タンザニアとコパカバーナ農園合わせて300gの珈琲焙煎

by 管理者
7月 03日 2013 年

300gのコーヒー豆を焙煎しました。

 

普段は多すぎるので300gも大量のコーヒー焙煎を行いませんが、1年半前に買ったタンザニアとコパカバーナ農園が合わせてちょうど300gほど余っており、300gの焙煎データがほとんど無いので焙煎のテストをしようと考えての事です。

※ いつまで経っても残っている古い豆なので捨てちゃおうかとも思いましたが、どうせならデータ取得目的で焙煎しました。

このコーヒー焙煎機の紹介ページはこちらになります。

コーヒー焙煎機

 

 

300gも焙煎すると冷却器が必要です。

何故なら冷却器が無いと、排出したトレーの上で焙煎が進んで行ってしまうからです。

この冷却器は、2170円で買った代物。

  • ハネウェルのサーキュレーター HT-809 1680円・・・コジマネットで購入
  • 25cm浅型ザル 390円・・・ニトリで購入
  • 洗濯ネット100円・・・セリアで購入

合計 2、170円

なかなか重宝しています。

冷却器の準備

 

 

今回焙煎した珈琲豆

冷却後の珈琲豆

 

 

洗濯ネットから取り出して撮影。

300gになると普段と違って沢山あります。

焙煎したコーヒー豆

 

 

 

焙煎データ

タンザニアとコパカバーナ農園を合わせて300gを焼きました。

 

タンザニア100g  +  コパカバーナ農園200g 計300g 2013年7月2日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 31 2.0 0% 豆は初めから投入
1分 67
2分 93
3分 111
4分 126
5分 136
6分 142
7分 151
8分 158
9分 166
10分 172
11分 180
12分 186
13分 194
14分 200
15分 206
16分 212 2.0→2.5 16分ジャストに火力を2.5に上げた。
17分 225 2.5→1.7 17分ジャストで225度になったため、火力を1.7に下げた。
18分 227 18分30秒 227度で1ハゼが来た。
19分 227 1.7→0.1 50% 1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更、この時点で最低火力に調整
20分 220
21分 214 21分10秒で1ハゼ終了
22分 208 22分20秒で終了

 

この記事へのトラックバックURL