バームクーヘン焼き機の作成とエクアドル グレートマウンテンのロースト

by 管理者
3月 30日 2016 年

エクアドルグレートマウンテンのロースト

最近、浅めにローストすることが多いですが、エクアドル グレートマウンテンの浅めのローストは好みではありません。
前回浅めにローストして失敗したので、今回はフルシティーまでローストしました。
ロースト時間は20分30秒、2ハゼが始まってから2分30秒で終了です。
そして、これが焼きあがった焙煎豆です。

RIMG2397

こちらはアップでもう一枚!
見てのとおり、シワが伸びてキレイに焼けており、満足な出来です。

RIMG2399

最近ホームページを掲載しているサーバをスペックに余裕があるサーバに変更しました。そのため今までは画像を掲載する時にどの画像にするのか迷っていましたが、この2枚の写真のようにそんなことを気にせずにどんどんと画像を掲載出来ます。

 

以下の表は本日ローストしたエクアドル グレートマウンテンのローストデータです。

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 1.8 0% エクアドル グレートマウンテン 100gを投入
1分 63
2分 88
3分 109
4分 148
5分 148
6分 161
7分 170
8分 180
9分 193
10分 202 1.8→2.5 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 217 2.5→1.2 11分32秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
12分 229 40% 12分37秒 233度で1ハゼが来た。暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 233 1ハゼ終了まで227狙いで温度調整実施。
14分 229 14分8秒で1ハゼ終了。
1ハゼが終了してから223度狙いで温度調整実施。
15分 226
16分 223
17分 229
18分 226 18分00秒に2ハゼが来た。
19分 223
20分 223 20分30秒で終了

 
 

バームクーヘン焼き機の開発

こちらは前回の続きです。
前回テストしたときの課題の1つがバームクーヘンを焼き重ねて重くなると、バームクーヘンがシャフトから滑ってしまうことだったので、滑り止め機能のあるフランジナットを買ってきました。

RIMG2391
 

このナットで木のローラーを締め付けてシャフトと木のローラーを固定します。
しかし、結論から言うとバームクーヘンを焼いているときにフランジナットが緩んでしまいました。
締め付け時に指で締めただけなので、簡単に緩んでしまったようです。
次回は工具を使って、もっと固く締めて付けてみます。

RIMG2394
 

この画像は焼き始めたばかりのバームクーヘンですが、実際にお店で販売されているバームクーヘンの方が前回焼いたバームクーヘンより年輪がはっきりと見えているので、今回は濃く焼き色を付けています。

RIMG2411
 

両サイドの盛り上がりが気になるところですが、これで出来上がりです。

RIMG2419
 

荒熱を取ってから早速切り分けました。

RIMG2420
 

年輪がはっきりしており、よく目にするバームクーヘンです。
お味の方は・・・まだ食べていません。
前回と同じくケーキ用マーガリンを使っているため、風味は推して知るべしですが、明日の朝食のお楽しみです。

RIMG2421
 

この記事へのトラックバックURL