからカバエースへ

我が家の玄関のカギは美和ロックのPRシリンダですが、上下のシリンダともカギが引っかかって回らないトラブルが発生しており、ここ10年の間に上側のシリンダは2回目の交換になるので5年に1回の頻度で壊れていることになります。
2個のシリンダともに内筒からシリンダ本体を取り出して汚れを綺麗に落としてもカギの引っかかりが治らないので、カギが引っかかる原因は汚れではなく何度もカギを抜き差しする間にシリンダ内部に11個あるタンブラーのどれか1個が磨耗してロッキングバーを収納するミゾが僅かにズレたため、ロッキングバーと干渉してトラブルが出ていると推測されます。

RIMG1234

最近のシリンダはカギの理論鍵違い数を競っており、このPRシリンダも1000億通りあると美和ロックは宣伝していますが、そのために金属部品にシビアな加工精度が要求され、タンブラーがコンマ?ミリ磨耗しただけでカギが引っかかって回らなくなってしまったのではないか?と推測されます?
それが事実ならカギの理論鍵違い数を1000億通りから10億通りに極端に減らしたところでセキュリティ上全然問題ないので、理論鍵違い数を減らす代わりに部品同士のクリアランスを大きくすれば、もっと寿命の長いシリンダーになったのではないだろうか?と思いました。
しかし、長く使用されるとメーカーもカギ屋も儲からないので、ある程度使用すると壊れるように出来ているのでしょうね。
意外だと思うかもしれませんが、PRシリンダはカギを抜き差しするときにタンブラが磨耗します。カギを回す時ではありません。
メーカーはカギの理論鍵違い数とか耐ピッキング性能とか耐かぎ穴壊し性能だけじゃなく、カギを抜き差し出来る回数も公表するべきでは?
さすがに5年ごとの交換では寿命が短すぎるので、別メーカーのシリンダに交換してみました。

RIMG1302

日本では美和ロックのシリンダがデファクトであるため、このシリンダのリプレースメントシリンダが様々なメーカーから発売されています。
今回取り付けたシリンダはディンプルキーの元祖KABA社製シリンダのKaba ace
おそらくヨーロッパで販売されているKABA Gemimi Plusを日本向けに小変更したタイプと思われます。
同一キーで開施錠できるシリンダ2個にカギが6本ついて約8,000円とかなりリーズナブルな価格。
しかしメーカー特注品であるため、注文してからシリンダーが納品されるまでに3週間も掛かったのには参りました。
そのまま取り替えるだけで使えるリプレースメントシリンダだけあって、2個のシリンダーの取り付けにかかった時間はたったの30分。
今度のシリンダの耐久性は?ですが、内部のコアシリンダだけの取替えが出来るタイプのシリンダなので次回は交換費用をさらに安く抑えることができます。
兎に角カギが引っかかる・回らない等のトラブルがあれば鍵穴専用スプレーを使って症状が改善されるか確認し、ダメであれば症状が軽い内に自分で交換すると安く済みます。

RIMG1311

LEDフットライトの交換

LEDの寿命は40,000時間といわれていますが、寿命が尽きて完全に消えたり薄ぼんやりと点灯したりするものが出てきたので交換しました。
これが交換前のフットライト National LBJ70096。

RIMG1312

これが交換後のフットライト Panasonic LBJ70076 。

RIMG1318

後継機種にモデルチェンジしたことで色合いがオレンジから白色系のオレンジに変わっていますが、一目ではっきり分かる程明るさが違います。
こちらは寿命が来て取り外したLEDフットライト達。

RIMG1319

そして役目を終えたLBJ70096を分解してLEDの基盤を取り出してみました。
LEDフットライトの価格はせいぜい2,000円なので高いものじゃないんだけど、このLED基盤だけ売ってくれれば本体がゴミにならないんだけどな。

RIMG1326

網戸の戸車の交換

こちらは交換前ですが、樹脂が劣化したボロボロの戸車です。

RIMG1324

ことの起こりは昨日の「キュー」という音を聞いたとき。
さすがに何事かと思いました。
家中の南面の網戸の戸車が特に酷いですが、北面の網戸の戸車も細かいひび割れが見えたので、家中の網戸を数えて注文しましたが注文した数は17セット(計34個)、約8,000円也。
これは時間を作って少しづつ交換していきますが、格子の付いた網戸はどうやって交換するんだろ。
考えてなかった。

※ 今日は7月18日ですが、新しく記事を書くほどでもないので、ここに追加です。 ※
届いた網戸の戸車はリニューアルされて色が黒に変わっており、それに対して外した戸車は下の白色。
全ての戸車がペンチで掴んだだけで簡単に潰れるほど脆くなっており、この10年間の間に紫外線に晒されて耐久性がなくなってしまったようです。
白い今までの戸車にはあったスプリングが無くなっていたのでコストダウンされた痕がありますが、代わりに紫外線に対する耐久性が向上していることを期待。

RIMG1345

この箱の中に全部で17枚の網戸、計34個交換した古い戸車の残骸です。
大変だったけど、丸二日掛かりました。

RIMG1348