これで終了です。余ったコーヒー豆コロンビア・クレオパトラSP 362gのコーヒーロースト

by 管理者
9月 17日 2013 年

半年以上前に購入したコロンビア・クレオパトラSPですが、今回のローストでようやく終わりました。

180g×2回に分けてローストしても良かったのですが、全部一度にやってしまいました。

 

 

下の2枚の写真は回転ドラム内の様子ですが、ストロボを使って撮影しているため、ロースターの金属部分がストロボの光を反射して露出オーバーになっています。

今回はローストするコーヒー豆の量が多いので、コーヒーローストを開始する前に豆がこぼれて出てこないことを実際に回転ドラムを回して動作確認しています。

これを見る限り問題なさそう。

ちなみに回転ドラム内に取り付けた撹拌用の羽がコーヒー豆を跳ね上げた時の写真です。

ロースト前の回転ドラムの中

 

 

ついでに下の写真はロースト終了間際の回転ドラム内の様子です。

この写真も同様に羽に掻き上げられたコーヒ豆が空中を飛んでいる写真ですが、微妙に分かり難いですね。

ロースト中のドラム内の様子

 

 

今回のロースト中の写真ですが、ここ使用している電動コーヒーロースターの紹介はこちらです。

前回と同様にストロボを使って撮影してみました。

コーヒーロースター

 

 

フタにハトメを付けて補強しています。

温度計のコードや針金がフタに触れてボロボロになり易いので、ハトメを使うと安価で簡単に補強出来ます。

ちょっとした工夫ですが効果あります。

フタのハトメ

 

 

ローストが完了したコロンビア・クレオパトラSPです。

見てのとおり、良く膨らんで綺麗にロースト出来ています。

ロースト完了したコーヒー豆

 

 

普段は100gしかローストしないので、一度に362gもローストするとかなり量が多いです。

意外にこれだけの大量のコーヒー豆でもロースト出来てしまうものですね。

しかし我が家では私1人しかコーヒーを飲まないので、いつ終わることやら。

かなり量が多い

 

 

 

今回のローストデータです。

火力等300gと同じ要領でローストしましたが、特に問題なかったです。

 

コロンビア・クレオパトラSP 362g 2013年9月17日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 30 2.0 0% 豆は初めから投入
1分 54
2分 68
3分 86
4分 100
5分 116
6分 132
7分 138
8分 144
9分 151
10分 158
11分 166
12分 172
13分 177
14分 184
15分 189
16分 195 2.0→2.5 16分ジャストに火力を2.5に上げた。
17分 204
18分 212
19分 222 2.5→2.0 1920秒で225度になったため、火力を2.0に下げた。
20分 229 2.0→0.1 50% 20分 229度で1ハゼが来た。
1ハゼが活発になってからフタを外してダンパーを50%に変更し、最少火力に下げた。
21分 222
22分 214 22分02秒で1ハゼ終了
23分 212 23分32秒で終了

 

 

 

 

この記事へのトラックバックURL