開発コンセプトは「ニコン FM2」のような味のあるコーヒーロースター

by 管理者
5月 28日 2011 年

どんどん高機能になるな~。

初めは手回しでローストなんて言っていたのですが、あれよあれよという間にモーターが付いて、今度はダンパーを付けてみました。

ダンパー付きロースターのイメージ図

早い話、今までのコーヒーロースターにカバーを被せただけなんですが、ロースターをカバーで覆うと炎が見えなくなるので、火災が怖い。

気が付いたら回転ドラムの穴から落ちたチャフが中で燃えてたなんて洒落にもならない。

ってことで、フレームに長方形の穴を開けてバーナーや炎の様子を見えるようにしました。こうすることでロースターの中で異常があればすぐに分かるようになります。

もしかしたら、煙突効果でさらに火力アップも。

ダンパーは大1枚・小2枚の扉で構成して蝶番で扉を開けれるように、さらに扉の開け方(組み合わせ)で0%、25%、50%、100%の換気ができるように配慮しましたが、このやり方はデザイン的に好きじゃない。かといってレールを付けて扉の開閉をスライドドア方式にすると構造が複雑になってコストが掛かるだけじゃなく、扉の収納スペース(戸袋みたいなもの)が邪魔になってダンパーが全開できなくなる。さらに怖いのは、扉を開閉するときにレールやその他を引っ掛けてコーヒーロースターがコンロから脱落することも考えられるので、構造やコスト・安全性を考えると蝶番によるダンパーの開閉方法が一番良いのかも知れないですね。

面倒くさがりな私は、上部のCAD図面に蝶番をスケッチしておりません。

さらに、ここまで来たら温度計も付けてしまおうか?ってことですが、天板に穴を開けて料理用の温度計を刺すだけなので、やる方向で検討中です。

しかし、温度計には期待しないでください。おそらくまともな温度を拾わないと思います。というのは回転ドラムの中に温度計を付けられないので、外に取り付けることになりますが、筐体がコンパクトである為、燃焼ガスの温度を計測する、つまりかなり高温の温度を拾うのではないかと予測しています。

目指すは、「ニコン FM2」のような味のあるコーヒーロースター、って言っても知らない人の方が多いかも。

この記事へのトラックバックURL