コーヒーロースターの攪拌羽の枚数を増やすとどうなる?

by 管理者
9月 30日 2012 年

コーヒーロースターの羽を要望された方から回転ドラムに取り付ける羽の枚数について、貴重なご意見をいただきました。

羽の枚数を増やしてテストして下さるとのことでしたが、私も非常に興味があるので、どのようにコーヒー豆が攪拌されるのか、動画を撮影してみました。

ここで使用した小型でパーソナルユースなコーヒーロースターは、こちらで紹介しています。

以下の動画は羽の枚数を無し~3枚まで変えて、200gのコーヒー豆を入れて回転ドラムを回しています。

 

羽無し

当初、雪崩落ちたてきたコーヒー豆が回転ドラムの下に潜り込んでいく感じで良いと思っていたのですが、これでは攪拌能力が不足していたみたいです。

 

 

1枚羽

コーヒー豆が羽に勢いよく跳ね上げられ、攪拌されているのが分ります。

 

 

2枚羽

1枚目の羽の反対側に2枚目の羽を取り付けました。攪拌能力は1枚羽の2倍です。

 

 

3枚羽

おおよそ120度の間隔で3枚取り付けました。

3枚羽の動画を見ると、これ以上に羽の追加は不要でしょうね。絶えずコーヒー豆がロースターの中で踊っているのが分ります。

 

 

3枚の羽を取り付けた回転ドラムです。

パンチングメタルの穴を利用して取り付けるので、何枚でも羽の取り付けが可能です。

3枚羽を取り付けた回転ドラム

 

 

羽無しと1枚羽ではローストしたコーヒーの出来にかなり差がありました

これで十分かも知れませんが、羽の枚数を2枚・3枚に増やしたときの出来がどうなるのか、実際にコーヒーをローストして確かめていきたいと思います。

この記事へのトラックバックURL