2017 年 1 月

マイクロソフトアカウントを使って無償アップグレードしたWindows10のライセンスを再認証する手順

パソコン | by 管理者
1月 19日 2017 年

昨年の7月までマイクロソフトの大盤振る舞いでアップグレード対象でないパソコンでも無料でWindows10にアップグレード出来ましたが、もしパソコンを構成している部品が故障して取り替えたら別のパソコンと認識されてライセンス認証されていないことになってしまうかも。

Windows10に再認証出来る条件

メモリやハードディスクの増設程度の軽微な変更なら認証が外れることはありませんが、今回はマザーボードが壊れて違うメーカーのマザーボードに取り替えたため、ライセンスの再認証をすることになりました。
ライセンスの再認証をするための条件は、パソコンがマイクロソフトアカウントに紐付けられていること。
「マイクロソフトアカウントを使ってパソコンにログインしたことがあるから紐付けられているはずだ。」ではなく、インターネットエクスプローラー等のブラウザでマイクロソフトアカウントにログインすると登録されているデバイスを確認することが出来るので、使用中のパソコンが本当に紐付けられているか確認することが重要です。
例えば、マイクロソフトアカウントからローカルアカウントに切り替えると、マイクロソフトアカウントとの紐付けか解除されるパソコンがあり、私の環境ではUEFIではない昔のBIOSのマザーボードはこのような挙動を示しました。
また、Windows7やwindows8.1からアップグレードした際、いつの間にかWindows10になっていた等の何も意識しないでアップグレードしたパソコンはマイクロソフトアカウントに紐付いていません。
その場合、前述した軽微な変更なら大丈夫でもマザーボード交換のような大掛かりな故障には対処できません。
壊れて起動しなくなってからでは手遅れなので、マイクロソフトアカウントにパソコンが紐付いているか確認してください。
そしてマイクロソフトアカウントに紐付いてなかったら、マイクロソフトアカウントに紐付けましょう。
下の画面はマイクロソフトアカウントの紐付いたデバイス(パソコン)の一覧です。
この中に表示されていなかったら、ライセンスの再認証は出来ません。


 

Windows10のセットアップ

セットアップに使用するWindows10のインストールDVDはアニバーサリーアップデート以降のものを使用します。
それ以前のインストールDVDでは画面構成が違っており、ライセンスを再認証するためのリンクがありません。
Windows10のインストールDVDはマイクロソフトのホームぺージから作製出来ます。

Windows10のセットアップを開始します。


 

画面下の「プロダクトキーがありません」を選択します。


 

該当のWindows10を選択します。


 

マイクロソフトアカウントのIDとパスワードを入力します。


 

Windows10のセットアップが完了します。
しかしこの時点ではWindows10のライセンス認証は完了していません。
ライセンス認証するには設定画面を表示します。

Windows10のライセンスの再認証

画面下にある「Windowsがライセンス認証されていません。今すぐWindowsをライセンス認証してください。」をクリックします。


 

画面下の「トラブルシューティング」をクリックします。


 

赤色の画面の下にある「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました。」をクリックします。


 

マイクロソフトアカウントに紐付けしてあるパソコンを選択します。
「現在使用中のデバイスはコレです。」をチェックし、アクティブ化をクリックします。


 

再認証中・・・


 

ライセンスが再認証されました。


 

ライセンス認証の画面がこのように変わります。

お客様が作製した焙煎機のフードの写真をご紹介します。

珈琲焙煎機に関するその他の記事 | by 管理者
1月 07日 2017 年

2日前に焙煎してそのまま仕舞っておいたケニア・レッドマウンテンとコロンビア ハニーですが、珈琲にして飲んだら美味しかった。
今回は2ハゼが活発になったところで焙煎を止めましたが、焙煎度合いは深すぎず、浅すぎず、このくらいの焙煎度合いが好みですね。
渋くなりがちなケニア・レッドマウンテンですが、今回はそんなことなく香り良く仕上がりました。
コロンビア ハニーも美味しいです。

焙煎時間を長くしたり短くしたり、温度を高くしたり低くしたり、いろいろを条件を変えてみて自分の好みの焙煎方法を見つけるも自家焙煎の楽しさです。
最近深く焙煎することが多かったですが、このくらいの焙煎度合いが自分の好みだと再認識しました。

ちなみにこれは今朝淹れたばかりのケニア・レッドマウンテンです。


 

焙煎機の自作フード

さて、新年早々にお客様から焙煎機のフードを製作して写真を送っていただきました。
開口部のシャッターの部分のみ0.8mm、残りは1mm厚のアルミ板を使用し、材料は200mm×250mm×1mmが4枚でほとんどが加工出来たとのことです。
キレイに金属板を曲げるときは金属折り機を使用しますが(アマゾンで1万円程度で売っています。)、専用の金属折り機を使用しなくてもキレイに仕上がっています。

 

ドラム上部は熱と煙を分けるために天井を高くしてあるとのこと。


 

こちらは開口部のシャッター部分です。
細かい工夫ですが、温度計の熱電対が干渉することなく回転ドラムの中にセット出来るようにスリットを設けてあります。

 

焙煎機を購入して頂いたお客様から、このような返事をいただけると大変嬉しいです。
今年も皆様にとって良い年でありますように。

東芝レグザ Z9000のリモコンの清掃と壊さずに分解するコツ

DIY | by 管理者
1月 05日 2017 年

上のリモコンは東芝レグザ Z9000のリモコンで型番はCT-90352,下のリモコンは東芝レグザ Z8000のリモコンで型番はCT-90312Bです。
Z8000のリモコンはネジを使っていましたが、Z9000になってリモコンの構造が大きく変わり、完全に嵌め込むだけの構造になりました。


 

今回分解して清掃するのは東芝レグザ Z9000のリモコンです。
下の写真を見てのとおり、非常に汚い。


 

 

分解するコツ

Z9000のリモコンは、完全に嵌め込み構造になっており、ネジを一切使っていません。
Z8000のリモコンはスライドする蓋にネジが隠れていましたが、Z9000ではネジが無いためスライドする蓋を外す必要がありません。
ちなみに下の写真は清掃後に撮影したものなので、キレイです。


 

リモコンのシェルを上下に分解するときは、シェルが合わさっている部分に下の写真のように爪を割り込ませ、そのまま爪をスライドさせると、嵌め込み部分が外れていきます。
まずはリモコンの左右にある長辺の嵌め込み部分をこの方法で外し、次にリモコンの下部の嵌め込みを捻じるようにして外し、最後に上部(発信機側)の爪を外して分解します。
無理に力技で上下に引っ張るとリモコンの爪が欠けるので注意します。


 

分解すると汚れ具合が良く分かりますが、凄く汚い。


 


 

 

洗浄後のパーツ類

洗浄したパーツを並べたところです。
Z8000では細かいパーツが沢山あり、注意して扱わないと折ってしまうものがありましたが、こちらは大丈夫。
プラスチック部品の汚れを歯ブラシで擦って水で洗い流すだけでキレイになりました。

 

清掃完了

元のとおりに組み立てて完了です。

ケニア・レッドマウンテンとコロンビア・ハニーの焙煎

ケニア・レッドマウンテン, コロンビア・ハニー | by 管理者
1月 05日 2017 年

あけまして、おめでとうございます。
お正月の間に手持ちの珈琲豆が終わってしまったので、ケニア・レッドマウンテンとコロンビア・ハニーを早速焙煎しました。
これが今年最初の珈琲焙煎になりますが、浅すぎず・深すぎず、2ハゼが活発になったところで終了するつもりで焙煎を始めたところ、結局始終トラブル無く思ったとおりの焙煎が出来、幸先の良いスタートになりました。

ケニア・レッドマウンテンの焙煎

ケニア・レッドマウンテンを200g焙煎しました。
以前は焙煎の開始から10分 200度を目安に火力調整した後で火力アップしていましたが、現在は9分 200度を目安としており、今回は9分 188度と温度が10度程度低かったものの、時間通り9分後に火力をアップしています。
また、1ハゼ発生温度が228度と数度低めでしたが、それが原因なのか単発の1ハゼが少し長めに続きました。
1ハゼ終了後から227度維持で火力調整したところ、約2分後に2ハゼが発生し2ハゼが活発になったところで焙煎を終了しました。

開始直後の様子


 

遠めに撮影


 

アップで撮影

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 2.2 0% ケニアレッドマウンテン 200gを投入
1分 57
2分 84
3分 105
4分 122
5分 137
6分 151
7分 163
8分 175
9分 188 2.2→3.0 9分ジャストに火力を3.0に上げた。
10分 201 3.0→1.7 10分51秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
11分 214
12分 227 40% 12分3秒 228度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
13分 227 13分35秒で1ハゼ終了。
14分 227
15分 227 15分48秒で2ハゼが来た。
16分 227 2ハゼが激しくなった16分36秒で終了

 

コロンビア・ハニーの焙煎

コロンビア・ハニーを200g焙煎しました。
こちらも前回と同様に開始から9分後に火力をアップしています。
1ハゼ発生温度が234度とほぼ規定の温度で発生。
1ハゼ終了後から227度維持で火力調整したところ、約2分後に2ハゼが発生し2ハゼが活発になったところで焙煎を終了しました。
振り返ってみれば、ケニア・レッドマウンテンとコロンビア・ハニーの両方とも似たような焙煎状況になりました。

遠めに撮影


 

アップで撮影


 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 29 2.2 0% コロンビア・ハニー 200gを投入
1分 64
2分 90
3分 109
4分 125
5分 139
6分 151
7分 163
8分 172
9分 184 2.2→3.0 9分ジャストに火力を3.0に上げた。
10分 197 3.0→1.7 10分56秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
11分 212
12分 227
13分 234 40% 13分1秒 234度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
14分 227 14分56秒で1ハゼ終了。
15分 227
16分 227
17分 226 17分23秒で2ハゼが来た。
18分 227 2ハゼが激しくなった18分13秒で終了