平常運転!?タンザニア・スイート・ナチュラルをハイローストで焙煎です。

by 管理者
3月 05日 2016 年

すっかり春ですね。
今日は凄く暖かかったです。
コーヒーをローストしている合間に撮った写真ですが、日差しが全然まぶしくなりました。

RIMG2327

ここ暫くテストのために開始から終了まで20分間ローストすることだけを意識していたため、コーヒーは毎回2ハゼが最盛期を迎えるフルシティになっていました。
しかし毎回同じようなコーヒーばかり量産していても面白くない。
バリーエーションに跳んだコーヒーをローストできることが自家ローストの楽しみですからね。
ようやくベアリングのテストが終わったので、今回は自分の好みに合うようにハイローストでローストしました。

今回ローストしたコーヒー豆はタンザニア スイート ナチュラルです。

RIMG2325

このコーヒー豆は最近買ったばかりの豆ですが、ロースターのテストで使うことを意識していたので、少しばかりコスト重視です。
それが原因なのか形や大きさが不揃いで、あまり品質が良くない?

RIMG2323

さてロースト開始です。
ロースターはベアリング付きだから、サラダ油を塗布する必要は有りません。
テストのために何度もローストしていますが、これはなかなか良いですね。
サラダ油の塗布ぐらい大した手間じゃないと思っていましたが、これに慣れてしまうと結構便利です。

RIMG2326

 

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 1.8 0% タンザニア スイート ナチュラル 100gを投入
1分 74
2分 100
3分 123
4分 140
5分 154
6分 167
7分 176
8分 185
9分 196 1.8→2.5
10分 214 2.5→1.2 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 225 12分14秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
12分 230 40% 12分28秒 233度で1ハゼが来た。暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 233 1ハゼ終了まで225度~227狙いで温度調整実施。
14分 229
15分 230
16分 224 16分20秒で終了

 

まだ、冷蔵庫の中には耐久テストでローストしたフルシティ(になってしまた)のコーヒー豆が沢山あり、毎日そのコーヒーを消費していますが、今日久しぶりに浅めのハイローストの状態でローストしたコーヒーを飲んだら凄く新鮮な感じがしました。
これはあまりローストし過ぎない方がコーヒー豆の個性が強く現れてくるからだと思います。
ようやく平常運転に戻って落ち着いた気分です。

この記事へのトラックバックURL