カセットコンロのヒートパネルを外して東チモールを200g焙煎してみました。

by 管理者
8月 22日 2014 年

今回焼いた東チモールは好印象

今回で2度目になる東チーモールの焙煎ですが、前回は「ちょっと変わった味」がする珈琲だったけど、今回は「良いよこれ」と好印象です。下の写真は焙煎直後にアップで撮った写真ですが、いい感じに焼けています。

東チモール

前回と今回を比較して変わったところは、コンロのヒートプレートを外したこと。
カセットガスの気化を促進するヒートプレートを外すと火力が弱くなるので、それを補うために焙煎開始直後から火力調整つまみを開いて火力を強めにしています。
結果、200gの珈琲豆を焼いているのに焙煎時間が100g並みに短くなっており、味が変わったのはこの影響だろうと考えています。

ここで注意する点は、珈琲を焦がすほど火力を強くしないこと。
具体的にはフードを付けた私の焙煎機で235度以上の高温にならないように火力調整を行い、1ハゼ発生後215~220度に落としています。

火力を強くして珈琲を焦がすと珈琲を飲んだときにエグミや喉がひりつくような刺激を感じることがありますが、何度もテストした結果、私の焙煎機では前述の温度を守ることで回避できます。
フルマニュアルの珈琲焙煎機ですが、上記のように肝心なところを抑えることで、大きな失敗はなくなります。・・・はずです。 (;^_^A アセアセ
その上で火力やダンパー操作を工夫すると、自分の好みの珈琲が焼けると思います。

今回は200gの珈琲を焼いているので、こんなに焙煎時間が短くて良いのか?なんて思っていましたが、意外にも・・・良い感じでした。

今回の焙煎データ

この東チモールの焙煎は8月19日に行っています。
普段使用しているパソコンが8月にリリースされたWindows updateでパソコンに不具合が発生したため、完全復旧するのに時間が掛かってしまいました。そのため3日遅れでブログへの掲載になりました。

焙煎開始直後の様子
 

こちらが1分ごとの温度を計測したデータですが温度の上昇速度が意外に速く、ヒートパネルありで200gの珈琲を焼くときは焙煎開始から14分後に火力を強くしていましたが、今回のヒートパネルなしは焙煎開始から11分後には回転ドラム内の温度が200度を超えていたため11分で火力を強くしました。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 33 2.2 0% 豆は初めから投入
1分 70
2分 88
3分 106
4分 123
5分 137
6分 151
7分 162
8分 173
9分 182
10分 192
11分 203 2.2→3.0 11分ジャストに火力を3.0に上げた。
12分 215 3.0→1.7 12分45秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
13分 226 40%
14分 229 40% 14分ジャスト 229度で1ハゼが来た。
1ハゼが激しくなったため最少火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
15分 227
16分 218 16分16秒で1ハゼ終了
17分 217
18分 218
19分 217 19分40秒で終了

 
 

こちらが焼き上がったばかりの東チモールですが、艶がありシワが伸びて良い色に焼けています。
私は焙煎終了のタイミングは珈琲豆の色の付き方で判断しています。
以前も書きましたが、2ハゼ発生のタイミングを焙煎終了の基準にするより、珈琲豆の色で判断した方が安定して良い結果が出せます。

焼き上がった東チモール

この記事へのトラックバックURL