耐熱230度のベアリングが届いたのでテスト実施

by 管理者
12月 28日 2015 年

耐熱230度のベアリングでテスト開始

注文していた耐熱230度のベアリングがようやく届いたので実際に珈琲を焼いてテストしました。

耐熱230度のベアリング

100gのコーヒー豆を2ハゼが始まってパチパチという音が活発になってきたところまで、おおよそ開始から終了まで20分間焙煎しました。
結論から言うと、ベアリングからグリス漏れは無く、焙煎機の動作に問題ありませんでした。

やっぱりというか当然というか、今までのテストからベアリングの最高温度が判明しているので、耐熱230度のベアリングなら大丈夫と分かっていましたが、テストで実証されてホッとしました。

今回判明したことですが、耐熱ベアリングのグリスは今までの耐熱性の無いベアリングのグリスに比較して粘度が高いため、届いたばかりのベアリングを指で回した瞬間感じたことは「あれっ重い!」。
そのため珈琲を焼き始めて焙煎機の温度が低いときはグリスの粘度が高くてベアリングが滑っていましたが、温度が上がってグリスが柔らかくなるとベアリングが回転ドラムと同調して回るようになりました。
焼き始めた直後にベアリングが滑っても温度が低温時の短時間であるため、焙煎機の機能や動作に問題ないと考えています。

回転ドラムの温度が210度に上昇したときに撮影したこの写真ですが、ベアリングからグリスが漏れていないのが分かります。
それに対して耐熱性では無いベアリングは、この時点で支柱に薄くグリスが滲んでいました。

RIMG2047
 

焙煎終了時のベアリングの状態

ベアリングを支柱ごと焙煎機から取り外しました。

終了時

六角ナットを外してベアリングを支柱から外しました。
ベアリングから全くグリスの漏れは有りません。

グリス漏れなし

ベアリングをアップで撮影しましたが綺麗なものです。

全く問題なし

この記事へのトラックバックURL