コーヒー焙煎機でバームクーヘンを作る。3度目の挑戦

by 管理者
4月 17日 2015 年

次回は、バターを増量してアーモンドプードルを入れてバームクーヘンを作ると宣言しましたが、近くのスーパーにアーモンドプードルを買いにいったら、結構なお値段でした。
そこでレシピを見直してバターは使うけど、ホットケーキミックスやアーモンドプードルを使わないでバームクーヘンを作る方向に方針変更。
そこで参考にしたレシピはコレ。
http://mamachanryouri.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-64b7.html
パンケーキのレシピなんだけど、食感がフワフワして軽いことが特徴です。・・・結構美味しくて時々このレシピでパンケーキを作ります。
そこでこのレシピに砂糖を増やしたりバターやラム酒を入れれば、食感が軽いバウムクーヘンが出来るのではないか?なんて考えて作って見ました。

そして完成品はコレ。
年輪がはっきりしなのは、焦げ目が黒くはっきり付く前に新しい生地を付けたから。
というのは昨日クラブハリエのバームクーヘン(バームクーヘンminiという小さいやつ)を貰って食べたところ、年輪がはっきりしていなかったので、これと同様の焼き色になるように焼いてみました。
バームクーヘン

そして焼きあがったバームクーヘンを食べたところ、ラム酒の匂いがして高級感のあるお味、かなり美味い。
しかし唯一気に入らないのは重たい食感。
クラブハリエのバームクーヘンのように軽い食感のバームクーヘンを作るつもりでパンケーキのレシピを引っ張り出して来ましたが、予想に反して重くてもちもちしている。
ネットで調べると小麦粉のグルテンがもちもち感を出しているらしく、グルテンの少ないコーンスターチを入れると軽い食感になるとのことなので、次回はコーンスターチを入れて作ってみようと思います。

ところで、このバームクーヘンを作るために生地を付けた回数が16回。
オーブンに入れて焼きあがるまで待ってるだけの他の焼き菓子と違って、何度も生地を付けて焼くため、バームクーヘンは手間が掛かります。
この1本を焼き上げるだけ50分近く掛かり、かなり疲れました。

この記事へのトラックバックURL