コーヒーロースターのフードの改良、耐久性と保温性の向上を目指して!

by 管理者
4月 26日 2013 年

現在使用中のレンジパネル(天ぷらガード)で作ったフードはすでに1年4ヶ月使用しており、まだまだ十分に使えそうです。

そして、いつまで使うことができるのか確認しようと思っていましたが、耐久性と保温性の向上を目指してフードを作り直しました。

 

これが今回作り直したフードですが、見た目が一緒なので前作との違いが分からない!?

厚さが2倍なので、耐久性と保温性は前作のフードより、かなり向上しています。・・・ハズです。

新作のフード

 

ホームセンターで材料探し

理想は1mm厚のステンレス板で作成することだと思いますが、1mm厚のステンレス板は硬い素材なので業者に依頼しない限り個人で加工するのは無理。

そこで道具を持っていない個人がどこまで出来るのか、材料を探しに近くのホームセンターに行きました。

 

まず目についたのが0.1mmの厚さのステンレス板、455mm × 920mmで2,480円也。

0.1mm厚のステンレス板なら金切りばさみで切ることが出来ますが、中途半端な厚さなので切断面で手を切ってしまいそうです。

これで作ったらおそらく危険です。

0.1mmの厚さのステンレス版

 

 

次に目に付いたのが、0.3mmの厚さのアルミ板、455mm × 910mmで1,480円也。

上手に処理をすれば手を切ることもなさそう。

ちなみに0.6mmの厚さのアルミ板は2,480円でした。

0.3mmの厚さのアルミ板

ここら辺の材料で良いかな?って思いましたが、良く考えるとカッターナイフで丸く切り取れない可能性があるので、これらの厚めの金属板はボツ。

※ ジグソーを持っていれば金属板でも円形に切り取るのことが可能だと思いますが、私はジグソーを持っていないので。ところでアルミは粘りのある金属なので、ジグソーで切ると切り口が汚くなるかもしれないです。これはやってみないとなんとも・・・

 

そこで、レンジパネル(天ぷらガード)を2重に重ねてフードを作成することにしました。

レンジパネルの厚さは0.02mmのアルミ板(アルミ箔と言った方が正確かも)なので、それ1枚だけでは弱いのですが、フードの角の部分は何重にも折り重ねて強度を出すようにしているので、今まで使用していたフードでもそこそのこ強度が有ります。

今回はさらに2枚重ねて作成するので角の折り返し部分はレンジパネル10枚分の厚さ、つまり0.02mm × 10枚 = 0.2mmのアルミ板の強度に相当します。

 

 

フードの作成

用意する材料は全て2枚づつ必要になります。

材料は全て2枚づつ

 

 

2枚重ねて端をホッチキスで固定してからやると折り曲げ易い。

※ 折シロ部分が2cmあるので、端から約1cmの位置をホッチキスで止めれば、折シロを折った時にホッチキスのハリも一緒に折り込まれて見えなくなるので好都合

2枚重ねる

 

 

2枚重ねているので、端をこのままにするよりは・・・

端の処理をする前

 

 

このように5mm程度折り曲げて処理をした方が使い易いし、強度アップになる。

端の処理をした後

 

 

これで完成です。上部のスライド扉は前作のフードから流用します。

新作のフード

 

基本的な作成方法は、ホームページで紹介している一枚物のフードと一緒ですが、以下の点で変更しています。

上部のスライド扉のガイドの折り返し部分で従来のフードは2重に折り返していましたが、今回は1重で折り返しています。

これは2枚重ねて作成しているため、2重に折り返すと厚みが増して折り返しに難儀することが予想されたからです。

また、フレームと支柱の間の下側のボルトにM8のワッシャ(余ったレンジパネルでもOK)を挿入して隙間を調整しています。

※ 今回の設計図は後日掲載します。

 

今回のフードは前回よりしっかりしていますが、作成に丸々半日かかって面倒くさかったです。

しかし製作費は全然安く、たったの298円でした。

今まで使用していたフードは1年4ヶ月以上の耐久性があったので、今度のフードはさらに数年?って期待しています。

次回から新作のフードで珈琲をローストします。更新していくつもりなので、よろしくお願いします。

この記事へのトラックバックURL