電源関連の部品が届いたので珈琲ロースターのスイッチ周りを組み立てました。

by 管理者
7月 23日 2011 年

秋月電子通商からACアダプタとスイッチが届きました。
また、名古屋の大須でDCジャックとプラスチックのケースを買ってきたので、電源周りを組み立てました。

スイッチの部品

 

下の写真の黒赤のコードがモーターに接続する配線です。

そしてスイッチの上のコードがACアダプタのコードです。

スイッチユニット

そしてACアダプタを壁コンセントに差し込んでテスターで導通を測ってみると、あれ!

針が振れない。

壊れている?

原因は、ボタンを押している間だけONになるスイッチを使っていました。

当然、ボタンを押すと針が振れます。

これじゃ使えないので、明日大須に出直します。

DCジャックとスイッチだけ買いなおすので、せいぜい150円くらいの出費?

ところで、プラスチックケースの穴あけにボール盤を使いますが、径の大きなドリルは値段が高いんです。

手持ちのドリルで一番大きな径は10mm、それに対してDCジャックやスイッチは12mm。

じゃ、どうするのか?

10mmのドリルで穴をあけてからハサミを穴に突っ込んでぐりぐり回すとキレイに穴が拡大して行きます。

リーマーを買えばっていう話も有りますが、ハサミは100円なのでこの方が全然安いんです。

頭とハサミは使いようですね。

この記事へのトラックバックURL