2016 年 4 月

えらい目にあった。とりあえずコーヒー豆のロースト完了。

エクアドル グレートマウンテン | by 管理者
4月 30日 2016 年

散々な目に合ったスクーターの電球交換

タイトルだけ見たら、何のこっちゃ?ですが、今日は天気もいいしコーヒーをローストする前にスクーターの電球の交換をしようと思ってスクーターを弄り始めたの運のツキ。
15分くらいで終わるつもりが1時間以上掛かってしまい、コーヒー豆をローストできたのは午後5時を過ぎてから。
そのため夕食の支度が出来ないと嫁には怒られるし散々でした。

我が家のスクーターはスズキのレッツⅡ。

RIMG2548
 

ネットで下調べしてから買ってきた電球は小糸製作所のK5056というスクーター用のバルブですが、古い玉を取り外して両者を比較すると電球の形が違うだけでなく、取り付ける爪の形が違う。

RIMG2532
 

しかしネットで参考にしたブログにこのバルブを交換したと書いてあったので、何かの間違いだと思い直してパッケージを開封して取り付けてみると、電極ソケットが固定出来ない。
「あ~やっちゃった、どうしよう」。
そこで考えたのが古いバルブから固定する爪の部分だけを取り外して、新しいバルブに嵌め込んで無理やり取り付けるという荒っぽい作戦。
ペンチとプライヤーを駆使して古いバルブから無理やり取り外した爪の部分がこれ。

RIMG2541
 

その爪がついた部品をバルブに嵌めることが出来るように金ノコで余計な部分を切り落とします。

RIMG2542
 

次に新品のバルブに加工した爪を嵌めてみる。

RIMG2543
 

しかし微妙に大きくてバルブがスクーターのソケットに入らないので、ヤスリでソケットに干渉する部分を削って大きさを整える。

RIMG2545
 

これでスクーターのソケットにバルブを嵌め込むことが出来ました。

RIMG2547
 

ココまで要した時間は1時間時半くらい?
私はこのようなトラブルがあっても出来る限り何とかしますが、得意じゃない方は素直に買い直した方が楽です。

エクアドル グレートマウンテンのロースト

こんなトラブルがあったため、コーヒーのローストができたのは午後5時を回ってから。
しかもいくら良い天気とはいえ、肌寒い夕方になってからローストを始めたため、前回を教訓にして温めた手ぬぐいをボンベに掛けてロースト開始。

RIMG2550
 

10分後に回転ドラムの温度が192度まで上がったので温度の上昇スピードはほぼ予定通り。
手ぬぐいでボンベを温めた成果でしょうね。
下の写真は1ハゼが来てダンパーを開いた直後の様子です。

RIMG2552
 

今回は何処までローストするのか考えていなかったので、ここまでずーと惰性でローストしています。
やっぱりスクーターの電球交換がボディーブローのように効いてるみたい。
そのため何も考えないまま前回と同じフルシティーでのローストになってしまいました。
そして出来上がりはこれ。

RIMG2567
 

もう一つおまけにアップで撮影。

RIMG2562
 

今回も前回と同じ200gのコーヒー豆をローストしましたが、200gのコーヒー豆をローストすると種類によりますが、この程度のチャフが落ちます。
紙のように激しく燃えるものでは有りませんが、条件が整えば火事の原因になるため、水が近くにある台所でローストする等、十分に安全に注意してくださいね。

RIMG2556
 

今回のエクアドルグレートマウンテンのローストデータです。

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 2.2 0% エクアドルグレートマウンテン 200gを投入
1分 72
2分 86
3分 103
4分 119
5分 134
6分 146
7分 158
8分 170
9分 182
10分 192 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 204 3.0→1.7
12分 218 12分29秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
13分 231 40% 13分00秒 231度で1ハゼが来た。暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
14分 232 1ハゼ終了まで227狙いで温度調整実施。
15分 227 15分18秒で1ハゼ終了。
1ハゼが終了してから223度狙いで温度調整実施。
16分 226
17分 224
18分 224
19分 224 19分25秒に2ハゼが来た。
20分 223
21分 223 21分23秒で終了

ヒートパネルを外すのが早すぎた!?火力が上がらない。

ブラジル アロマショコラ | by 管理者
4月 22日 2016 年

次回のコーヒーローストの予定はゴールデンウイークのはずだったのですが、コーヒー豆が無くなってしまい、急遽ローストすることになりました。

下の写真はロースト開始前に行なう儀式みたいなものでコンロに点火する前に回転ドラムを動かして濡らしたティシュで回転ドラム開口部の汚れを拭き取ります。
これをやらないとロースト中にベアリングと回転ドラムの摩擦音が大きくなるのでベアリング付きの支柱をお使いの方は是非やってください。

RIMG2489
 

ヒートパネル・・・?
ローストする前に心配していたとおり、前回ローストしたときにヒートパネルを外したんだよな~と思いながらローストを開始するとやはり温度の上昇スピードが遅い。
(昨年は違ったけど)例年ゴールデンウイークは汗ばむ陽気の中でローストするので、それを見越してヒートパネルを外したのに急遽ローストすることになった今日の室内はかなり涼しい。
もう少し遅く外せば良かったと後悔しましたがローストを始めた今となっては「after festival・・・後の祭り」。
今更元に戻せないので別の方法で対策してみました。

とっさに思いついた対策方法は熱湯をかけて絞った布巾を冷えたガスボンベの上に乗せること。・・・もちろんそのままでは熱くて布巾を絞れないので、水を入れて我慢できる程度の温度まで下げてから布巾を絞りました。
このようにすることでガスボンベが温まってガスの気化が促進され、火力が強くなるはず。
こんな即席の対策でしたが結果は大当たり。
開始10分で回転ドラム内の温度は200度と本来の温度上昇スピードになりました。

RIMG2490
 

一難去ってまた一難じゃないけど今回ローストしたコーヒー豆は「ブラジル アロマショコラ」なので1ハゼが分かり難いコーヒー豆じゃないはずなのに、1ハゼが単発で全然活発にならない。
活発にならないのを不思議に思っているうちにいつの間にか1ハゼが終わっており、温度を下げようかと迷っているうちに2ハゼが始まってしまい後手後手に回るなんとも不可解なローストでした。
出来上がったコーヒーの色を見てもローストに掛かった時間と温度の兼ね合いから十分に高い温度を維持していたことは分かるので、温度計が故障して高い温度を表示していた訳では有りません。

IMGP0884
 

こちらは今回アップで撮影したブラジル アロマショコラです。
2ハゼの始まりが16分36秒、2ハゼの最盛期を迎えたのが17分半頃、その後焙煎豆の色を見ながら19分でローストを終了ました。
今回も前回同様にフルシティです。

IMGP0878
 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 23 2.2 0% ブラジル アロマショコラ 200gを投入
1分 56
2分 84
3分 103
4分 118
5分 134
6分 148
7分 161
8分 174
9分 188
10分 199 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 213 3.0→1.7 11分58秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 227 40% 12分38秒 231度で1ハゼが来た。暫くしてから(10数秒?)火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 231 1ハゼ終了まで227狙いで温度調整実施。
14分 233
15分 230
16分 228 1ハゼがいつの間にか終了しており、その後223度狙いで温度調整実施。
16分36秒に2ハゼが来た。
17分 223
18分 223
19分 222 19分00秒で終了

 

初心に戻ってホットケーキの素でバームクーヘンの作成

バームクーヘン | by 管理者
4月 18日 2016 年

ホットケーキの素でバームクーヘン

最近はオリジナルのレシピでバームクーヘンを作っていましたが、今回は初心に戻って森永のホットケーキの素で作ってみました。
今回特に知りたかったのは、ホットケーキの素とオリジナルのレシピとの味の違い、そしてヘラを使って生地の表面をならしたときのならし易さの違いの2点。
ホットケーキはケーキシロップを付けて丁度良い甘さになるので、そのまま食べるバームクーヘンでは甘みが足りないのではず。
そこで生地に20gの砂糖を入れて焼いてみました。

RIMG2465
 

これが焼き上がりです。
作り始めてから気が付いたのですが、いつもと比較すると全然量が少ない。
そのため焼きあがったバームクーヘンの大きさや焼き時間はいつもの半分程度になってしまいました。

RIMG2469
 

このとおり、切り分けるとミニサイズのバームクーヘンの出来上がり。

RIMG2470

毎回バームクーヘンを焼くと、生地を入れたトレーにこの程度の生地の余りが出ますが、バームクーヘンの生地として使い切ることが出来ません。
こればかりがどうしようもないので、最後に余った生地をフライパンで焼いてホットケーキにします。
捨ててしまうのは勿体無いですからね。

RIMG2468
 

4日前に焼いたばかりのグアテマラと今回焼いたバームクーヘンと余った生地で作ったホットケーキのコラボレーションです。

RIMG2485
 

今後の改良点・・・予定

味はオリジナルレシピのバームクーヘンの方がフワフワして断然美味しいです。
やはりホットケーキの素はホットケーキとしてフライパンで焼いた方が美味しくいただけますね。
しかし、今回は味の比較だけでなくヘラで表面を平らにならしたときの状態を調べることも目的の一つ。
このとおり手製のヘラ(T字の木の棒)で余分な生地を落とすと、ホットケーキの素の方がキレイにが平らに出来ます(若干だけど)。
これは生地の固さの違いが原因だと思うので次回はオリジナルの生地をもっと固めに改良して作ってみる予定です。

RIMG2464
 

この機械を使って何度もバームクーヘンを焼いていますが、幾つか使い難い点も見えてきました。
中でも工具を使わなくても簡単にシャフトが脱着できるように配慮した蝶ナットが使い難い。
蝶ナットを外すときは問題ないですが、取り付けるときに一発で取り付けることが出来なくて何度もやり直すもあるので、折を見てローレットナットに変更したいですね。

グアテマラ フライハーネス アグアブランカの焙煎とヒートパネルの取り外し

グアテマラ フライハーネス アグアブランカ | by 管理者
4月 14日 2016 年

グアテマラ フライハーネス アグアブランカの焙煎

前回焼いたグアテマラが美味しかったので、今回もグアテマラを前回と同じようにフルシティで200g焙煎しました。
100gの珈琲豆を1週間に1回焙煎すればブログの更新回数も増えていいかな?なんて思っていましたが、やはり100gだと1週間持たないですね。
そのため200gと前回の倍量です。

これが今回焙煎したグアテマラです。
見てのとおり、シワが伸びてキレイに焼けています。
グアテマラは1ハゼや2ハゼがはっきりしていて、比較的焙煎しやすい珈琲豆なので焙煎経験の浅い方にもお勧めな珈琲豆です。

RIMG2457
 

こちらはアップで撮影しました。

RIMG2459

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 2.2 0% グアテマラ フライハーネス アグアブランカ 200gを投入
1分 61
2分 88
3分 109
4分 131
5分 142
6分 168
7分 180
8分 194
9分 209 2.2→3.0 9分ジャストに火力を3.0に上げた。
10分 221 3.0→1.7 10分17秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
11分 229
12分 231 40% 12分32秒 232度で1ハゼが来た。暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 231 1ハゼ終了まで227狙いで温度調整実施。
14分 228 14分42秒で1ハゼ終了。
1ハゼが終了してから223度狙いで温度調整実施。
15分 227
16分 225
17分 223
18分 224 18分43秒に2ハゼが来た。
19分 224
20分 225
21分 223 21分10秒で終了

 

ヒートパネルの取り外し

今日の昼間は結構気温が高くて、焙煎終了後にボンベに触れたら意外に熱を持っていました。

RIMG2450
 

私が使っているイワタニの炙り屋というカセットコンロは、炎の熱を伝導させてカセットボンベを温め、ガスの気化を促進するヒートパネルが搭載されていますが、気温が高くなる夏場はボンベが温まり過ぎて外れてしまうことがあるため、不要な機能です。
そこで、焙煎終了後にヒートパネルを外してしまいました。

これがヒートパネルです。

RIMG2452
 

プラスのネジ3本で固定されているので、ネジを外してヒートパネルを取り外します。

RIMG2453

これが外した状態です。

RIMG2454

しかし取り外したプラスのネジは涼しくなった今度の11月~12月頃?に再度ヒートパネルを装着するときに使うので、元のネジ穴に取り付けておきます。
簡単なネジの紛失対策です。

RIMG2455
 

グアテマラ フライハーネス アグアブランカの焙煎

グアテマラ フライハーネス アグアブランカ | by 管理者
4月 06日 2016 年

グアテマラ フライハーネス アグアブランカの焙煎

今日、焙煎した珈琲豆はグアテマラ フライハーネス アグアブランカ?

なんだか舌を噛みそうな珈琲豆ですが、舌噛みついでにお話すると、10日程前に本当に下唇を噛んでしまって、そのときは軽症だったのですが、後の対処が良くなかったので口内炎になってしまいました。
もうしばらく我慢すれば・・・と治り掛けたところで再度同じ場所を噛むという大失態をやってしまい、熱い物や辛いものはダメ、歯ブラシが少し触れただけでも涙が出るほど痛いとうい状態が2日ほど続いています。
折角淹れた珈琲も熱いままだと唇に触れたとたんに痛くて涙が出てきます。
口の中に絆創膏を貼りたいくらいです。

焙煎開始

さて、ここからが珈琲焙煎のお話です。
前回に続いて今回の焙煎度合いもフルシティの深煎り、焙煎時間は19分22秒と2ハゼが始まってから約3分後に終了しました。

そしてこれが今回の出来上がった焙煎豆です。

RIMG2433
 

もう一枚アップで!

RIMG2434
 

季節的に暖かくなってきたからだと思いますが、今までどおりの火力だと温度の上昇スピードが寒かった冬の時期に比べて若干速いです。
開始から10分後の温度が200度になるように火力調整していますが、今日は9分でおおよそ200度なので、もう少し気温が上がったらコンロのヒートパネルを外して火力を調整しようと思います。

こちらは回転ドラム内の温度が221度を表示しているとおり、1ハゼ直前の焙煎の様子です。ここまでは音楽を聴いたりTVを付けながら焙煎していますが、ここからは手が抜けません。

RIMG2432
 

以下の表は本日焙煎したグアテマラ フライハーネス アグアブランカの焙煎データです。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 1.8 0% グアテマラ フライハーネス アグアブランカ 100gを投入
1分 66
2分 94
3分 117
4分 135
5分 156
6分 164
7分 174
8分 184
9分 195 1.8→2.5  9分ジャストに火力を2.5に上げた。
10分 213 2.5→1.2 10分47秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
11分 227 40% 11分46秒 233度で1ハゼが来た。暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
12分 234 1ハゼ終了まで227狙いで温度調整実施。
13分 228
14分 227 14分6秒で1ハゼ終了。
1ハゼが終了してから223度狙いで温度調整実施。
15分 222
16分 224  16分24秒に2ハゼが来た。
17分 223
18分 223
19分 223  19分30秒で終了