コーヒー豆200gの蒸らし焙煎です。火力と時間の数値を掲載したので参考にしてください。

by 管理者
5月 29日 2013 年

ウェブサイトの再構築に没頭している間、コーヒーをローストしている時間が取れなくて、ローストしてあったコーヒー豆が全く無くなってしまいました。

そのため普段は100gでローストしていますが、今日は大目にいつもの倍量の200gをコーヒーロースターでローストしました。

焼いたコーヒー豆はコパカバーナ農園とタンザニアの2種類です。

 

コーヒーロースター

 

 

今回焼いたコパカバーナ農園200g

コパカバーナ農園200g

 

 

今回焼いたタンザニア200g

タンザニア200g

 

ローストデータ

今回のコパカバーナ農園のローストデータです。

  • 100gの時は火力1.7でスタートしているので、今回は1.9でスタートしています。
  • 100gの時は開始から12分後に火力2.4にアップしますが、今回は14分後に2.5にしています。
  • 100gの時は225度で火力1.2に火力ダウンしていますが、今回は1.5にしています。
  • 19分~20分の間で最低温度210度を維持するように火力を微妙に調整しています。

 

コパカバーナ農園 200g 2013年5月29日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 28 1.9 0% 豆は初めから投入
1分 58
2分 80
3分 96
4分 111
5分 123
6分 133
7分 143
8分 153
9分 162
10分 172
11分 181
12分 189
13分 197
14分 204 1.9→2.5 14分ジャストに火力を2.5に上げた。
15分 219 2.5→1.5 15分35秒で225度になったため、火力を1.5に下げた。
16分 227 16分47秒 230度で1ハゼが来た。
17分 231 1.5→0.1 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更、この時点で最低火力に調整
18分 229 18分40秒で1ハゼ終了
19分 216
20分 212 20分20秒で終了(この時点で213度)

 

ダンザニアではコパカバーナ農園より若干火力をアップしています。

  • スタート火力をコパカバーナ農園より+0.1して2.0としています。
  • 225度からの火力コパカバーナ農園より+0.1して1.6としています。

 

タンザニア・オルディアニ 200g 2013年5月29日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 30 2.0 0% 豆は初めから投入
1分 65
2分 88
3分 106
4分 123
5分 133
6分 141
7分 152
8分 161
9分 171
10分 180
11分 190
12分 199
13分 207
14分 215 1.9→2.5
2.5→1.6
14分ジャストに火力を2.5に上げた。
14分45秒で225度になったため、火力を1.6に下げた。
15分 226
16分 228 16分10秒 232度で1ハゼが来た。
17分 234 1.6→0.1 50% 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更
235度で火力を1.6→0.1に下げた。
18分 222 18分32秒で1ハゼ終了
19分 215
20分 212 20分00秒で終了

 

 

総評

コーヒー豆の種類が違うので、上記のロースト方法のどちらが良いのか比較するのは難しいですね。

いつもコーヒーをローストした時に注意しているのは、火力が強くて喉にひりつくようなエグミが有るかどうかですが、上のコーヒーのどちらの場合も無かったです。

出来上がりは100gのコーヒーをローストした時と変わらず、特に問題ないです。

200gの時は、上記の火力を基本にして好みに応じて調整してみて下さい。

この記事へのトラックバックURL