今回のコーヒーローストはトミオ フクダ ブルボンとパプアニューギニア シグリAAの2種類

by 管理者
3月 10日 2014 年

最近ドタバタといろいろなことがあって、コーヒーをローストしたときのデータの公開が出来ていなかったのですが、今日ひと月ぶりに公開します。

 

こちらがトミオ フクダ ブルボン ロースト時間は19分ジャスト。

ブラジル トミオフクダ ブルボン

見ても判るとおり凄く綺麗に焼けています。

 

トミオ フクダ ブルボンをデジカメのクローズアップレンズを外して遠めに撮影したところ。

ブラジル 遠めに撮影

 

 

実はこのコーヒー豆のローストした日は下の写真の時計が示すとおり2日前の3月8日。

やることが山済みで纏める時間が無くてちょっと遅くなってしまいました。

ブラジルをロースト中

 

 

こちらは同日ローストしたパプアニューギニア シグリAA ロースト時間は18分50秒。

パプアニューギニア

 

 

ブラジル トミオ フクダ ブルボン 100g 2014年3月8日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 19 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 46
2分 77
3分 97
4分 110
5分 122
6分 135
7分 146
8分 158
9分 170
10分 180
11分 189
12分 198 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 213 2.4→1.2 13分42秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 228 40% 14分38秒 233度で1ハゼが来た。
15分 235 15分00秒 235度で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
16分 226 16分00秒で1ハゼ終了
17分 220
18分 217
19分 216 19分で終了

 
 
 

パプアニューギアニア シグリAA 100g 2014年3月8日ロースト
経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 21 1.7 0% 豆は初めから投入
1分 54
2分 82
3分 99
4分 115
5分 132
6分 144
7分 157
8分 168
9分 178
10分 187
11分 196
12分 204 1.7→2.4 12分ジャストに火力を2.4に上げた。
13分 221 2.4→1.2 13分15秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
14分 228 40% 14分31秒 231度で1ハゼが来た。
15分 233 15分38秒で1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
16分 225 16分22秒で1ハゼ終了
17分 219
18分 217 18分50秒で終了

 

 

3月に入って少し暖かくなったと思った矢先に寒くなった日のローストだったので、部屋の中も気温も低く、ダンパーをいつもより閉め気味(50%→40%)にしてみました。

これで何か変わったの?って聞かれると、ブラジルしか飲んでいませんが19分もローストしたのにコクや苦味が普段より少なくスッキリし過ぎた?って感じですが、環境のブレの方が大きいと思うので、ダンパーの影響かどうかは何度か繰り返してテストしないと確実なことは言えないです。

自己満足の世界ですが、いろいろな焙煎方法を試して自分だけのオリジナルの味を探すのも楽しいですよ。

 

 

この記事へのトラックバックURL