前回の失敗を教訓にして火力に注意したところ、今度は上手く焼けました。

by 管理者
10月 19日 2011 年

前回の焙煎が失敗だったので今回は火力に注意して珈琲を焼きました。気温は前回失敗したときより1度低い26.2度です。

焙煎中の写真

珈琲豆はコロンビアスプレモ100gを焙煎、ガスのつまみ位置は中~弱

1ハゼ開始:10分、1ハゼ終了:11分40秒

2ハゼ開始:13分

終了:2ハゼ開始とほぼ同時に終了

前回火力が強すぎて失敗したときに、1ハゼから終了までの時間が3分程度だったのですが、今回もほぼ同じ3分です。

しかし、上手く焼けました。

この時間が3分だと短すぎると前回書きましたが、そうじゃないみたいです。

前回の失敗より2分長く時間がかかっていること、2ハゼから始まってすぐに焙煎を完了したことが上手くいった原因だろうと思います。

焼き上がった珈琲豆

 

焙煎中の様子をデジカメの動画機能を使って撮影しました。

焙煎中の映像、1ハゼの様子(5MB)  動画を削除しました。

 

*** 記事追加 2011/10/22  ***

デジカメの最大解像度で撮ったので撮影時間の割りにサイズがでかくなってしまいました。次回はもっと解像度を下げて撮影します。

解像度を下げてMp4形式に再エンコードしました。ファイルの大きさが44Mb→5MBになりました。

この記事へのトラックバックURL