5年経過したフードの耐久性とマンデリンとブラジルハニーとコロンビアハニーの焙煎

by 管理者
3月 17日 2017 年

フードの耐久性

現在使用中のレンジパネルで作製したフードですが、2012年の1月に作成してからアレよアレよと5年目に突入しました。
作製した時は「数年もってくれればいいや。」なんて考えで作製しましたが、ブツけたり蹴ったり落としたりしなければ、結構長い間使えるものです。
さすがに天井部分でスライドする蓋はよれてコシがなくなっていますが、機能的には問題なし。
しかし、コシが無くてフニャフニャすると使い勝手が悪いので、近い内にこの部分だけ作り直そうと思います。

余った珈琲豆の焙煎

いつも生豆を500gづつ買っているので、200gづつ焙煎すると最後は100gだけ余ります。
今回は余った100gの珈琲豆を焙煎しましたが、さずがに1度に3回焙煎するのは面倒くさかった。
そして100gの焙煎は、200gに対して時間のブレが大きいですね。
味はそれほど変わらりませんが、焙煎している最中にアレっと思うことがあります。
焙煎結果の写真を見れば、上手に焙煎出来ていることがわかります。


 

ブラジルハニーの焙煎

これは焙煎したブラジルハニーの写真です。
今回は3種類の珈琲豆で2ハゼが激しくなったところで終了しています。

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 22 1.8 0% ブラジルハニー 100gを投入
1分 55
2分 78
3分 100
4分 119
5分 135
6分 149
7分 163
8分 174
9分 186
10分 198 1.8→2.5 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 213 2.5→1.2 40% 11分44秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
12分 228 12分7秒 231度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 232 13分20秒で1ハゼ終了。
14分 232 1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
15分 229 15分18秒で2ハゼが来た。
16分 224 16分で終了

 

コロンビアハニーの焙煎

これは焙煎したコロンビアハニーの写真です。

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 28 1.8 0% コロンビアハニー 100gを投入
1分 65
2分 88
3分 108
4分 126
5分 142
6分 156
7分 168
8分 178
9分 191
10分 202 1.8→2.5 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 217 2.5→1.2 40% 11分31秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
11分49秒 230度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
12分 231
13分 233
14分 228 1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
14分で1ハゼ終了。
14分40秒で2ハゼが来た。
15分 228 15分50秒で終了

 

マンデリン トバコ G-1の焙煎

これは焙煎したマンデリン トバコ G-1の写真です。

 

経過時間 温度(度) 火力 ダンパー
Ver2
メモ
0分 33 1.8 0% マンデリン トバコ G1 100gを投入
1分 64
2分 94
3分 116
4分 131
5分 146
6分 159
7分 171
8分 182
9分 194
10分 204 1.8→2.5 10分ジャストに火力を2.5に上げた。
11分 219 2.5→1.2 40% 11分20秒で225度になったため、火力を1.2に下げた。
12分 230 12分3秒 230度で1ハゼが来た。
暫くして1ハゼが激しくなったため火力に下げ、フタを外してダンパーを40%に変更した。
13分 234 13分21秒で1ハゼ終了。
14分 229 1ハゼ終了まで228度狙いで温度調整実施。
15分 227 15分48秒で2ハゼが来た。
16分 226 16分48秒で終了

 

この記事へのトラックバックURL