普通のコンロ使用で2ハゼ前に終了した場合の検証とコーヒー豆の比較写真

by 管理者
12月 05日 2011 年

普通のコンロでロースト、2ハゼ前に終了した場合の検証

 

前回お話したとおり、普通のコンロを使用して2ハゼ前にローストを止めました。
おそらくハイローストあたりだと思います。

試飲した結果、かすかに喉がひりつく感じがしますが、全然OKなレベルだと思います。

久しぶりに炒り方を浅くしたのでほんの少し酸味が出てきましたが、こればかりは仕方ないですね。

ところで、市販されているコーヒー豆と比較しようと思い、久しぶりにコーヒー豆を買ってみました。

近くのコーヒー専門店でブラジル・ミックス(380円/100g)と名古屋市内のコーヒー専門店でブラジル・エルドラド(504円/100g お店にはサントスって書いてあったのですが、パッケージのシールはエルドラド・・・何故?)です。

いつもテストでローストしているコーヒー豆は値段が安く、酸味・コク・苦味のバランスが取れている(と思っている)ブラジル・サントスですが、購入したコーヒー豆と味がまったく違っていました。

コーヒー豆が一緒ではないので、比較すること自体ナンセンスかもしれません。

それでも、近くで購入したコーヒー豆は酸味が強くて敬遠する人は多いだろう、名古屋市内で購入したコーヒー豆は、酸味・苦味・コクともバランスが取れていましたが、もっと深炒りした方が酸味が少なくなってコクが増すので万人受けするだろうと思いました。

当然、コーヒー専門店のプロのロースト士は、このくらいの味の調整くらい簡単にできるはずなのに敢えてそれをやらないのは、沢山の種類のコーヒー豆を販売をするお店では、コーヒー豆の種類の違いを味で明確にする必要があり、すべてのコーヒー豆を同じような傾向の味にロースト出来ないからでしょう。

こういうことは、自分でコーヒーをローストしてみないと分りませんね。

やればやるほど奥が深い世界だと思います。

 

ローストされたコーヒー豆の拡大写真

13日前にローストした2ハゼ20秒後にローストを終了したコーヒー豆の状態

油でベトベトです。

深くローストすると長期保存に向かなさそう。

コーヒー豆の写真1

 

 

 

13日前にローストした2ハゼ直後でローストを終了したコーヒー豆の状態

うっすらと油が出ているのが分る程度

上の写真と比較すると油の量がかなり違うことが分ります。

コーヒー豆の写真2

 

 

 

洗ってから湿ったままローストしたコーヒー豆の状態

炒りムラが酷いです。

洗ってすぐに湿ったままローストするからだと思います。

コーヒー豆を洗うと汚い水が出るので洗っていますが、炒りムラを考えたら洗わない方が良さそうです。

これから、ウォッシュドタイプのコーヒー豆を購入すれば良いなか!?

※ フード付き、イワタニの「炉ばた大将 炙家」使用

コーヒー豆の写真3

 

 

 

洗わずにローストコーヒー豆の状態

上の湿ったままローストしたコーヒー豆の写真と比較してみてください。

洗わずにローストしたコーヒー豆は全然炒りムラが少ないです。

これは昨日ローストしましたが、結構キレイにローストできています。

※ フード付き、イワタニの「炉ばた大将 炙家」使用

コーヒー豆の写真4

 

 

 

名古屋のコーヒー豆専門店で購入したコーヒー豆の状態

キレイですね。さすがです。

そもそも豆が大粒で揃っているので使っている豆が良さそう。

コーヒー豆の写真5

 

 

 

近くのコーヒー豆専門店で購入したコーヒー豆の状態

自分でローストしたのと違わないレベル

ローストうんぬん言う前に使っているコーヒー豆が良くない可能性もあり。

一応擁護しておきますが、名古屋のお店とは値段が違うので仕方ないかも。

コーヒー豆の写真6

 

※ もっと一杯書きたいことがあったのですが、指先にできたイボの治療で液体窒素を使っていつもよりしっかり焼いてくれたので、痛くてキーボードが打てません。

今日はコレぐらいでお終いです。

 

***************************

追加: 22時32分・・・指が痛くなったので先ほどの追加です。

 

書きたかったのはこれです。

今度はコロンビア・スプレモを洗わないでローストしました。

1ハゼの温度はコロンビア・スプレモの方がブラジルサントスより10度程度低いです。

コーヒー豆の色を見てローストを終了した。

※ 2ハゼ前に終了しています。

コーヒー専門店で購入したコーヒー豆は色と酸味から判断して2ハゼまで火を通していないと思われます。

今までローストの条件を揃えるために2ハゼに拘っていましたが、2ハゼに拘るのはナンセンスかも知れないですね。

コロンビア・スプレモはほんのすこし酸味があって美味しかったです。

 

コンロ 炉ばた大将、フード使用 コンロ 炉ばた大将、フード使用
日時 2011/12/4 日時 2011/12/5
気温 22.5度 気温 23.5度
豆の種類 ブラジルサントス 豆の種類 コロンビアスプレモ
100g 100g
足の高さ 上段 足の高さ 上段
1ハゼ 16分34秒 1ハゼ 21分9秒
1ハゼ終了 1ハゼ終了 23分26秒
2ハゼ 2ハゼ前に終了したので確認できず 2ハゼ 2ハゼ前に終了したので確認できず
完了 18分35秒 完了 24分40秒
特記事項 コーヒー豆を洗わないでローストした。 特記事項 コーヒー豆を洗わないでローストした。
時間(分) 温度(度) メモ 時間(分) 温度(度) メモ
0 23.4 0 22
1 67.1 1 60
2 105 2 86
3 117 3 97
4 126 4 115
5 145 5 124
6 158 6 136
7 175 7 151
8 190 8分45秒で200度になったため、コーヒー豆を投入 8 164
9 190 9 177
10 204 10 193
11 206 11 198 11分15秒で200度になったため、コーヒー豆を投入
12 212 12 192
13 218 13 188
14 220 14 193
15 227 15 199
16 235 16分34秒で238度、1ハゼ開始 16 203
17 240 17 209
18 241 18:35で終了 18 213
19 19 216
20 20 221
21 21 225 21分9秒で226度、1ハゼ開始
22 22 227
23 23 230
24 24 24分40秒で終了
25 25
26 26
27 27
28 28
29 29
30 30

ロースト

この記事へのトラックバックURL