タンザニア KIBO AAとエチオピア シダモ G-1 ハビーシャの焙煎

by 管理者
12月 07日 2015 年

前回は更新をサボってしまったので、珈琲焙煎の報告は久しぶり。
今回はタンザニア KIBO 200gとエチオピア シダモ G-1 ハビーシャ 100gの焙煎報告です。

今年も残すところひと月切ってしまったし、時間が経つのが速過ぎます。
すっかり涼しく???、寒くなって私のコンロはヒートプレートを取り付け済み。

今回の焙煎の結果を簡単に説明するとタンザニア KIBOは少しローストし過ぎ?、エチオピア シダモ G-1 ハビーシャはこんなもんだろうという及第点の印象。

タンザニア KIBOの焙煎

まだ、冬というほど寒くなく、普通に室温は25度あります。
そんな中、ヒートプレートを取り付けて焙煎したので、10分後には回転ドラム内の温度は約200度近くに達していました。
温度の上昇具合は狙い通り。
今回は強めにローストするつもりだったので、1ハゼ・2ハゼと順調に進み、2ハゼが盛大になってもそのまま放置して開始から約23分で終了です。

タンザニア KIBO AA

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 25 2.2 0% タンザニア KIBO AA 200gを投入
1分 60
2分 86
3分 104
4分 123
5分 138
6分 153
7分 166
8分 176
9分 186
10分 197 2.2→3.0
11分 210 11分ジャストに火力を3.0に上げた。
12分 222 3.0→1.7 12分56秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
13分 228 40% 12分12秒で225度になったため、火力を1.7に下げた。
14分 230 14分27秒で1ハゼが来た。1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
15分 229
16分 225 1ハゼ終了まで225度狙いで温度調整実施。
17分 225
18分 225
19分 224 19分56秒で2ハゼが来た。

 
 

エチオピア シダモ G-1 ハビーシャの焙煎

こちらは浅めにローストする予定だったので、1ハゼが終了して珈琲豆の色付き具合いを見て終了です。
結果、2ハゼまで引っ張っていません。

エチオピア シダモ G-1 ハビーシャ

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 30 2.0 0% エチオピア シダモ G-1 ハビーシャ 200gを投入
1分 58
2分 81
3分 101
4分 116
5分 130
6分 142
7分 153
8分 161
9分 172
10分 185
11分 207 2.0→2.7 11分ジャストに火力を2.7に上げた。
12分 217 2.7→1.5 12分30秒で225度になったため、火力を1.5に下げた。12分51秒で1ハゼが来た。
13分 229 40% 1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
14分 231 1ハゼ終了まで225度狙いで温度調整実施。
14分54秒で1ハゼ終了。
15分 225
16分 222 16分18秒で終了

 
 

この記事へのトラックバックURL