ちょっと硬めだけどまあまあの出来!自家製バームクーヘン。

by 管理者
5月 09日 2015 年

どうせ焼くなら、納得できるものを目指せ!

比較のため、ユーハイムのバームクーヘンを買ってきて試食すると、自分が作ったバームクーヘンは食感や味や匂いが全然ダメ。
材料は良いもの使っているはずなんだけど、ホットケーキのように粘りがあってバームクーヘンとは違う。固めのホットケーキみたい。

そこで、焼き方や温度、材料を研究して何度かテストしたところ、まあまあの出来になってきました。
それがコレ。

焼き上がり

このくらいの年輪だと生地を付けた回数が18回、約40分かけて焼いています。

自家製バームクーヘン

現段階でユーハイムのバームクーヘンと比較するのは無理があるけど、逢えて比較するとバターの香りが足りない。
これはテストでバターを沢山使ったらもったいないので、少な目にしています。だから当然の結果。
そして甘みが足りないけど、砂糖の量を増やせば良いだけなので大した問題じゃない。

問題は食感。

少しパサついて硬い。そしてしっとりしていない。
コーンスターチの量が多かったか、若しくは焼く温度が高過ぎたか、卵の量が多くて生地が緩かったか、これらに原因があるかも。
以前のようなネチャネチャと粘る感覚がなかったので、これは大きな前進。

ユーハイムのバームクーヘンに目標変更

ユーハイムのバームクーヘンを食べたら、フワフワ生地のクラブハリエのバームクーヘンより好みだとあらためて気づきました。
そこで目標をユーハイムのバームクーヘンに変更です。

何度か自分でバームクーヘンを焼いてテストを重ねるごとに、自分が焼いたバームクーヘンの方がスーパーで安売りしているバームクーヘンより美味いと思えるようになって来ました。
まあ、材料が違うから当然の結果だよね。

この記事へのトラックバックURL