コロンビア・クレオパトラSPの珈琲焙煎とデジタル一眼での撮影

by 管理者
4月 06日 2013 年

ホームページやブログの物品撮影用にデジタル一眼レフを購入しました。

今、底値のPentax K-01 マップカメラで24,700円、人気が無い割にPentaxの最上級機種K5に遜色ない高画質なモデルらしく、良い買い物でした。

Pentax K-01

 

 

 

このK-01に単焦点の35mmのレンズで10年くらい前に購入したFA35mmF2ALを装着して撮影した珈琲豆がこれです。

絞りF4で撮影しましたが、ピントの合ってないところは綺麗にボケるし、雰囲気のある優しい写真になりました。

カメラを変えただけでこんなに違うんだと驚きです。

Pentax K-01 + FA35mmF2ALで撮影した「コロンビア クレオパトラSP」、今日焙煎した珈琲豆です。

K-01で撮影

 

 

いつもの焙煎風景ですが、新しいカメラで撮影しています。

自作したアルミのフードを珈琲焙煎機に実装して珈琲豆を焙煎しています。

ズーム出来ないので、いつもより大きく写ってしまいました。

焙煎中の風景

 

 

今日は暖かかったので、ガスボンベの湯煎はやりませんでした。

また新品の熱電対に取り替えてから、初めての珈琲焙煎です。

今回は何のハプニングも無く、珈琲焙煎の出来は写真のとおり、キレイに焼けています。

 

コロンビア・クレオパトラSP 100g 2013年4月6日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 56
2分 74
3分 93
4分 109
5分 123
6分 138
7分 150
8分 164
9分 174
10分 177
11分 200
12分 211 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた
13分 225 2.4→1.2 13分で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 229 14分26秒で1ハゼが来た。
15分 233 1.2→0.1 50% 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
235度で火力を1.2→0.1に下げた。
16分 219 16分16秒で1ハゼ終了
17分 211 17分20秒で焙煎終了

 

 

おまけ

珈琲焙煎とは関係ないけど、今日は雨で大荒れの天気だったので庭を撮影してみました。

下の写真はPentax K-01 + FA★85mmF1.4(単焦点85mm)の絞り解放です。

このレンズは10年くらい前に買った、Pentaxファンなら誰でも知っているポートレートレンズ、いわゆるお姉ちゃん撮影用レンズですが、大きくなると娘が写真を撮らしてくれないので、出番が無くなってしまいました。

カメラを向けると顔を背けるし、小学校の卒業式に出席するためにカメラの準備をしていると「来るな」と言われるし、親父の立場が無いですよ、トホホ。

K-01+FA★85mmF1.4

この記事へのトラックバックURL