ダンパー機能付きのフード4号機の作成

by 管理者
1月 13日 2012 年

フード4号機(ダンパー機能付き)を作り直しました。

作り直した理由はいくつかありますが、①ダンパー機能付きフードの作成手順を写真に撮りたかった、②ダンパーとして開けた穴がペラペラで強度がないので補強したかった、③排気穴が大きすぎるので適正な大きさに変更したかったってところです。

 

これがフード4号機(ダンパー機能付き)です。

フード4号機(ダンパー機能付き)

 

参考までに今までに作成したフード達、左から、フード1号、フード2号、フード3号(ダンパー機能付き)

歴代のフード

 

今までの排気口はこんな感じでペラペラのボロボロ

何度も使っているし、材質が天ぷらガードのアルミ箔なので耐久性が無いので仕方ないです。

排気口はボロボロ

 

今度の排気口は針金で補強して、開口部の面積も小さくしているので強度が全然上がっています。

裏から見た排気口

裏から見た排気口

 

表からみた排気口

表からみた排気口

 

これで4作目ですが、良いものに改良していくと作業が複雑になって工作レベルが上がってきます。

1号機を作ったときはおそらく30分もかからなかったと思いますが、ダンパー機能を実装するようになって工作レベルが上がり、この4号機にいたっては実質4時間くらいかかっています。

写真を撮りながら作業したので、実際はもっと短いと思いますが・・・。

以前、小学生レベルの工作だと説明しましたが、小学生レベルって言っていいのかな?

この記事へのトラックバックURL