理想のコーヒーローストにかかる時間とは?

by 管理者
10月 14日 2011 年

今まではコーヒーロースターの問題点解決のために条件を揃えることが必要だったため、火力を最大にしてテストしていましたが、火力の問題が解決したので、美味しくローストできるようにポイントを変えてテストしていきます。

よって火力はこのコンロで中~弱、コーヒーロースターの足の位置は最下段(3段階調整の一番下)です。

※ 動画からスナップショットを撮ったので、横長のサイズになってしまいました。

ロースト中の写真1

 

火力調整つまみはこの位置

ロースト中の写真2

 

火力はこのくらい

ロースト中の写真3

 

時間や室温の記録のため、ロースト開始前に撮影

ロースト中の写真4

 

室温25.1度でコロンビアスプレモ100gをロースト、ガスのつまみ位置は中~弱

※ ブラジルサントスは前回のローストで終了したので、今日からコロンビアスプレモです。

1ハゼ開始:12分、1ハゼ終了:14分

2ハゼ開始:18分

終了:2ハゼ開始から20秒後

 

結果はこのとおりです。

ロースト中の写真5

何度もローストしている間に少しずつ上手になってきたか!?

ミディアムロースと~ハイローストくらい。

コンロに着火してから、おおよそ19分でコーヒーローストを完了しました。

 

ところで理想のロースト時間って何分でしょうか?

コーヒーロースターを作った本人が分からないのに触ったことの無い他人が分かるわけないと怒られそうですが、コーヒーのロースト時間についてネットで調べると、どのサイトもまちまちで倍半分以上に違います。

そして、おおよそのロースト時間の傾向は、業務用のロースターは長く、手網や手でハンドルを回すタイプは短いようです。

そして、商売で小さめのロースターを使っている方を見るとおぼろげながら何となく法則性が見えてきたような気が・・・。

ざっくりとしたものですが、1ハゼから終了までおおよそ5・6分かかっているみたいです。

私みたいなドシロートが言うのもなんですが、1ハゼから終了まで、言い換えると1ハゼから2ハゼまである程度の時間が必要なんだろうと思います。

もちろんコーヒーローストを生業にしている方はガス圧やダンパーの開閉タイミング・開閉時間、釜の中の温度の調節等さまざまな調整をしているので、これだけでコーヒーローストを語れるものでないことは承知していますが、大雑把に1ハゼからのロースト時間にこのような傾向が見て取れます。

参考にしたサイト様: http://taketora.bitter.jp/baisen.htm

 

そう考えると、今回は1ハゼから終了まで6分かかったので上手くローストできたと言っていいのかもしれません。

実際に試飲してみて美味しかったので、多分良かったのだろうと思います、いや思いたい。

※ 今回のコーヒーローストでデジカメ リコーCX4を使って動画を撮ったのですが、ファイルの容量が88Mもあって大きすぎました。デジカメは年々性能が良くなる反面、データ量が大きくなるのでいろいろと不都合が出てきます。もう少しファイルサイズをコンパクトにしてから掲載したいと思います。

 

*** 記事追加 2011/11/20  ***

現在、フードを付けて火力を落として(フードがあるため、結果的に火力が落ちて温度コントロールできる)コーヒーローストしていますが、フードなしでローストしたコーヒーと比較すると全く美味しさが違っています。

※ 簡単に説明するとフードなしの場合は火力が大きくなるため、焦げて苦くなりやすい。

温度コントロールを行って初めてロースト時間を語ることができると思うので、フードが無かった当時において理想のロースト時間を語るのは時期尚早だと思いました。

ロースト

この記事へのトラックバックURL