ベアリング仕様のコーヒーロースターの販売について

by 管理者
2月 02日 2016 年

ベアリング付きのコーヒーロースターの販売

ベアリング仕様のコーヒーロースターを発売します。
発売日は2月末~3月上旬を予定しています。
※ 変更になる場合もご座います。

コーヒーロースターの価格

発売するコーヒーロースターの種類は3種類となり、現仕様のベアリングなしのロースター、耐熱性の無いベアリングを使ったロースター、耐熱ベアリングを使ったロースターとなります。

    ・現仕様のベアリングなしのロースターの価格は今までと同じ42,000円(税抜き)
    ・耐熱性の無いベアリングを使ったロースターの価格は47,000円(税抜き)
    ・耐熱ベアリングを使ったロースターの価格は54,000円(税抜き)

 
現仕様のロースターの支柱をベアリングが付いた支柱と取り替えることでベアリング付きにすることが出来ます。

    ・耐熱性の無いベアリングを使った支柱の価格は5,300円(税抜き)、ベアリング付き。
    ・耐熱ベアリングを使った支柱の価格は13,500円(税抜き)、耐熱ベアリング付き。

ベアリング付きにした時のメリットとデメリット

メリット
 ベアリング無しのロースターはロースト中に温度が上昇すると耳障りな摩擦音が発生するため、回転ドラムが擦れる部分にサラダ油を付けて摩擦音を防止しますが、コーヒーロースターに付着したサラダ油でコーヒーロースターが汚れるため、コーヒーローストが終了してから清掃する手間が発生していました。
 ベアリングを付けたコーヒーロースターはロースト中に温度が上昇しても耳障りな摩擦音が発生しません。
 よってサラダ油を付ける必要な無く、ロースト後の清掃も簡単になります。
デメリット
 耐熱性の有・無に関らずベアリングは消耗品です。
 ロースターが冷めているときはベアリング無しより少しの音(ゴーという音)がします。

消耗品であるベアリング入手方法
 ホームページでベアリングを販売しますが、耐熱性の無い安いベアリングはホームセンターやネット通販でも入手可能です。
 内径10mm、外径26mm、幅8mmのゴムや樹脂を使っていない下のようなベアリングを購入してください。

ベアリング
http://ihc.monotaro.com/item/C00327783/
 
 

こちらは安価ですが150度までの耐熱性があります。
上で紹介した全く耐熱性が無いベアリングより耐久性があると思いますが、私がテストで使用した耐熱性のあるベアリングの耐熱温度は230度なので、それに比較すると劣ります。

ベアリング2
http://ihc.monotaro.com/item/C39234185/
 
 

ベアリングの耐久性に関するご注意

耐熱性の無い安物ベアリングは、ベアリング本来の熱限界を無視してコーヒーローストで使用するため、著しく耐久性が低下します。
しかし、1個300円程度で入手可能なので、ダメになったら取り替えてください。
私が耐熱性の無い安物ベアリングをテストしたときはベアリングからグリスが漏れましたが、多く漏れるベアリングやそうじゃないもの、同一種類のベアリングでもグリスの漏れに個体差が有りました。
数回ローストするとグリスの漏れは止まりますが、それまでは漏れたグリスをティッシュで拭き取る等の清掃が発生します。
私は2種類の安物ベアリングで20分間のコーヒーローストをそれぞれ10回・4回テストしましたが、グリス漏れ以外に問題は発生していませんでした。
まだ使える状態でしたが、耐久テストをここで中断しております。

230度の耐熱ベアリングについて、ロースターの使い方によっては耐熱温度である230度を超えることが考えられ、耐熱ベアリングが壊れる可能性があります。

耐熱性の無い安物ベアリング・230度の耐熱ベアリングともにコーヒーローストで使用出来る回数を保障するものでは有りませんので、ご理解ください。

この記事へのトラックバックURL