珈琲焙煎機のこびりついた汚れの落とし方

by 管理者
9月 06日 2012 年

珈琲焙煎機を掃除しました。

回転ドラムの中はバケツの中に洗剤を入れて、このようにコップ洗いで洗えば良いですが、こびりついたしつこい汚れはスポンジと洗剤では落とせません。

回転ドラムの洗浄

 

 

特にこびりつきが酷くて簡単に汚れが落ちないのは回転ドラムと支柱が擦れる部分です。

珈琲焙煎中に回転ドラムが擦れる「キー」音が発生すると擦れる部分にサラダ油を付けていますが、回転ドラムのこの部分は高温になるのでサラダ油が炭化してこびりついてしまいます。

そしてこうなるとスポンジで擦っても簡単に落とすことが出来ません。

回転ドラムの開口部の汚れ

 

回転ドラムのシャフトの汚れ

 

 

そこで、使用するのが耐水ペーパーです。今回は800番を使いましたが800番~1000番を使えば良いだろうと思います。

耐水ペーパー

 

 

耐水ペーパーで汚れをゴシゴシと擦って落とします。

耐水ペーパーで汚れ落とし

 

 

ちょうど左側半分の汚れを落としたところです。

汚れ落ちの比較

 

 

完全に汚れを落とすと、このようにキレイになります。

汚れを落した回転ドラム

 

 

シャフトもこんなにキレイになりました。

汚れを落したシャフト

 

 

2本の支柱も同じように耐水ペーパーで擦って汚れを落としました。

汚れを落した支柱

 

 

今回汚れを落としたのはこの3つの部品になります。

フレームはそれほど汚くなかったので水洗いのみ行いました。

汚れを落した部品

 

 

キレイにすると気持ちいいですね。

掃除完了

 

 

耐水ペーパーは汚れの酷い部分のみ使用してください。

というのは、耐水ペーパーの極細目の800番~1000番を使っても光の当たり具合でペーパーが付けた細かい傷が目立って見えることがあるからです。

私は「使ってなんぼ」の物だと思っているので、これだけキレイになればで十分ですが、耐水ペーパーの傷も消したいというのであれば、金属磨き剤の「ピカール」で磨くとかなりキレイになります。

ホームセンターで400円くらいで売っています。

金属磨き剤のピカール

この記事へのトラックバックURL