タンザニアを200gアイス珈琲用に焙煎しました。

by 管理者
6月 30日 2012 年

ようやく夏らしくなってきた感じですね。

2~3日前だったら、ホット珈琲の方が良いかな?なんて思っていましたが、さすがに今日みたいに暑いとアイス珈琲の方が良いです。

 

そこで、いつものようにタンザニアを200gほどアイス珈琲用にフルシティーでローストしました。

珈琲焙煎機

気温が高いと、ボンベのガス圧が高くなって火力が強くなるため、普段より注意してガス圧を調整しています。

※ ガス圧調整つまみが敏感なので微妙にを調整しています。

 

アイス珈琲用に深炒りにすると焙煎時間が長くなるので、温度が上がり過ぎないように注意しています。

そのため、2ハゼが起きるときは回転ドラム内の温度を218度~200度くらいに調整しています。

・・以前は225度くらいでしたが、このくらいに調整した方が良さそうです。

焙煎した珈琲豆

これがフルシティに焙煎した珈琲です。以前より、良い感じでに仕上がりました。

日々、これ修行ですね。

この記事へのトラックバックURL