玄関のカギの交換、LEDフットライトの交換、網戸の戸車の破損とトラブル続き。今回はDIYネタです。

by 管理者
7月 02日 2016 年

なんだか急に暑くなりましたね。今日から7月なので暑いのは当たり前ですが、今年の気候はやっぱりおかしい。
ホットコーヒー好きの私には、涼しい方がうれしいのですが、地球規模で気象がおかしくなっているのは心配ですね。
ところで欠品しているコーヒー焙煎機ですが、中核部品である回転ドラムが本日届きました。
しかし板金部品やモーターはまだ届いていません。
おそらくモーターが一番時間が掛かりそうです。
今の内にやれるところはやっておこうと思っていますが、コーヒー焙煎機とは関係ないところでとトラブルが頻発しており、今回のブログのテーマは身の回りで発生しているトラブルのDIYネタです。

家を新築して10年経ちますが、ここ一ヶ月の間にポロポロと太陽熱温水機のタンクから水漏れ、玄関のカギが引っかかって回らない、LEDフットライトのランプ切れ、網戸の戸車の破損と立て続けに壊れました。
たった一ヶ月ですよ。
何かに取り憑かれているのではないか?と思うくらいです。

玄関のカギの交換 ※PRシリンダからカバエースへ

我が家の玄関のカギは美和ロックのPRシリンダですが、上下のシリンダともカギが引っかかって回らないトラブルが発生しており、ここ10年の間に上側のシリンダは2回目の交換になるので5年に1回の頻度で壊れていることになります。
2個のシリンダともに内筒からシリンダ本体を取り出して汚れを綺麗に落としてもカギの引っかかりが治らないので、カギが引っかかる原因は汚れではなく何度もカギを抜き差しする間にシリンダ内部に11個あるタンブラーのどれか1個が磨耗してロッキングバーを収納するミゾが僅かにズレたため、ロッキングバーと干渉してトラブルが出ていると推測されます。

RIMG1234

最近のシリンダはカギの理論鍵違い数を競っており、このPRシリンダも1000億通りあると美和ロックは宣伝していますが、そのために金属部品にシビアな加工精度が要求され、タンブラーがコンマ?ミリ磨耗しただけでカギが引っかかって回らなくなってしまったのではないか?と推測されます?
それが事実ならカギの理論鍵違い数を1000億通りから10億通りに極端に減らしたところでセキュリティ上全然問題ないので、理論鍵違い数を減らす代わりに部品同士のクリアランスを大きくすれば、もっと寿命の長いシリンダーになったのではないだろうか?と思いました。
しかし、長く使用されるとメーカーもカギ屋も儲からないので、ある程度使用すると壊れるように出来ているのでしょうね。
意外だと思うかもしれませんが、PRシリンダはカギを抜き差しするときにタンブラが磨耗します。カギを回す時ではありません。
メーカーはカギの理論鍵違い数とか耐ピッキング性能とか耐かぎ穴壊し性能だけじゃなく、カギを抜き差し出来る回数も公表するべきでは?
さすがに5年ごとの交換では寿命が短すぎるので、別メーカーのシリンダに交換してみました。

RIMG1302

日本では美和ロックのシリンダがデファクトであるため、このシリンダのリプレースメントシリンダが様々なメーカーから発売されています。
今回取り付けたシリンダはディンプルキーの元祖KABA社製シリンダのKaba ace
おそらくヨーロッパで販売されているKABA Gemimi Plusを日本向けに小変更したタイプと思われます。
同一キーで開施錠できるシリンダ2個にカギが6本ついて約8,000円とかなりリーズナブルな価格。
しかしメーカー特注品であるため、注文してからシリンダーが納品されるまでに3週間も掛かったのには参りました。
そのまま取り替えるだけで使えるリプレースメントシリンダだけあって、2個のシリンダーの取り付けにかかった時間はたったの30分。
今度のシリンダの耐久性は?ですが、内部のコアシリンダだけの取替えが出来るタイプのシリンダなので次回は交換費用をさらに安く抑えることができます。
兎に角カギが引っかかる・回らない等のトラブルがあれば鍵穴専用スプレーを使って症状が改善されるか確認し、ダメであれば症状が軽い内に自分で交換すると安く済みます。

RIMG1311

LEDフットライトの交換

LEDの寿命は40,000時間といわれていますが、寿命が尽きて完全に消えたり薄ぼんやりと点灯したりするものが出てきたので交換しました。
これが交換前のフットライト National LBJ70096。

RIMG1312

これが交換後のフットライト Panasonic LBJ70076 。

RIMG1318

後継機種にモデルチェンジしたことで色合いがオレンジから白色系のオレンジに変わっていますが、一目ではっきり分かる程明るさが違います。
こちらは寿命が来て取り外したLEDフットライト達。

RIMG1319

そして役目を終えたLBJ70096を分解してLEDの基盤を取り出してみました。
LEDフットライトの価格はせいぜい2,000円なので高いものじゃないんだけど、このLED基盤だけ売ってくれれば本体がゴミにならないんだけどな。

RIMG1326

網戸の戸車の交換

こちらは交換前ですが、樹脂が劣化したボロボロの戸車です。

RIMG1324

ことの起こりは昨日の「キュー」という音を聞いたとき。
さすがに何事かと思いました。
家中の南面の網戸の戸車が特に酷いですが、北面の網戸の戸車も細かいひび割れが見えたので、家中の網戸を数えて注文しましたが注文した数は17セット(計34個)、約8,000円也。
これは時間を作って少しづつ交換していきますが、格子の付いた網戸はどうやって交換するんだろ。
考えてなかった。

※ 今日は7月18日ですが、新しく記事を書くほどでもないので、ここに追加です。 ※
届いた網戸の戸車はリニューアルされて色が黒に変わっており、それに対して外した戸車は下の白色。
全ての戸車がペンチで掴んだだけで簡単に潰れるほど脆くなっており、この10年間の間に紫外線に晒されて耐久性がなくなってしまったようです。
白い今までの戸車にはあったスプリングが無くなっていたのでコストダウンされた痕がありますが、代わりに紫外線に対する耐久性が向上していることを期待。

RIMG1345

この箱の中に全部で17枚の網戸、計34個交換した古い戸車の残骸です。
大変だったけど、丸二日掛かりました。

RIMG1348

この記事へのトラックバックURL