2015 年 5 月

室温25度、暑くなってきたのでコンロのヒートパネルを外した方が良さそう!?

パナマ・ゴールデンビートル, マンデリン・シナール | by 管理者
5月 14日 2015 年

パナマ・ゴールデンビートルとマンデリン・シナールの焙煎

今日はパナマ・ゴールデンビートルとマンデリン・シナールを200gづつ焼きましたが、パナマはなんともなかったもののマンデリンは1ハゼが終わって暫くたった時にいつの間にかカセットボンベが外れていました。

本日の室温は25度。
ヒートパネルを伝導したバーナーの熱だけでなく、高くなった室温との相乗効果でカセットボンベを温めすぎたことが原因ですが、そろそろコンロのヒートパネルを外した方が良さそうです。

焙煎中

パナマ・ゴールデンビートルは、2ハゼまで引っ張ろうと思いましたが、良い感じで色づいてきたので20分で終了しました。

パナマ・ゴールデンビートル

マンデリンは19分39秒から2ハゼが始まりまりましたが、今回はその約2分後に焙煎を完了しています。
毎回どのタイミングで珈琲焙煎を止めようか迷うところですが、今回は前回マンデリンを焼いたときより若干早めに切り上げたつもり。
どんな出来上がりになったか楽しみですね。

マンデリン・シナール

マンデリンを焼いている最中にコンロの炎を撮影してみました。
1ハゼ前の最も火力が強いときに撮影したものですが、かなり強火力で焼いていることが良く分かります。
もちろん始終こんな強火力で焼くと焦げて悲惨な結果になるので、途中で火力調整しています。

火力

 

パナマ・ゴールデンビートルの焙煎データです。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 28 2.2 0% 豆は初めから投入
1分 62
2分 89
3分 110
4分 127
5分 143
6分 155
7分 168
8分 179
9分 189
10分 198 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 213 3.0→1.7 11分56秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 225
13分 231 40% 13分14秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
14分 227
15分 224 15分16秒で1ハゼ終了
16分 221
17分 222
18分 221
19分 221
20分 222 20分で終了

 

マンデリン・シナールの焙煎データです。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 35 2.2 0% 豆は初めから投入
1分 75
2分 107
3分 124
4分 141
5分 158
6分 167
7分 179
8分 187
9分 198 2.2→3.0 9分ジャストに火力を3.0に上げた。
10分 209 3.0→1.7
11分 221
12分 224 12分5秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
13分 230 40% 13分33秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを50%に変更した。
14分 233
15分 231 15分27秒で1ハゼ終了
16分 228
17分 223
18分 223
19分 225 19分39秒で2ハゼが来た。
20分 223
21分 221 21分で終了

 

ちょっと硬めだけどまあまあの出来!自家製バームクーヘン。

バームクーヘン | by 管理者
5月 09日 2015 年

どうせ焼くなら、納得できるものを目指せ!

比較のため、ユーハイムのバームクーヘンを買ってきて試食すると、自分が作ったバームクーヘンは食感や味や匂いが全然ダメ。
材料は良いもの使っているはずなんだけど、ホットケーキのように粘りがあってバームクーヘンとは違う。固めのホットケーキみたい。

そこで、焼き方や温度、材料を研究して何度かテストしたところ、まあまあの出来になってきました。
それがコレ。

焼き上がり

このくらいの年輪だと生地を付けた回数が18回、約40分かけて焼いています。

自家製バームクーヘン

現段階でユーハイムのバームクーヘンと比較するのは無理があるけど、逢えて比較するとバターの香りが足りない。
これはテストでバターを沢山使ったらもったいないので、少な目にしています。だから当然の結果。
そして甘みが足りないけど、砂糖の量を増やせば良いだけなので大した問題じゃない。

問題は食感。

少しパサついて硬い。そしてしっとりしていない。
コーンスターチの量が多かったか、若しくは焼く温度が高過ぎたか、卵の量が多くて生地が緩かったか、これらに原因があるかも。
以前のようなネチャネチャと粘る感覚がなかったので、これは大きな前進。

ユーハイムのバームクーヘンに目標変更

ユーハイムのバームクーヘンを食べたら、フワフワ生地のクラブハリエのバームクーヘンより好みだとあらためて気づきました。
そこで目標をユーハイムのバームクーヘンに変更です。

何度か自分でバームクーヘンを焼いてテストを重ねるごとに、自分が焼いたバームクーヘンの方がスーパーで安売りしているバームクーヘンより美味いと思えるようになって来ました。
まあ、材料が違うから当然の結果だよね。