2017 年 4 月

コロンビア・スプレモとタンザニア KIBOの焙煎

コロンビア・スプレモ, タンザニア KIBO AA | by 管理者
4月 26日 2017 年

今日はコロンビア・スプレモとタンザニア KIBOを焙煎しました。
本当は2日前に焙煎豆が切れてしまったので、もっと早く焙煎したかったのですが、やっている暇がなくて今日になってしまいました。

室温は暑くも無く、寒くも無く丁度良い季節。
コンロにはヒートパネルが付いているため、気温が高いとガスボンベが外れる可能性がありましたが、コロンビア・スプレモの焙煎は何の問題もなく終了しました。

コロンビア・スプレモの焙煎

これは焙煎したコロンビア・スプレモです。コーヒーにして飲んだところ、可も無く不可もなくすっきりした味わいでした。

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 2.2 0% コロンビア スプレモ 200gを投入
1分 64
2分 88
3分 111
4分 129
5分 142
6分 153
7分 166
8分 178
9分 190
10分 202 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 216 3.0→1.7 40% 11分51秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 225 12分12秒 229度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 229
14分 228 1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
14分11秒で1ハゼ終了。
15分 227
16分 226 16分32秒で2ハゼが来た。
17分 226
18分 226 18分25秒で終了

 
 

タンザニア KIBOの焙煎

こちらはコロンビア・スプレモに続いて本日2回目の焙煎ですが、1ハゼが終了した頃にボンベが外れて火が消えてしまいました。
その後、再点火した時はいつの間にか2ハゼが始まっており、2ハゼの連続音の間隔と焙煎豆の色で判断して終了。
本来ならもう少し高めの温度を維持しますが、焙煎が終了したときの温度は222度でした。
多分大丈夫でしょう。


 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 26 2.2 0% タンザニア KIBO 200gを投入
1分 72
2分 95
3分 116
4分 131
5分 144
6分 157
7分 168
8分 180
9分 191
10分 203 2.2→3.0 10分ジャストに火力を3.0に上げた。
11分 216 3.0→1.7 40% 11分42秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
12分 230 12分15秒 232度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 231
14分 229 1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
14分17秒で1ハゼ終了。
15分 229 2ハゼが発生した時の時間と温度、持続時間も不明
16分
17分 222 17分15秒で終了