コーヒー焙煎機でバームクーヘンは作れるのか?

by 管理者
4月 12日 2015 年

コーヒー焙煎機でバームクーヘンを作ってみた。

皆さんご存知のバームクーヘン、木の年輪のようになっているあのお菓子です。

バームクーヘン

どのように作るのか、ご存知ですか。
Youtubeにバームクーヘンの作成動画が掲載されているので調べればすぐに分かりますが、回転させた棒にバームクーヘンの生地を付けてオーブンの中で焼いて、さらに生地を付けて焼く。
それを何度も繰り返しすとバームクーヘンが出来上がります。

バームクーヘンの作成方法

当然、特殊な機械が必要なので普通の家庭が専門店と同じ作り方でバームクーヘンを作るのはちょっと無理。せいぜい卵焼き用のフライパンで生地を焼いて丸めるくらいしか方法が有りません。
しかし、珈琲焙煎機なら専門店と同じやり方でバームクーヘンが作れるのではないか?

結論から言ってしまいますが、「無理!!!」

専門店と同じ方法で作ったら、干からびて固くなったホットケーキが出来ます。・・・いや、出来てしまいました。

コーヒー焙煎機でバームクーヘン

理由は、炎の位置が遠くて火力が弱すぎるから。
この写真を見ても分かるとおり、回転ドラムの中心の位置にバームクーヘンの生地があるため火力が全然足りない。
もっと炎に生地を近づけないと。
それともう一つ、回転速度が速すぎて回転している間に生地が滴のように特定箇所に集まって山のように盛り上がってしまう。
回転速度が速い分には生地が落ちないので良いだろうと思っていましたが、そんなに単純じゃないようです。

そして出来上がったバームクーヘン(バームクーヘンと呼んで良いのか?)に包丁を入れると表面が乾いて硬いので亀裂が入り、さらに木の芯から外すときに芯に引っ付いてボロボロ。
いろいろと問題があって珈琲焙煎機を「そのまま」使った初めてのバームクーヘンの作成は大失敗に終わりました。

この記事へのトラックバックURL