ブラジルサンマリノドライの蒸らし焙煎

by 管理者
8月 30日 2012 年

今回のテーマも前回と同じく蒸らしの概念を入れたコーヒーローストです。

そのため、回転ドラムの開口部にフタをして水蒸気を逃げ難くしています。

前回ローストしたときにピーク温度を240度(実質245度になってしまった)にしたときの出来が一番良かったので、そのやり方をベースにしてブラジルサンマリノドライをローストしました。

 

 

結果は、「割りと良いかも」。

 

 

今回はピークの温度が240度を超えないようにローストしたつもりですが、240度くらいの温度で1ハゼが始まるので、1ハゼが激しくなるのを待ってから火力を弱めてダンパーを開くと、いつの間にか245度くらいになっているんですね。

 

前回もピーク240度狙いで実質245度くらいになってしまったので、時間と温度上昇の具合が前回と同じ感じです。

 

もっともピークの温度が240度を超えないようにするのが良いかどうか、やってみないと分らないので、これは次回のお楽しみです。

ブラジルサンマリノドライをコーヒーロースターでローストしているところです。

コーヒーローストの様子

 

今回のローストデータです。

経過時間(分) 温度(度) 火力 ダンパー開度 メモ
0 31 1.7 0% 豆は初めから投入
1 64
2 83
3 104
4 121
5 137
6 147
7 160
8 170
9 180
10 190 2.3 5% ここから焼きの工程
11 211
12 230 0.5 240度をキープするため、12分30秒で火力を0.5に下げた。
13 240 0.1 50% 13分55秒で1ハゼが来た。回転ドラムのフタを外した。
14 245 60% さらにダンパーを開いた。
15 235 15分で50秒で1ハゼ終了
16 218 16分23秒で2ハゼ開始と同時に終了

 

※ 240度に抑えるつもりでしたが、今度も245度まで上がってしまった。

 

 

ロースト後のコーヒー豆の写真です。割りと良い感じですね。

ローストが終了したコーヒー豆

 

こちらはアップの写真です。

ローストが終了したコーヒー豆 アップの写真

この記事へのトラックバックURL