相性抜群の珈琲エチオピア・イリガチャフとレアチーズケーキ、柑橘系のコラボレーション。

by 管理者
3月 07日 2013 年

昨日ブログを書いているときに突然ウイルス入りのメールが届いて、記事の執筆が中断していましたが、今日はその続きです。

 

相性抜群のイリガチャフとレアチーズケーキ

この写真は手作りのレアチーズケーキと自家焙煎した珈琲の「エチオピア イリガチャフ G-1 コチャレ ナチュラル」です。

この珈琲の焙煎日は2月8日なので、今から約4週間前ですね。

暫く前に高温で珈琲豆を焙煎したら何日でダメになるのか?なんて実験をしましたが、イリガチャフのように上手に焙煎すると4週間前の珈琲でも全然余裕でOKです。

当然、珈琲豆に油も浮いていないし、ほのかに柑橘系の香りがするイリガチャフです。

ここでちょっと一言、知らない人の為に。

この「エチオピア イリガチャフ G-1 コチャレ ナチュラル」という珈琲豆はフローラルのような柑橘系のほのかな香りがする珈琲です。

そのため、かなり人気があります。

 

 

考え方次第かな!?

このコラボレーションはかなり贅沢ですよね。

しかし、外で飲めば高価なスペシャリティ珈琲でも、自分で焙煎して珈琲にするとタダみたいなもの。

私は珈琲をお代わりするのが面倒なので、珈琲カップ1.5杯分くらい入るマグカップに入れて飲んでいます。

そして、この柑橘系の香りのするイリガチャフとレモンの香りのするレアチーズケーキとの相性も抜群です。

レアチーズケーキ

 

 

さて、珈琲焙煎を嗜む余裕があれば、お菓子作りも余裕でこなせますよ。・・・たぶん!?

私は趣味でやっていますが、一度試してみてはいかがでしょうか?

レアチーズケーキは混ぜて固めるだけなので、お菓子作りの中では比較的簡単な部類に入ると思います。

ちなみにレシピはココです。

 

上手に作れば、奥様や娘さんから尊敬の眼差しで見られるかもしれません。

今回で2回目のチャレンジですが、前回の失敗の轍を踏まないように、①攪拌は電動ハンドミキサーを使い、②カットするときはナイフを暖めてから行いました。(暖めないとチーズがくっついて汚くなります。)

もちろん、今度はケーキをひっくり返さないように十分注意して冷蔵庫に戻しました。(°O゜)☆\(^^;) バキ

この記事へのトラックバックURL