2013 年 3 月

ただいま珈琲焙煎機のマニュアルを修正中です。

製品の完成から販売 | by 管理者
3月 31日 2013 年

ブログやホームページで最新の情報を見ていただいている方には不要かもしれませんが、1年ぶりにマニュアルを修正しています。

修正が完了したら、サーバーにアップロードします。

マニュアル

 

 

変更点は、昨年確立した「蒸らし焙煎」に関する記述。

今、思い起こせばこの焙煎方法を調査するために半年近く試行錯誤したのかな?

この焙煎方法と火力と温度管理の方法を確立出来たので、今の私の味覚のレベルであれば、ほとんど不満はありません。

それでも不満点を挙げるとしたら、気温でガスボンベのガス圧が変わり火力に影響することと、カセットコンロなので完璧な火力調整ができないこと。

これらの欠点は気温の低い冬はガスボンベを暖めてから焙煎したり、コンロのメモリ盤に数字を刻んだりして、完璧じゃないけど創意工夫で実用できるものになっております。

そして、おおよそ予想したとおりに珈琲が焙煎出来ますが、時々「こんなハズじゃないのに?」って仕上がるときがあって、これはこのような条件の違いが積み重なって、焙煎したときの珈琲の出来上がりをブレさせる原因になっているのだろうと思っています。

 

前回焙煎したときのお話ですが、「あれ、今回は1ハゼが長かったな、それなら少し長めに焙煎しようか。出来上がった珈琲豆の色はいつもと変わらないんだけど、飲んでみると、ちょっと酸味が強いな。」

このようなことも新しい発見だと思っているし、こんな複雑な味も良いんじゃない?なんて思ったりして、それが自家焙煎の楽しみなんだろうと思っています。

 

さて、今回マニュアルを書いていて、物事を正しく書いて伝えるってことは本当に難しいと思いました。

動画を見てもらえばすぐに理解できることを、文章にすると複雑な言い回しになってしまい、書いている自分の方が混乱してしまいます。

使用方法や注意点を正確に伝えることがマニュアルの目的なので、初めはシンプルな文章でも言葉を補っていくと複雑怪奇な文章になってしまい、動画見た方が分かり易いから読んでもらえないな?なんて思いながら、本当に伝えたい事はこのブログに書いてきたような珈琲を自家焙煎する面白さだったりします。

焙煎中

間もなくコーヒーロースターの販売を再開できます。ついでに少し大変だったけど熱電対も交換しました。

温度計やコンロや小道具, 製品の完成から販売 | by 管理者
3月 29日 2013 年

部品が揃ったのでコーヒーロースターを作成中です。

間もなく、販売を再開できます。

作成1

 

モーター関連のユニットです。

作成2

 

 

熱電対の交換

温度計の熱電対が傷んでいたので、交換しました。

下の写真は古い熱電対のコネクタの形状です。

古い熱電対のコネクタ

 

今回購入したK型熱電対ですが、コネクタの形状が違います。

購入した新品の熱電対

 

左のコネクタがこの温度計に付属する汎用コネクタのMS3203なので、このコネクタに熱電対を取り付け直します。

コネクタの形状が違う

 

この汎用コネクタの中に熱電対の線端を挟む小さな部品がありましたが、この部品は使い難いので取り除いてネジ止めして固定しました。

また、結び玉を作って簡単に抜けないようにしてあります。

取り付けた熱電対

 

コネクタを外すときにカバーだけが外れるので、インシュロックでコネクタを固定しました。(ちょっと不恰好)

結束バンドで固定

 

 

*** 2013年10月19日 追加 ここから ***

実はこんな大がかりな改造をしなくても熱電対を汎用コネクタのMS3203に取り付け出来ることが分かりました。

このMS3203には穴が開いており、黄色の端子をそのまま差し込むことが出来ます。

コーヒーロースターをご購入して頂いたお客様から指摘されて、初めて気が付きました。

そのまま取り付け可能なMS3203

 

もう少し深く考えていれば、こんな無駄な改造をする必要は無かったのですが・・・

ということで、より簡単な方法で熱電対の交換が出来ます。

是非、お試しください。

私は・・・、今更もとに戻すのが面倒なので、改造したままの状態で使います。

*** ここまで ***

 

 

取扱い説明書の改訂

今日、製品出荷の準備をしているときに、取扱い説明書を見ると、以前のロースト方法しか掲載していないのが気になりました。

現在ホームページやブログでは「蒸らしのロースト」を紹介していますが、取扱い説明書に掲載したロースト方法はそれ以前のものなので、火力も火力調整するタイミングも全然違います。

早急に取扱説明書を改訂しようと思います。

それまではホームページやブログでロースト方法を確認していただくようにお願いします。

 

*** 2013年3月31日 追加 ***

コーヒーロースターの販売を再開しました。部品が揃ったのでコーヒーロースターを作成中です。

間もなく、販売を再開できます。

作成1

 

モーター関連のユニットです。

作成2

 

 

熱電対の交換

温度計の熱電対が傷んでいたので、交換しました。

下の写真は古い熱電対のコネクタの形状です。

古い熱電対のコネクタ

 

今回購入したK型熱電対ですが、コネクタの形状が違います。

購入した新品の熱電対

 

左のコネクタがこの温度計に付属する汎用コネクタのMS3203なので、このコネクタに熱電対を取り付け直します。

コネクタの形状が違う

 

この汎用コネクタの中に熱電対の線端を挟む小さな部品がありましたが、この部品は使い難いので取り除いてネジ止めして固定しました。

また、結び玉を作って簡単に抜けないようにしてあります。

取り付けた熱電対

 

コネクタを外すときにカバーだけが外れるので、インシュロックでコネクタを固定しました。(ちょっと不恰好)

結束バンドで固定

 

 

*** 2013年10月19日 追加 ここから ***

実はこんな大がかりな改造をしなくても熱電対を汎用コネクタのMS3203に取り付け出来ることが分かりました。

このMS3203には穴が開いており、黄色の端子をそのまま差し込むことが出来ます。

コーヒーロースターをご購入して頂いたお客様から指摘されて、初めて気が付きました。

そのまま取り付け可能なMS3203

 

もう少し深く考えていれば、こんな無駄な改造をする必要は無かったのですが・・・

ということで、より簡単な方法で熱電対の交換が出来ます。

是非、お試しください。

私は・・・、今更もとに戻すのが面倒なので、改造したままの状態で使います。

*** ここまで ***

 

 

取扱い説明書の改訂

今日、製品出荷の準備をしているときに、取扱い説明書を見ると、以前のロースト方法しか掲載していないのが気になりました。

現在ホームページやブログでは「蒸らしのロースト」を紹介していますが、取扱い説明書に掲載したロースト方法はそれ以前のものなので、火力も火力調整するタイミングも全然違います。

早急に取扱説明書を改訂しようと思います。

それまではホームページやブログでロースト方法を確認していただくようにお願いします。

 

*** 2013年3月31日 追加 ***

コーヒーロースターの販売を再開しました。

珈琲豆タンザニア・オルディアニの焙煎とパンケーキとのコラボレーション

タンザニア・オルディアニ | by 管理者
3月 25日 2013 年

今回の焙煎は、1ハゼがいつもより長めで2分47秒続きました(いつもは2分以下)。温度の上がる速度が少し遅かったので、全体的に火力が弱めだったかもしれないです。
試飲すると、いつもと比べて若干酸味が強かったのが気になりました。
少し暖かかったので「春だなー」なんて思いながらガスボンベを湯煎しなかったんだけど、それが原因でしょうか。

 

 

今回焼いたタンザニア・オルディアニで焼きムラやシワが多いのは、この豆の特性で折り込み済みです。

タンザニア

 

 

いつものようにコーヒー焙煎中の撮影。

温度計のMS8221Cとフードを珈琲焙煎機に装着しています。

 

珈琲焙煎機

 

 

タンザニア・オルディアニ 100g 2013年3月24日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 23 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 54
2分 77
3分 96
4分 112
5分 127
6分 141
7分 155
8分 167
9分 178
10分 189
11分 200
12分 211 1.7→2.4
2.4→1.2
12分ジャストに火力を2.4に上げた
12分15秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
13分 226
14分 232 1.2→0.1 50% 14分10秒で1ハゼが来た。1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
235度で火力を1.2→0.1に下げた。
15分 234
16分 223 16分57秒で1ハゼ終了
17分 208 17分44秒で焙煎終了

 

 

パンケーキとのコラボレーション

今日焼いたパンケーキと珈琲のコラボレーションです。

このパンケーキは卵白を泡立ててメレンゲから作った4段積みの手作りパンケーキ、名古屋名物の小倉トーストにヒントを得て小倉パンケーキにしてみました。

ケーキシロップをかけると甘すぎるかと思いましたが、そうでもなく、珈琲とのバランスも良かったです。

参考にしたレシピはこれ。

パンケーキとのコラボ

春を感じた、グアテマラ・アンティグア ピーベリーのコーヒーロースト

グアテマラ・アンティグア ピーベリー | by 管理者
3月 17日 2013 年

今日ローストしたのがグアテマラ・アンティグア ピーベリー、見てのとおりラグビーボールのような形をした珈琲豆です。

いつもよりちょっとだけ深めにローストしています。・・・18分30秒で終了

グアテマラ・アンティグア ピーベリー

 

 

これはアップで撮影しています。

ビーベリーはこんな珈琲豆

 

今日は、暖かかったです。

ロースト中に勝手口からドアを開けると、庭でたんぽぽが咲いており、すっかり春めいてきました。

持っていたコンパクトカメラで思わず撮影。

気分も良いし、ツイッターで「ローストナウ」なんてやろうかと思いましたが、1分ごとに温度を計測しているのでロースト中の実況中継はやっぱり無理。

春だなー。

 

 

下の写真は、珈琲をローストする前に作った今日の朝食のパンケーキ3段重ね。

無塩バターとメイプルシロップをたっぷりかけています。

もちろん市販のホットケーキミックスなんて使わないで卵白を撹拌してメレンゲから作りましたが、ふわふわでメチャウマ。

手間はかかるけど、その分美味しければ納得だよね。

いつものように珈琲と一緒に撮影したかったけど、娘が腹減ったって急かすものだから、パンケーキだけでピンの撮影です。

レシピはこっち

メレンゲで作ったパンケーキ

※ バターには有塩と無塩があるけど、有塩にしておくと融通が利きます。塩を足すことは簡単にできても抜くことは簡単じゃないですから。

実家の母は塩分を控えてるくせに、昔から有塩バターを使い慣れているからなのか、いくら説明しても分かってもらえない。

 

 

こちらは今回のローストデータです。

ロースト開始直後の温度の上昇スピードがいつもより速いのは、気温が高かったことと、ガスボンベの湯煎が理由かな。

グアテマラ・アンティグア ピーベリー 100g 2013年3月17日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 21 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 68
2分 95
3分 112
4分 126
5分 140
6分 149
7分 162
8分 175
9分 185
10分 196
11分 207
12分 217 1.7→2.4
2.4→1.2
12分ジャストに火力を2.4に上げた
12分15秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
13分 228 1.2→0.1 50% 13分35秒で1ハゼが来た。1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
235度で火力を1.2→0.1に下げた。
14分 234
15分 216
16分 207
17分 202
18分 204 18分30秒でロースト終了

 

コロンビア クレオパトラSPのコーヒーロースト、綺麗に焼けると気持ち良いですね。

コロンビア・クレオパトラSP | by 管理者
3月 12日 2013 年

まともなコーヒーローストを久しぶりに行いました。

 

「まとも」っていうのは、前回のローストは高火力で焼いてコーヒー豆の傷み具合をテストしたためです。そして「久しぶり」というのは、前回の「まとも」なローストが2月17日だったので、約3週間ぶり!?

今回も2月17日と同じく、コロンビア クレオパトラSPを100gローストしました。

 

コロンビア クレオパトラ SP

 

 

今回のローストでも、ガスボンベを少し温めてから行いましたが、その割に回転ドラム内の温度が若干上がりにくかったですね。

しかし、不思議なことにローストを終了する時刻はいつもと同じで17分くらいになります。・・・今回は17分30秒で終了

上のコーヒー豆をアップで撮影するとこんな感じに綺麗にローストできています。

ここまで綺麗にローストできると気持ちいいですね。

コロンビア クレオパトラSPをアップで撮影

 

 

いつものロースト風景です。

写真がななっめているように見えるのは気のせい?

下の写真は小型、家庭で使用できるコーヒーロースターです。

コーヒーロースター

 

 

今回ローストしたときのデータを以下に掲載します。

コロンビア クレオパトラ SP 100g 2013年3月12日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 56
2分 83
3分 101
4分 117
5分 129
6分 141
7分 153
8分 165
9分 175
10分 186
11分 195
12分 203 2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた
13分 221 2.4→1.2 13分15秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 231 1.2→0.1 50% 14分30秒で1ハゼが来た。1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
235度で火力を1.2→0.1に下げた。
15分 232
16分 222 16分10秒で1ハゼ終了
17分 209 17分30秒でロースト終了

 

今回も12分後に火力を上げる方法で行いましたが、匂いも味も良くて安定しており、お勧めです。

 

おまけです。

今回は「さあ今から始めるぞ!」って時にガスボンベが無くて、ロースト開始前にホームセンターまで買いにいくことになってしまいましたが、原因は嫁が鍋料理に使っていたという落ちが・・・

自分も飯を食っているから文句言えないんですが、使うなら使うと一声かけてくれるとありがたいな~!(小さな声で文句をボソッ・・・)

相性抜群の珈琲エチオピア・イリガチャフとレアチーズケーキ、柑橘系のコラボレーション。

その他の記事 | by 管理者
3月 07日 2013 年

昨日ブログを書いているときに突然ウイルス入りのメールが届いて、記事の執筆が中断していましたが、今日はその続きです。

 

相性抜群のイリガチャフとレアチーズケーキ

この写真は手作りのレアチーズケーキと自家焙煎した珈琲の「エチオピア イリガチャフ G-1 コチャレ ナチュラル」です。

この珈琲の焙煎日は2月8日なので、今から約4週間前ですね。

暫く前に高温で珈琲豆を焙煎したら何日でダメになるのか?なんて実験をしましたが、イリガチャフのように上手に焙煎すると4週間前の珈琲でも全然余裕でOKです。

当然、珈琲豆に油も浮いていないし、ほのかに柑橘系の香りがするイリガチャフです。

ここでちょっと一言、知らない人の為に。

この「エチオピア イリガチャフ G-1 コチャレ ナチュラル」という珈琲豆はフローラルのような柑橘系のほのかな香りがする珈琲です。

そのため、かなり人気があります。

 

 

考え方次第かな!?

このコラボレーションはかなり贅沢ですよね。

しかし、外で飲めば高価なスペシャリティ珈琲でも、自分で焙煎して珈琲にするとタダみたいなもの。

私は珈琲をお代わりするのが面倒なので、珈琲カップ1.5杯分くらい入るマグカップに入れて飲んでいます。

そして、この柑橘系の香りのするイリガチャフとレモンの香りのするレアチーズケーキとの相性も抜群です。

レアチーズケーキ

 

 

さて、珈琲焙煎を嗜む余裕があれば、お菓子作りも余裕でこなせますよ。・・・たぶん!?

私は趣味でやっていますが、一度試してみてはいかがでしょうか?

レアチーズケーキは混ぜて固めるだけなので、お菓子作りの中では比較的簡単な部類に入ると思います。

ちなみにレシピはココです。

 

上手に作れば、奥様や娘さんから尊敬の眼差しで見られるかもしれません。

今回で2回目のチャレンジですが、前回の失敗の轍を踏まないように、①攪拌は電動ハンドミキサーを使い、②カットするときはナイフを暖めてから行いました。(暖めないとチーズがくっついて汚くなります。)

もちろん、今度はケーキをひっくり返さないように十分注意して冷蔵庫に戻しました。(°O゜)☆\(^^;) バキ

ホームページに「上手に焙煎できないとき」のページを追加し、メニューを作り直しました。ちょっとだけ自己満足!

ノウハウ | by 管理者
3月 01日 2013 年

ホームページに上手に焙煎できないときのページを追加しました。

今までこのブログで書いてきたことばかりですが、コーヒーのローストに失敗したときの情報を纏めてあります。

 

上手にコーヒーがローストできない時は、このページをご覧になってください。

そして、このページは都度更新をかけていきます。

 

また、ホームページの画面左側のメニューを作り直しました。

ほんの少しだけカラフルに見やすくなったので、自己満足!?です。

 

P.S.

昨日からFirefoxで画面表示したときに、その画面をスクロールすると文字が滲んで崩れます。

とても実用に耐えない酷さです。

IE9やChrome、Operaでは問題なし。

昨日Firefoxのアップデートがあったので、おそらくそれが原因ですが、バージョンを19.0→18.0→20.0にしても解消されないので、どなたか解決方法を知っていれば教えていただきたく。

OSはWindows7 64bitです。

 

Yahooのトップページですが、このように文字が滲みます。

firefoxの文字が滲む