2016 年 9 月

FM/AMチューナー TRIO KT-1000の周波数ズレの修理

その他の記事 | by 管理者
9月 19日 2016 年

いつからFM放送を聴かなくなっただろうか?
我が家にある古いFM/AMチューナーTRIO KT-1000を久しぶりに(本当に何十年ぶり)に電源をいれたら、SIGNALメーターもTUNINGメーターも振れるものの、同調した放送局の周波数は低い方に2MHzくらいズレている。
具体的には84.3MHzのFM豊橋が82.3MHz付近で同期する。
ダイヤルに引っ掛けた糸で針を動かすアナログなチューナーなので、糸が緩んで針の位置がズレた程度に考えていたのですが、その修理の仕方を調べていると周波数がズレた原因は、糸の緩みではなくトリマコンデンサの容量抜けらしい。
この当時のTRIOのチューナーでは定番の故障らしく、その修理の方法も多くのサイトで紹介されていました。
ラッキー。
まず、これがTRIO KT-1000です。

rimg1568

修理はダメになったトリマコンデンサを交換するのではなく無害な部品として放置し、新たにトリマコンデンサを追加するという方法です。
そして多くのサイトでチューナーのバリコンにトリマコンデンサを直接ハンダ付けしていましたが、ファストン端子を使ってハンダ付けしない方法で取り付けました。
これなら、何らかの取り付けミスがあってもKT-1000にダメージを与えずに簡単に修正できます。
rimg1563

使用したファストン端子はこの大きさです。

rimg1566

実を言うと、参考にしたサイトではどこも10pFのトリマコンデンサを付けていましたが、私のKT-1000ではこの容量のトリマコンデンサを付けるとかなり近いところまで同調ズレが改善されるものの完全に一致しませんでした。
具体的には84.3MHzのFM豊橋を84.9MHzまで近づけることができましたが、これが調整の限界。
そこで、3pF・5pF・20pFのトリマコンデンサを追加購入して実験したところ、5pFでもダメ。
3pFのトリマコンデンサでようやく周波数がピッタリ同期しました。
結局3回やり直したことになるため、ファストン端子で簡単に交換できるようにして正解でした。

rimg1570

トリマコンデンサを固定している部品は余っていたアルミのL字アングルとCD-Rのスピンドルケースを加工して作製しました。
またKT-1000への取り付けは、背面パネルに元から付いていたネジを使ってトリマコンデンサのコールド側をハンダ付けしたワッシャとアルミのL字アングルを一緒に共締めにし、トリマコンデンサの調整のためにドライバーで上から力を掛けても樹脂部品が曲がらないようにバリコンを固定している金属部品の上に載せています。

rimg1558

84.3MHzのFM豊橋がピッタリ同期してサーボロックが掛かった状態です。
スピーカーの上の時計が落ちそうなのはご愛嬌。

rimg1565

冒頭に書いた通り古いチューナーなので、他のトリマやコイル等ズレて本来の性能が発揮できていない可能性があると思います。
そのためには専用の測定機器で公正する必要があるため、メーカーに再調整を依頼するべきなんだろうと思います。
幸いTRIO、現在のJVCケンウッドですが、古い製品の調整もやってくれそうなので、確認してみます。

**** 平成29年2月4日 更新 *****
JVCケンウッドにKT-1000を調整依頼しました。
調整に出していたTRIO KT-1000がJVCケンウッドから戻ってきた。

マンデリン ブルボンとエルサルバドル エル・モリノ農園の焙煎

エルサルバドル エル・モリノ農園, マンデリン ブルボン | by 管理者
9月 15日 2016 年

9月も今日で折り返しですが、毎日暑い日が続きます。
エアコンを入れないと暑いし、入れると寒くてぐっすり眠れない。
早く涼しくなって欲しいですね。
さて、手持ちの焙煎豆無くなったのでマンデリン ブルボンとエルサルバドル エル・モリノ農園を200gづつ焙煎しました。

マンデリン ブルボンの焙煎です。

rimg1529
 

回転ドラム内の温度は普段と同じような感じで順調に上昇していきます。
今回は2ハゼが激しくなって暫くしてから焙煎を終了しましたが、少し終了する時間が早かった気がします。
というのは、珈琲豆の色づき具合を確認するため、投入口からスプーンで焙煎豆を出してカメラで撮影していたのですが、上手く撮影できなくて何度も撮り直している間に焙煎がどんどんと進んでいってしまい、あせってザルに出したら豆がマンデリンだっただけにちょっと早かったかな~って感じです。
もう少し長く焙煎した方が好みなので、ちょっと残念。
全然大きな失敗じゃないけど、何度も焙煎するとちょっとした違いが気になります。

rimg1535
 

色がちょっと薄いかな~程度です。

rimg1537
 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 36 2.2 0% マンデリン ブルボン 200gを投入
1分 68
2分 94
3分 108
4分 123
5分 133
6分 145
7分 158
8分 170
9分 184
10分 195 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 210
12分 224 3.0→1.7 40% 12分1秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。12分14秒 227度で1ハゼが来た。
1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
13分 233
14分 229 14分8秒で1ハゼ終了。
1ハゼが終了してから226度狙いで温度調整実施。
15分 226
16分 225 16分41秒に2ハゼが来た。
17分 225
18分 224 18分30秒で終了

 

エルサルバドル エル・モリノ農園の焙煎です。

rimg1529
 

生豆が入った袋には「エリサルバトル」って印刷されているし、何それ?
というか、こんな珈琲豆買ってたかな?という曖昧な記憶。
袋に名称が間違って印刷されているくらいだから、あまり出ない人気の無い珈琲豆?なんだと勝手に理解しました。

焙煎した珈琲豆はこのとおり。
しかし初物なのでどの程度焙煎すれば良いのか分かりません。

rimg1541
 

取り敢えず先ほどのマンデリンよりしっかり焙煎してみました。
どんな味がするのか、楽しみです。

rimg1543

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 37 2.2 0% エルサルバドル エル・モリノ農園 200gを投入
1分 82
2分 102
3分 120
4分 136
5分 156
6分 166
7分 175
8分 186
9分 198 2.2→3.0 9分ジャストに火力を3.0に上げた。
10分 213 3.0→1.7 10分37秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
11分 225
12分 226 40% 12分45秒 231度で1ハゼが来た。
1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
13分 233
14分 237
15分 228 15分27秒で1ハゼ終了。
1ハゼが終了してから225度狙いで温度調整実施。
16分 226
17分 227
18分 227 18分9秒に2ハゼが来た。
19分 225
20分 225 20分で終了

 

 

 

ONKYO D-200Ⅱ Liverpool ボロボロになったスピーカーエッジの修理

DIY | by 管理者
9月 12日 2016 年

ONKYO D-200Ⅱ Liverpool のエッジの修理

しばらく前にダイヤトーンのDS-200ZXをヤフーオークションで落としたばかりですが、今度はウーファーのエッジがボロボロになったONKYOのD-200ⅡLiverpoolを落として自分で修理しました。
これが修理前の写真ですが、修理前に写真を撮り忘れたため、ヤフオクに掲載された写真をそのまま載せています。

d-200

エンクロージャーから取り外したウーファーのエッジはこの通りボロボロ。
ゴム製のラバーエッジは硬くなって指で押すとポロッと折れてしまいます。

rimg1500

コーン紙に張り付いている固くなったラバーエッジは指の腹で折って大雑把に取り除き、細かな部分は15cmの金属製の定規を使って削り落としました。

rimg1512

また、金属フレームに張り付いているボール紙とラバーエッジは彫刻刀を使って削り落としました。

rimg1505

金属フレームに固くこびりついた接着剤はラッカーシンナーを塗布して接着剤を柔らかくしてから彫刻刀で削ったり指で擦ったりして落としました。

rimg1503

固くなったラバーエッジやボール紙等の不要な物を削り落として綺麗にした状態のウーファーです。
ウーファーの裏面にもラバーエッジが接着剤で張り付いていますが、これはそのまま残してあります。
何故ならエッジがウレタンであれば加水分解して粉のようになるのでナイフ等で簡単にこそぎ落とせますが、ラバーエッジは固くなるだけなので、簡単に剥がせないどころか無理に剥がそうとすると最悪ウーファーを壊してしまいます。

rimg1513

購入したウレタン製のスピーカーエッジです。
ウレタンエッジを購入するときにスピーカーの型番を相手に連絡してから購入しましたが、勧められたエッジは汎用品である為、若干外径が大きかったです。
おそらくこのまま使用しても問題かったと思いますが、今回初めての作業であり少しでも不安要素を減らしたかったため、外周を切り取って金属フレームに干渉しないように加工してから作業しました。

speakeredge

ホームセンターで販売されている木工用ボンドでウレタンエッジを貼り付けました。
黄色いパッケージの速乾性タイプと白いパッケージの普通タイプの2種類の木工用ボンドが販売されていますが、速乾性だと早く乾いて接着できない可能性があるので普通タイプの木工用ボンドを選びました。
木工用ボンドは昔から黄色のパッケージでしたが、今は色だけで判断すると失敗します。

rimg1524

ウレタンエッジの外周をカッターナイフで1~2mm切り取った為、エッジの形が歪んでいますが、フレームを固定するプラスチックの枠で隠れるため、問題ありません。
また、筆でウーファーや金属フレームにボンドを塗布して貼り付けるところを撮って紹介したかったのですが、余計なことをやっている間にボンドが乾いてしまうのが嫌なので割愛しました。
そのため、この部分の作業の写真がありません。
悪しからず。

rimg1516

ウーファーとウレタンエッジの境目を拡大するとこんな感じです。

rimg1519

これが完成したスピーカーです。
とてもシロートが修理したとは思えない綺麗な仕上がりです。

rimg1525

エッジを修理した左右のウーファーの拡大写真も掲載します。
少し傾いてしまいましたが、撮り直すのが面倒なのでこのまま・・・

rimg1526

rimg1527

修理した結果に大満足。

完全にボンドが乾くまで12時間経過してから音を出しましたが、修理したスピーカーからは素直で癖のない音がしました。
ONKYO D-200Ⅱ Liverpool の低音はダイヤトーン DS-200ZXほどキレがないけど下まで伸びています。
そしてボーカルは艶があって誇張しないところが良いですね。
逆にDS-200ZXは誇張し過ぎてハスキーに聞こえる。
元値が5万3千円のスピーカーなので、それなりの音がするとは思っていましたが、こんな音の良いスピーカーがわずか数千円で手に入ったので良い買い物をしたと思います。

パナソニック ドアホンのボタンの修理

DIY | by 管理者
9月 01日 2016 年

我が家のドアホンのボタンが壊れたのはこれで2回目。
前回と同じく「室内呼」ボタンが押せたり押せなかったりするようになりました。

RIMG1495

原因は分かっています。
何度もボタンを押していると一番弱い部分に負荷が掛かって疲労が蓄積し、いずれ折れてしまいます。
ボタンと枠の接続部分がこんなに細い部品なのであまり耐久性を考えていないのでしょうね。

RIMG1492

上の写真の部品だけ手に入れば良いのですが、下の写真にある外装パネル一式でないと手に入りません。
そのためちょっと金額が高い。

RIMG1468

ドアホンを分解するにはこのような特殊なドライバーが必要ですが、ネジを外すことさえ出来れば簡単に分解できます。

RIMG1469
 

RIMG1473

外装パネルの交換は難しくないですが、ドアホンの取り付け工事は電気工事士の免許が無いとやってはいけない工事なので、取り外しもそれなりにリスクはあります。
ブレーカーを切ってやれば・・・という話もありますので、私は深く言及しません。
業者に修理してもらうと15,000円はかかるでしょうから、個人の判断でお願いします。

過去の焙煎履歴のページに今年の焙煎を掲載しました。

珈琲焙煎機に関するその他の記事 | by 管理者
9月 01日 2016 年

過去の焙煎履歴のページに今年の焙煎1月~8月まで掲載しました。
更新をサボっていたことが原因ですが、結構大変。
ワープロでペタペタと画像を貼り付けるように更新できれば良いのですが、そうじゃないのでホームページの更新は面倒くさいです。
まとめて更新すると良く分かりますが、暑くなると焙煎する回数がグッと少なくなりますね。
気が付くと昼間でもビールを飲んでいるような・・・あれ!