2013 年 12 月

2013年大晦日、今年最後のご挨拶です。

その他の記事 | by 管理者
12月 31日 2013 年

ほんの少し前に暑い、暑いと連呼していた2013年も12月31日の今日でお仕舞いです。

最近は本当に日が経つのが早くて、1年前に家族全員で近くの神社までお参りに行った記憶が今でも鮮明に残っており、本当に1年経ったのか自分でも信じられないくらいです。

 

 

実は、つい先日まで風邪をひいて4日程度寝込んでいた為、その間にコーヒー豆が無くなってしまい、新たにコーヒー豆をローストする気力(体力)すらなく、目の前のコンビニで最近話題の「コンビニ・コーヒー」を買って来てもらって、初めて飲んでみました。

 

味は、アルミ包装でパッケージされたコーヒーカップの上に載せてドリップするタイプのコーヒーより上ですね。

「挽きたて」をうたって新鮮さをアピールしているだけのことはあるな!なんて思いました。

「コンビニ・コーヒー」が至る所にあるコンビニで販売されていることを考えると、缶コーヒーなんて不味いものは自動販売機でしか売れなくなるのだろうと思います。

大変な時代になってきました。

 

 

さて、コーヒーロースターの販売を開始してから既に1年半が経過し、大きなトラブルも無く使って頂いているようなので、開発者として安堵しております。

先に書いた「コンビニ・コーヒー」の注目と共に、高品質なコーヒーに世間の目が向くようになれば、もっと多くの人が「自分でコーヒーをローストして楽しみたい」という思いに繋がっていくのだろうか?なんて思っています。

コーヒーのローストは、電気炊飯器で米を炊くように誰でも簡単に出来るものではなく、いつもと同じようにローストしているのに納得できない失敗が時々有り、難易度の高い趣味です。

しかし、上手にロースト出来るようになると、ローストするたびに微妙に味の違いを楽しめるようになります。

その違いが面白いと感じるようになると、あなたは泥沼にはまった立派な焙煎マニアです。

さて、今年はどの位の多くの人と、この面白さを共有出来たのでしょうか?

今年1年間ありがとうございました。

どうぞ良い年をお迎えください。

ここ1ヶ月に焙煎した4種類の珈琲豆の焙煎結果

エチオピア イリガチャフ G-1, パプアニューギニア シグリAA, ブラジル トミオ・フクダ ブルボン, マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール | by 管理者
12月 06日 2013 年

今日は「パプアニューギニア シグリAA」と「マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール」の2種類を焙煎しましたが、11月16日に「ブラジル トミオ・フクダ ブルボン」、11月28日に「エチオピア イリガチャフ G-1」を焙煎しているので、それも一緒に焙煎した時の結果を掲載しています。

電動珈琲焙煎機

 

 

焙煎した「パプアニューギニア シグリAA」と「マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール」を保存ビンに入れて撮影。

100円均一で買った保存ビンですが、カスタードクリームやジャムを保存するためにストックしてあるので割と沢山有ります。

「パプアニューギニア シグリAA」と「マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール」

 

 

焙煎する時はいつも経過時間と温度を記録していますが、マンデリン・スーパーグレード・プロアドミールの焙煎中に突然買ったばかりのシャープペンシルの芯が出てこないハプニングが発生。

しかもが発生した時刻は焙煎開始から14分経った後なので、調度1ハゼが来るタイミング。

慌てて代わりの筆記具を探したけど見つからず、仕方なく近くにあった油性マジックで記録再開。

そのため、マンデリン・スーパーグレード・プロアドミールの1ハゼの始まりと終わりの時刻が分かりませんでした。

・・・いつの間にか始まって、終わっていた。

メモ出来ないハプニング

 

そして珈琲の焙煎が終わってからシャープの芯が出ない原因を探ったら、買ってきたシャープペンシルが0.3mmの製品だったという笑えない話。

0.3mmのシャープに0.5mmの芯を入れたら、いくらノックしても芯は出ないよね。

これ余談だけど、夕方になってから0.3mmのシャープの芯をホームセンターで見たら、たった15本しか入ってないのにビックリする程高かった。

しかも0.3mmのシャープペンシルを2本も買ってしまったので、アマゾンでシャープペンシルの芯3個入りをポチりました。

 

 

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン 100g 2013年11月16日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 24 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 54
2分 80
3分 96
4分 112
5分 125
6分 139
7分 151
8分 164
9分 176
10分 186
11分 197
12分 206 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 222 2.4→1.2 13分10秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 230 50% 14分6秒で1ハゼが来た。
1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
15分 223 15分38秒で1ハゼ終了
16分 213
17分 214 17分30秒で終了

 

ブラジル トミオ・フクダ ブルボン

 

 

 

エチオピア イリガチャフ G-1 100g 2013年11月28日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 21 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 53
2分 78
3分 96
4分 113
5分 127
6分 140
7分 152
8分 164
9分 174
10分 183
11分 192
12分 200 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 217 2.4→1.2 13分31秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 227
15分 231 50% 15分9秒で1ハゼが来た。
1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
16分 229
17分 221 17分17秒で1ハゼ終了
18分 215 18分で終了

 

エチオピア イリガチャフ G-1

 

 

 

マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール 100g 2013年12月6日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 23 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 53
2分 76
3分 94
4分 107
5分 121
6分 134
7分 146
8分 158
9分 171
10分 181
11分 191
12分 201 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 221 2.4→1.2 13分11秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 211
15分 233
16分 219
17分 211
18分 215 18分で23秒で終了

 

焙煎完了した珈琲豆を保存ビンに入れてから撮影。

マンデリン・スーパーグレード・プロアドミール

 

 

 

パプアニューギニア シグリAA 100g 2013年12月6日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 39 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 58
2分 79
3分 98
4分 114
5分 127
6分 142
7分 154
8分 166
9分 177
10分 186
11分 196
12分 206 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 223 2.4→1.2 13分8秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 232 50% 14分8秒で1ハゼが来た。
1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
15分 223 15分56秒で1ハゼ終了
16分 214
17分 216 17分で30秒で終了

 

焙煎完了した珈琲豆を保存ビンに入れてから撮影。

パプアニューギニア シグリAAA