グアテマラ・アンティグア ピーベリー 200gの焙煎、久しぶりのシティーローストです。

by 管理者
7月 24日 2013 年

室温32度、今日も暑かった。

エアコン入れて閉め切った室内で焙煎すると焙煎臭が室内にこもるので、換気扇を回して窓を開けて焙煎していますが、この季節はどうしようもないです。

気温が高い夏の室内で焙煎するには何か工夫した方が良いかもしれないですね。

 

 

偶然だけど、カセットボンベが外れてシティーロースト

前回もコンロからカセットボンベが外れたけど、今回も外れてしました。

しかも温度が上がりきる前だったので、カセットボンベを再度装着して点火したけど再度すぐに外れてしまい、その間に温度は下がり始めるし、今回はあまり役立たない焙煎データです。

なんせ、上に書いたハプニングが原因でドタバタやっている間にいつの間にか1ハゼが始まっているし、火力と時間の調整が出来ていないので終了のタイミングが掴めなくて焙煎終了した珈琲豆を冷却器に出したらピチピチという2ハゼの音がしていたので、結果的にシティーローストになっていました。

よって、今回は全然温度と時間のコントロールが出来ていません。

シティーローストまで焙煎したグアテマラ・アンティグア ピーベリー

 

 

いつもはシティーローストまで深煎りしないけど、偶然とはいえ久しぶりに飲むシティーローストの珈琲も悪くないです。

というか、グアテマラ・アンティグア ピーベリーは中深煎りすると甘みが出てきて、中深煎りに向いていると珈琲豆だと再認識しました。

 

 

思い起こせば、2年前の焙煎機の「開発中~蒸らし焙煎を確立する前」までは、2ハゼ以降のシティーローストやフルシティの中深煎り~深煎りの焙煎をしていましたが、深く煎ると喉を刺激するようなエグミが出てくる傾向があったため止めてしまいました。

しかし、蒸らし焙煎した中深煎りのグアテマラ・アンティグア ピーベリーは、喉を刺激するようなエグミが無くて悪くないです。

今回は偶然温度が低めの推移しましたが、焙煎度合を深くする場合は、温度を高くして短時間焙煎するより、低い温度で長時間焙煎した方が良さそうですね。

次回も深めに焙煎してみます。
 

ところで、カセットボンベが外れたのは、気温が高かったことが原因ですが、焙煎中にコンロを置いた床面(IHコンロ)に触れるとかなり熱かったので、IHコンロからに反射した輻射熱も温度上昇の原因の1つになっていると予想できます。

そのため、コンロの下に濡れ布巾を敷くとかコンロのトレーに水を入れてから焙煎をすると良いかもしれないです。

とはいえ、濡れ布巾による対策は、布巾が乾いてしまうと燃える危険性があるので、お勧めと言うわけではないので、ご了承ください。

水を入れるコンロのトレー

 

 

 

焙煎データ

グアテマラ・アンティグア ピーベリーを200g焼きました。・・・今回はあまり参考にならないかも!?

  • 100gの時は火力1.7でスタートしているので、今回は1.9でスタートしています。
  • 100gの時は開始から12分後に火力2.4にアップしますが、今回は14分後に2.5にしています。
  • 焙煎途中でカセットボンベが外れたため、それ以降が温度と時間の調整が出来ていません。しかし、全体的に温度が低めに推移しており、焙煎度合を深くする場合は、時間がかかっても温度を高くし過ぎないことが重要だと思います。

 

グアテマラ・アンティグア ピーベリー 200g 2013年7月24日焙煎
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 30 1.9 0% 豆は初めから投入
1分 65
2分 87
3分 104
4分 116
5分 128
6分 136
7分 147
8分 155
9分 164
10分 174
11分 183
12分 192
13分 201
14分 210 1.9→2.5 14分ジャストに火力を2.5に上げた。
15分 225 2.5→1.5 15分ジャストで225度になったため、火力を1.5に下げたが、いつの間にかカセットボンベが外れて火が消えていた。
16分 216 再度、カセットボンベを付けて点火するが、すぐに外れてしまう。
17分 221 1.5~1.8? カセットボンベを水道水で冷やして再度コンロにセットして点火した。
18分 220 いつの間にか1ハゼが始まっており、ダンパーを開いてフタを外して火力を下げたが、その時の時間は不明。
今回の焙煎で最高温度は232度。
焙煎した珈琲豆を冷却器に排出したら2ハゼが始まっていた。
19分 223
20分 220
21分 227 0.1 50%
22分 215
23分 211

 

 

この記事へのトラックバックURL