珈琲豆タンザニア・オルディアニの焙煎とパンケーキとのコラボレーション

by 管理者
3月 25日 2013 年

今回の焙煎は、1ハゼがいつもより長めで2分47秒続きました(いつもは2分以下)。温度の上がる速度が少し遅かったので、全体的に火力が弱めだったかもしれないです。
試飲すると、いつもと比べて若干酸味が強かったのが気になりました。
少し暖かかったので「春だなー」なんて思いながらガスボンベを湯煎しなかったんだけど、それが原因でしょうか。

 

 

今回焼いたタンザニア・オルディアニで焼きムラやシワが多いのは、この豆の特性で折り込み済みです。

タンザニア

 

 

いつものようにコーヒー焙煎中の撮影。

温度計のMS8221Cとフードを珈琲焙煎機に装着しています。

 

珈琲焙煎機

 

 

タンザニア・オルディアニ 100g 2013年3月24日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 23 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 54
2分 77
3分 96
4分 112
5分 127
6分 141
7分 155
8分 167
9分 178
10分 189
11分 200
12分 211 1.7→2.4
2.4→1.2
12分ジャストに火力を2.4に上げた
12分15秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
13分 226
14分 232 1.2→0.1 50% 14分10秒で1ハゼが来た。1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
235度で火力を1.2→0.1に下げた。
15分 234
16分 223 16分57秒で1ハゼ終了
17分 208 17分44秒で焙煎終了

 

 

パンケーキとのコラボレーション

今日焼いたパンケーキと珈琲のコラボレーションです。

このパンケーキは卵白を泡立ててメレンゲから作った4段積みの手作りパンケーキ、名古屋名物の小倉トーストにヒントを得て小倉パンケーキにしてみました。

ケーキシロップをかけると甘すぎるかと思いましたが、そうでもなく、珈琲とのバランスも良かったです。

参考にしたレシピはこれ。

パンケーキとのコラボ

この記事へのトラックバックURL